NRI OSSソリューションマガジン(メールマガジン)

                       2010.05.20発行    Vol.35
───────────────────────────────────
◆◇ NRI OSSソリューションマガジン
───────────────────────────────────
こんにちは。株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
(OSSC)の私市(きさいち)です。先日の「クラウド コンピューティングEXPO」
では、最新ニュースリリースのソリューション「OpenStandia on クラウド」
を発表いたしました。注目度急上昇中のクラウド関連ソリューションというこ
とで、弊社ブースは資料が予想以上に早くなくなるほど大盛況でした!

※本メールは、NRI OSSCが主催・共催するセミナーに参加いただいたお客様や
 NRI OSSCメンバーと名刺交換をさせていただいたお客様、過去にNRI-OSSCに
 お問い合わせいただいたお客様、OSSユーザコミュニティサイトの会員様に
 配信しています。注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html


■目次
1.What's New
◆ニュースリリース(2010.5.12)
 クラウドや仮想環境向けにシステムテンプレート
 「OpenStandia on クラウド」の提供を開始

2.コラム ~クラウドとOSSとBIの関係~

3.今月注目の「バグ&セキュリティ情報」

4.最新イベント情報!
 (1)6/10 オープンソースで実現するSSOとID管理
 (2)7/9,10 オープンソースカンファレンス 2010 Kansai@Kyoto


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.What's New
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
───────────────────────────────────
◆ニュースリリース(2010.5.12)
 クラウドや仮想環境向けにシステムテンプレート
 「OpenStandia on クラウド」の提供を開始
───────────────────────────────────

NRI-OSSCでは、OSから業務アプリケーションまでと、関連する業務シナリオを
パッケージにしたシステムテンプレート 「OpenStandia on クラウド」を提供
します。クラウドコンピューティングや仮想化環境の構築、利用を検討してい
る企業に最適な高い拡張性や柔軟性を兼ね備えたサービスです。


本サービスの主な特長は、

・OS、ミドルウェア、アプリケーション、業務シナリオのセットが、既に仮想
 サーバ上に設定されているため、自社独自のシステムの設計や構築が不要

・業務アプリケーションが多種用意され、企業が自社ニーズにあったものを
 選択、活用することが可能

・オープンソースの活用によってライセンス費を削減し、システム構築費用の
 削減や期間の短縮も可能

・月額課金制の利用料で、システム導入の敷居が低く、企業側での投資が容易

・利用企業各社の状況や必要性に合わせて、お客様ごとのカスタマイズが可能

となっています。


▽ニュースリリースの詳細はこちらをご覧ください。
 http://openstandia.jp/press/?mm=35_1

▽サービスの詳細はこちらをご覧ください。
 http://openstandia.jp/services/on_cloud.html?mm=35_2


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.コラム ~クラウドとOSSとBIの関係~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
                 株式会社アイエイエフコンサルティング
                              平井 明夫

皆さんこんにちは、アイエイエフコンサルティングの平井です。

先日ビッグサイトで開催されたクラウドコンピューティングEXPOでは、NRI様
が「OpenStandia on クラウド(※1)」を展示され、さらにそのテンプレー
トの一つとして、アイエイエフコンサルティングが技術協力させていただいた
「OpenStandia BI for Salesforce CRM(※2)」も紹介されていました。

※1 http://openstandia.jp/services/on_cloud.html?mm=35_3
※2 http://openstandia.jp/solution/biforsf/index.html?mm=35_4

これらの内容を見ていくと、興味深いことに、一見関係が薄いように見える
クラウドとOSSとBI(ビジネスインテリジェンス)という3つのキーワードが
深くつながっていることがわかります。このコラムでは、これら3つのキー
ワードのつながりをITの歴史に沿ってお話ししたいと思います。

これら3つのキーワードをITの歴史での登場順に並べると、BI ⇒ OSS ⇒クラ
ウドの準備になります。

まず最初のキーワードであるBIは、1989年に登場しました。当時はやり始めて
いたエンドユーザ・コンピューティングというITトレンドに沿って、エンド
ユーザが自分でデータベース検索やレポート作成を行えるBIツールとして普及
していきました。

次のOSSですが、1998年に「The Open Source Definition」がOSIという団体に
よって発表されたのが本格的な始まりだと言われています。OSSは、OSのLinux
から始まり、Tomcatといったアプリケーション・サーバ、MySQLといったRDBへ
と拡がっていきました。

この当時既に普及していたBIツールもOSSの影響を受け、JasperReportsに代表
されるOSSプロジェクトが始まりました。これらのOSS BIツールは、無償または
低価格であるとともに、以前からある商用製品に匹敵する機能を持つようにな
り、BIツール選択における有力な候補となって現在にいたっています。

最後のクラウドが登場したのは、つい最近ですが、はやくもクラウドのインフ
ラとしてOSSが好まれる傾向が見えてきています。その理由は、クラウドが、
アーキテクチャ的に超サーバ集中型であることと、ビジネス・モデル的にサー
ビス型であることによります。

つまり、このようなアーキテクチャとビジネス・モデルの組み合わせにおいて
は、公開されたソースによる集中的な保守と、無償ライセンスに基づく自由な
サービス価格設定を行えることが、一般の商用ソフトウエアと比較して、はる
かにメリットが大きくなるということです。

ここまでで、 BIとOSS、OSSとクラウドという2つずつの組合せでの関連は、
おわかりいただけたと思いますが、BIとOSSとクラウドという組合せも当然の
流れとして出てきます。「OpenStandia(on クラウド)BI for Salesforce CRM」
はまさにこのような3つのキーワードの組合せでなりたっています。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.今月注目の「バグ&セキュリティ情報」
 ~MySQLのCOM_FIELD_LISTコマンド処理に任意のコードを実行される脆弱性~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


※「バグ&セキュリティ情報」はメールマガジンでは概要のみ掲載します。
 詳細およびサポートサービスのご相談は、以下からお問い合わせください。
https://openstandia.jp/site/contact.html?mm=35_5


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.最新イベント情報!
 (1)6/10 オープンソースで実現するSSOとID管理
 (2)7/9,10 オープンソースカンファレンス 2010 Kansai@Kyoto
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
┌──────────────────────────────────
│ 2010/6/10 オープンソースで実現するSSOとID管理
│       ~AD連携、Salesforce/Google連携事例紹介セミナー~ 開催
└──────────────────────────────────

ますます必要性が高まっているシングルサインオン(SSO)やID管理(IDM)
本セミナーでは、従来高額な費用が必要だったシングルサインオンやID管理の
導入について、オープンソースを活用することで低コストでの導入を可能にし
た事例を紹介します。
また、ActiveDirectoryとの連携や、近年ニーズが高まっているSalesforceCRM
GoogleAppsとの連携事例についても解説します。
従業員数が多い企業や、コスト削減をしたい企業の担当者は必見です。
是非、ご参加ください。


日時:2010年6月10日(木) 15:00~16:00(受付開始 14:30~)
会場:野村総合研究所 丸の内総合センター 9F 会議室11
対象:SSOやID管理をご検討の方
費用:無料
定員:20名 (事前登録制)

講演内容:
・オープンソースで実現するSSOとID管理 
 ~AD連携、Salesforce/Google連携事例紹介~

イベントの詳細やお申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20100610.html?mm=35_6


┌──────────────────────────────────
│ オープンソースの「今」を伝えるオープンソースカンファレンス2010
│ 2010/7/9,10 Kansai@Kyotoに出展予定!
└──────────────────────────────────

今年も京都に、OSSの暑い夏がやってきます!例年多くの来場者で賑わうオープ
ンソースカンファレンス Kansai@Kyotoが、今年も7月9日、10日の2日間に渡り
開催されます。OpenStandiaチームも、最新最旬のオープンソースネタをひっさ
げて参加する予定です!! セミナーやブース情報等は後日OpenStandiaホーム
ページにてご案内いたします。是非ご参加ください。

日時:2010年7月9日(金)、10日(土) 10:00~17:00
会場:京都コンピュータ学院 京都駅前校(JR京都駅八条口より徒歩7分)
費用:無料

※イベントの詳細、お申し込みは後日ホームページにてご案内いたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。
いよいよ来月6月から、4月と5月分の子ども手当が支払われます。 現金が支給
されることはもちろんありがたいことですが、個人的には、子供を育てる人の
ための環境や設備、制度などの充実をまず優先してほしいと思っています。
私の住んでいる川崎市は、2009年の待機児童数が全国でワースト2と発表されま
した。この発表どおり、認可保育園への入園審査が非常に厳しく、抽選に外れ
てしまったという話を数多くの知人から話を聞いています。
安心して育児ができる環境作りを、国の支援でさらに進めてほしいものです。
次回もどうぞよろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html

商品・サービスに関するお問い合わせ:ossc@nri.co.jp
OSSソリューションマガジンに関するお問い合わせ:magazine-ossc-ext@nri.co.jp
発信元:株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
http://openstandia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO