NRI OSSソリューションマガジン(メールマガジン)

                       2007.10.31発行    Vol.4
───────────────────────────────────
◆◇ NRI OSSソリューションマガジン
───────────────────────────────────
株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター(OSSC)の
私市(きさいち)です。セミナーやイベントにご参加いただくのにちょうど良い
爽やかな季節となりました。NRI OSSCでもこの秋いろいろなイベントをご用意
しておりますので、是非会場に足をお運びください。イベント会場で「メルマ
ガを読みました」と言っていただくと何かいいことがあるかもしれません?!

※本メールは、NRI OSSCが主催・共催するセミナーに参加いただいお客様や、
 NRI OSSCメンバーと名刺交換をさせていただいたお客様、過去にNRI-OSSCに
 お問い合わせいただいたお客様、OSSユーザコミュニティサイトの会員様に
 配信しています。注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html

■目次
1.事例紹介「Tomcatの性能が突然遅くなった!」
2.コラム 「起業とECとオープンソース」第1回(新連載スタート!)
3.コラム 「行き過ぎた全体最適が、エンジニアの成長を阻む?」
4.オープンソースの"今"がわかる、NRIセミナーレポート(9月版)プレゼント
5.11/29(木) Dell Enterprise Showcase 2007 最新イベント情報!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.事例紹介 「Tomcatの性能が突然遅くなった!」SIer A社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
(概要)
今回の事例紹介は、SIerであるA社です。A社は、ある流通業の会社のシステ
ムを運用していたのですが、突然Tomcatの性能が劣化したとのことで、「オー
プンソース救急センター」に連絡がありました。ネットワークやデータベース
などを含めて調査した結果、原因は・・・

詳細は、以下のWebサイトでご覧ください。
http://openstandia.jp/solution/


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.コラム 「起業とECとオープンソース」第1回(新連載スタート!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
            株式会社ダイレクトマーケティングエージェンシー
                       代表取締役社長 芦塚裕一

~出会いは「300万円でECサイト」
私とオープンソースの出会いは、ECサイトの構築案件に「必要に迫られて」
osCommerceを使ってみた時でした。ちょうど昨年の初春の頃です。
私はその頃会社を辞めて起業したばかりで、とにかく「なんでも実績になる
案件であれば受注する」という方針のもと、無我夢中で営業をしていました。
そんな時にあるクライアント様から「予算300万円でECサイトを立ち上げられ
るか?」という「相談?」をもちかけられたのです。

~起業直後は実績ゼロの苦しみ
皆さんは起業された場合に「一番困ること」はなんだと思いますか?
私の場合、それは「実績」でした。起業したばかりの会社は当然実績「ゼロ」
なわけで、実績ゼロの会社に仕事を依頼する会社は非常に少ないのです。
特に、システム構築のような仕事はなおさらです。
そんな状況の中で必死に営業する私に同情したのでしょうか、「予算300万な
ら」という条件で、あるクライアント様が仕事を依頼してきたのです。とにか
く実績作りに血眼になって営業していた私は赤字覚悟でその案件を受けること
にしました。

~受注したのはいいけれど・・・
実は、その時の私は、「どうせ自社でECパッケージを開発するつもりだから、
赤字でもいいや」という思惑がありました。しかし、まだ自社のECパッケージ
はコンセプトを考えていた段階なので、開発完了は「1年後目処」という状況
でした。さすがに、300万円という低予算で受注したので納期は「お任せ」とい
う条件でしたが、いくらなんでも「1年後に納品できるかもしれません」では、
クライアントから断られてしまいます。しかたなく、貴重な資本金を投下して
開発スピードをUPするしかないか・・・。と思っていた矢先に、「芦塚さん、
osCommerce使ってみましょうよ」と一緒に起業したSEのI君に提案されたのです。

~osCommerceってなんだ?
その時、私はオープンソースに関する知識も経験もゼロであり、当然のことなが
らosCommerceも知りません。私はI君に「osCommerceってなんだ?」と質問しま
した。その時はI君もosCommerceをよく知っていた訳でもなく、「オープンソー
スのECサイトアプリケーションで結構導入事例もあるみたいです」といった程度
の知識でした。そこでI君といろいろ調べてみると、「そこそこ機能もあるし、
とにかく安くできそう」という結論になりました。
そうなれば、あとはベンチャー企業らしくリスク覚悟でチャレンジです。実は
このチャレンジが、私の会社のその後を大きく左右するチャレンジになろうとは
全く想像つきませんでした。この続きはまた次号でお話しさせて頂きます。

※次号の「起業とECとオープンソース」第2回もお楽しみに。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.コラム 「行き過ぎた全体最適が、エンジニアの成長を阻む?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
         NRI オープンソースソリューションセンター長 寺田雄一

今回は、エンジニアのモチベーションについて、お話する。
先日、同僚との何気ない会話から、このようなことを考えた。

組織の全体最適が進むと、効率を追求した結果として分業化が進むことになる。
システム開発の場合、業務コンサルタント、業務アプリケーションの設計、
コーディング、テスト・品質、サーバーインフラ、ネットワークなどの専門部
隊にわかれ、それらスペシャリストの混成チームでプロジェクトが進んでいく。

このようなプロジェクトの仕事は生産性、品質、共に高い。まさに素晴らしい
全体最適の効果なのだが、デメリットもあるようだ。高度に分業化された専門
部隊には素晴らしいノウハウが蓄積されている。よって自分がやるべき事が明
確であるが故に、あまり工夫の余地がない。また、全体の一部分しか担当して
いないために、全体像がイメージできず、お客様にどのような形で貢献できる
のか、喜んでいただけるのかがイメージできない。このようなことが原因で、
エンジニアのモチベーションは低下する。

逆に、社員が少ない会社や組織で、一人で何もかもやらなければならない環境
では、一見非効率かもしれないが(確かに非効率なところはあるだろうが)、
モチベーションは高いようである。全体を自分で押さえているので、自分で判
断し、自分の責任で行動することができる。また、自分がやった仕事に対する
反応が、お客様からダイレクトに返ってくる。そういったことが、モチベーシ
ョンを高めている要因だ。

どちらがよい、ということはないのだが。
要は「バランス」ということか。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.オープンソースの"今"がわかる、NRIセミナーレポート(9月版)プレゼント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
情報システム担当者、必見!オープンソースの”今”がわかる、NRIセミナー
レポート(9月版)プレゼントを実施中です。
もれなく”OpenStandiaオリジナルグッズ”(今月は『モバイルケース』)付き!

詳細は、下記ホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/present.html


┌──────────────────────────────────
│       【 ~ セミナー開催のお知らせ ~ 】
│11/16(金)開催決定!EC2.0時代で勝ち残るための"次なる一手"をナビゲート
│  ~ 「集める」「売れる」「儲かる」EC2.0時代の到来!
│   次世代ネット通販システム『OMMERCE』セミナー開催 ~
└──────────────────────────────────
エフツーエムと野村総合研究所が、オープンソースを活用した次世代通販シス
テム『OMMERCE』」の特別無料セミナーを開催いたします。

【EC2.0時代に勝ち残る通販機能】と【オープンソースの活用】というポイント
を中心に、事業戦略の立案から、広告展開、サイト構築、在庫管理に至るまで
ネット通販ビジネスを成功させるポイントを解説します。

毎回ご好評をいただいている今セミナー。今回の11/16(金)東京開催で4回目と
なりました。最新ネット通販市場動向、急激に変化する消費者行動など、ECに
関するお役立ち情報が盛りだくさんです。
セミナー詳細、お申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/ommerce.html


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.11/29(木) Dell Enterprise Showcase 2007 最新イベント情報!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 ~デルのすべてがここに~ Dell Enterprise Showcase 2007開催

ビジネス環境の変化において直面する経営課題を乗り越えるために、ITを積極
的に活用した新たなビジネスモデルを検討する重要性がますます高まる今日、
【シンプルなIT環境】を実現するための新たなチャレンジ、戦略、製品、サー
ビスについてご紹介します。
また、デルとパートナー企業のコラボレーション、デルの製品、サービス活用
方法のほか、経営課題の解決に成功された企業様の事例もご紹介いたします。
【経営に活かすIT】を体感頂く絶好の機会です。

NRIからは下記テーマで講演いたします。
~NRI+デルで実現する運用管理とOSSソリューション~ (13:20~14:05)
 NRIが開発し、デルから発売開始した「Senju for Dell PowerEdge」による
 簡単にできるシステム管理法をデモを交えてご紹介いたします。
 また、デル、インテル、NRI、OSSTechの4社共同で設立したOSS検証センター
 について、その目的と内容をご紹介いたします。
 講演者:株式会社野村総合研究所
    システムマネジメント事業本部 特別専門職 寺井 忠仁 
    オープンソースソリューションセンターマネージャー 寺田 雄一

日時:2007年11月29日(木)(受付開始 9:30~)
場所:ANAインターコンチネンタルホテル東京B1F
定員:600名
費用:無料(完全事前登録制) 
主な出展企業:株式会社野村総合研究所、インテル株式会社、マイクロソフト
       株式会社、日本オラクル株式会社、EMCジャパン株式会社、
       ノベル株式会社、株式会社シマンテックなど

イベント詳細、お申し込みは、下記ホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20071025c.html

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。
先日の10/27、OSC2007 Niigataで新潟まで行ってまいりました。今年は紅葉が
遅いと言われていますが、新幹線ホームから見た新潟駅の街路樹は色鮮やかに
紅葉していました。関東の本格的な紅葉はこれから。楽しみです。
次回もどうぞよろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html

商品・サービスに関するお問い合わせ:ossc@nri.co.jp
OSSソリューションマガジンに関するお問い合わせ:magazine-ossc-ext@nri.co.jp
発信元:株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
http://openstandia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO