NRI OSSソリューションマガジン(メールマガジン)

                        2011.6.22発行  Vol.46
───────────────────────────────────
◆◇ NRI OSSソリューションマガジン
───────────────────────────────────
こんにちは。株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
(OSSC)の私市(きさいち)です。
前号でお知らせした「クラウドEXPO講演資料」で、数多くの方から資料請求や
お問い合わせをいただきました。誠にありがとうございます。
関東では梅雨空が続いています。これから梅雨入りする東北地方の被災地で、
大雨による重大な被害が出ないことを心から願ってやみません。

※本メールは、NRI OSSCが主催・共催するセミナーに参加いただいたお客様や
 NRI OSSCメンバーと名刺交換をさせていただいたお客様、過去にNRI-OSSCに
 お問い合わせいただいたお客様、OSSユーザコミュニティサイトの会員様に
 配信しています。注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html


■目次
1.What's New
◆クラウドEXPO講演の資料請求、ありがとうございました

2.コラム OSSで実装する運用管理-OTRS

3.今月注目の「バグ&セキュリティ情報」

4.最新イベント情報!
 (1)6/24  クラウド時代を生き抜くためのSSO&ID管理セミナー
       ~ AD連携、Salesforce/Google連携事例紹介 ~
 (2)6/30  OSS BI(Jaspersoft)のご紹介とJasperReportの導入
       &実践解説セミナー
 (3)7/15,16 オープンソースカンファレンス2011 Kansai @Kyoto
 (4)7/25  クラウドするならIIJ&NRI ソリューションセミナー


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.What's New
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
───────────────────────────────────
◆クラウドEXPO講演の資料請求、ありがとうございました
───────────────────────────────────
前号でお知らせした『第2回クラウド・コンピューティングEXPO』での講演資
料について、数多くの方から資料請求やお問い合わせをいただきました。誠に
ありがとうございます。

今月は、最新のSSO&IDMの資料を差し上げますので、ご希望の方は
下記フォームから「SSO&IDM資料希望」とお知らせください。
https://openstandia.jp/site/contact.html?mm=46_1

資料請求がご面倒という方はこちらをご覧ください。

▽シングルサインオンとID管理をご紹介するWEBサイト。
 内部統制対策やユーザー利便性向上、コスト削減を検討されているなら、
 ご相談ください。OpenSSO / OpenAM / LISM / OSS / オープンソース
http://openstandia.jp/solution/id_management/index.html?mm=46_2


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.コラム OSSで実装する運用管理-OTRS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
                              TIS株式会社
                 技術本部 先端技術センター 櫻井 耕造

はじめまして。TIS株式会社 先端技術センターにてOSS検証や新規事業計画を
担当しております櫻井です。主にOSSを活用してシステム監視から運用管理ま
でで利用するツールを担当しており、半年間OTRSについて調査を進めてきて
います。

1.OTRSとは
OTRSは、ヘルプデスクなどで問い合わせなどのチケットを管理する製品として
リリースしたものです。ヘルプデスクの業務には、顧客からの問い合わせを電
話やメールなどで受信するインバウンド業務と、その問い合わせなどを返答し
たり、顧客に連絡事項を通知したりするアウトバウンド業務があります。OTRS
にはそれらの一連の流れを管理する機能が備わっているのです。

Open Ticket Request System (OTRS、http://otrs.org/)


2.OTRSで利用できるヘルプデスク業務
OTRSのインバウンドとしては、顧客からの問い合わせメールとOTRSのシステ
ム利用者による入力の2つインプットに対応しています。そのチケットには、
以下の『分類項目』を持っており、優先すべきチケットがどれなのかを容易に
把握できるようになっています。

分類項目:種別、優先度、状態、顧客ID、担当、重要度、対応期日 など

Closeされていないチケットが対応期日に近づけば、メールなどでアラートさ
せたり、顧客とのやりとりをOTRSからwebメールとして配信ができるように
なっていて、一つのチケットに関する送受信メールの履歴を流れで確認できた
り、進捗状況を把握しやすいツールとなっています。

特徴的な機能としては、お客様の問い合わせが重複していれば、統合して1つ
のチケットとして扱ったり、1つのメールで複数の問い合わせがあるときは、
分割したチケットとして扱ったりすることが可能なことが挙げられます。
チケット管理としては十分な機能があり、現場の業務に即した運用管理が可能
な製品と言えるのではないかと思います。


3.その他の機能
最新のバージョンOTRS3.0では、次のような機能があります。
・ITSM(IT Service Management)機能
・iPhoneアプリからOTRSを利用できる機能
・FAQ機能
・統計機能

上記の中でもITSMの機能は、インシデント管理、問題管理、変更管理、サー
ビス要求、資産・構成管理、ナレッジ管理の6プロセスまで機能があります。
この製品は、ITIL v3の公式認定機関であるPinkVERIFYにてこの6プロセス
の認定を受けている唯一の運用管理OSSとなっています。ITSMの機能に関しま
しては、今回の紹介では割愛させて頂きます。


4.OTRSを利用するための課題
OTRSを日本で利用するためには、まだまだ課題があって、システム運用の現場
で受け入れられるようになる為には、①日本語に適切に翻訳されていない部分
の修正②姓名の記述方式の修正、などの課題があります。これらの課題が解決
されてくると日本でも普及していくと考えており、修正対応をOTRS Inc.と
共に進めて行こうとしています。

補足として、TIS株式会社ではOTRSの導入や保守のサポートを準備しておりま
すので、製品に興味があれば、お問い合わせ頂ければと思っています。

TIS株式会社 OTRS問い合わせ先: borderless@tis.co.jp


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.今月注目の「バグ&セキュリティ情報」
  ~Ruby on Railsのlimit関数の処理にSQLインジェクションなど複数の問題~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

※「バグ&セキュリティ情報」はメールマガジンでは概要のみ掲載します。
 詳細およびサポートサービスのご相談は、以下からお問い合わせください。
https://openstandia.jp/site/contact.html?mm=46_3


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.最新イベント情報!
 (1)6/24  クラウド時代を生き抜くためのSSO&ID管理セミナー
           ~ AD連携、Salesforce/Google連携事例紹介 ~
 (2)6/30  OSS BI(Jaspersoft)のご紹介とJasperReportの導入
       &実践解説セミナー
 (3)7/15,16 オープンソースカンファレンス2011 Kansai @Kyoto

 (4)7/25  クラウドするならIIJ&NRI ソリューションセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
┌──────────────────────────────────
│ ご好評につき、追加開催決定!お申し込みはお早めに!!
│ 2011/6/24 クラウド時代を生き抜くためのSSO&ID管理セミナー
└──────────────────────────────────

ますます必要性が高まっているシングルサインオン(SSO)やID管理(IDM)。
本セミナーでは、従来高額な費用が必要だったシングルサインオンやID管理の
導入について、オープンソースを活用することで低コストでの導入を可能にした
事例を紹介します。
また、ActiveDirectoryとの連携や、近年ニーズが非常に高まっている
SalesforceCRM、GoogleAppsとの連携事例についても解説します。
従業員数が多い企業や、コスト削減をしたい企業の担当者は必見です。
是非、ご参加ください。


日時:2011年6月24日(金) 17:00~18:00(受付開始 16:30~)
会場:野村総合研究所 丸の内総合センター 9F 会議室11
対象:SSOやID管理をご検討の方
費用:無料
定員:20名 (事前登録制)

イベントの詳細、お申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20110603.html?mm=46_4

セミナー情報と一緒に、こちらの情報もご覧ください。

▽シングルサインオンとID管理のご紹介ページ
 http://openstandia.jp/solution/id_management/index.html?mm=46_5

▽OSS紹介 OpenSSO関連サービスページ
 http://openstandia.jp/services/opensso/index.html?mm=46_6

▽OSS紹介 OpenAM関連サービスページ
 http://openstandia.jp/services/openam/index.html?mm=46_7


┌──────────────────────────────────
│ 今、BIもOSSで実現できる!Jaspersoftを知るチャンス!
│ 2011/6/30 OSS BI(Jaspersoft)解説セミナー
└──────────────────────────────────

企業内のさまざまなシステムにおいて、オープンソースソフトウェア (OSS)
の利用は一般的になりつつあります。さらに、クラウドサービスのツールと
しても多くのサービス企業がOSSを利用しています。一方、Commercial OSS
と従来の商用サービスソフトとの違いやサポート体制などについても不安を
お持ちの企業も多いのではないかと考えております。

また企業にとって、変化が激しく、かつ競合が激しい時代において、ますます
企業分析のニーズが高まっています。それも以前のように過去データを分析し
て、現在に当てはめるのではなく、生のデータをあらゆる角度から分析して、
早いディシジョンを、現場レベルで行う・・といった新しいニーズが発生して
います。

この機会に、今後のIT戦略立案やCommercial OSS導入の手順などについて、
参考にしていただければと考えております。是非、ご参加ください。


【開催概要】
日時:2011年6月30日(木) 16:30~18:20(受付開始 16:15~)
場所:野村総合研究所 丸の内総合センター 8F 会議室84
費用:無料
定員:20名 (事前登録制) ※定員に達した時点で申込みは終了といたします。

講演内容:
・「広がるBIツールの活用シーン」
 株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューションセンター
 センター長 寺田 雄一

・「効果抜群、Web時代のレポーティング環境、JasperReportの実践」
 ワークブレイン・ジャパン株式会社 Jaspersoft設立準備室
 (IAFコンサルティング)営業開発 シニアマネジャー 吉村 忠氏

イベントの詳細やお申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20110630.html?mm=46_8


┌──────────────────────────────────
│ オープンソースの「今」を伝えるオープンソースカンファレンス2011
│ 2011/7/15,16 Kansai @Kyotoにて講演&ブース出展!
└──────────────────────────────────

NRIは、OSC Kansai @Kyotoに出展いたします。
今回もオープンソースミドルウェアサポートシェアNO.1の実績を持つ
NRI OpenStandiaならではの事例として、業界標準のシングルサインオンを
OSSで実現し、ソフトウェアコストを削減した事例を来場者の方だけに
じっくりと分りやすく解説します。また、展示ブースにて NRI OpenStandia
のサービス内容等も詳しくご紹介させていただきます。是非ご参加ください。

OBCIの講演では毎回ご好評頂いている「オープンソース『超』入門」のほか、
OBCI正会員企業の日本アイ・ビー・エム株式会社より、Linux/OSS & Cloud
サポートセンター 石川 公基氏をお招きして、「オープンソースと先進技術の
ディープな関係」というタイトルで、大規模データや自然言語の処理など先進
的なシステムの構築でも活用されているオープンソースについて、質問応答シス
テム"Watson"など、Linux/OSSに加えて親和性の高いハードウェアも含めた
活用例をご紹介いただきます。こちらも是非ご参加ください。


日時:2011年7月15日(金)、16日(土) 10:00~17:00
会場:京都リサーチパーク(KRP)
  (JR嵯峨野線(山陰線)「丹波口駅」より西へ徒歩5分、
  「京都駅/西院駅/大宮駅/五条駅」からタクシーで約10分)
費用:無料

■NRI講演
 日時:2011/7/16(土) 13:00~13:45 中会議室A (定員:42名)
 内容:「クラウド時代を生き抜くためのSSO&ID管理 
     ~AD連携、Salesforce/Google連携事例紹介~」

■OBCI講演
 日時:2011/7/16(土) 11:00~11:45 AV会議室 (定員:72名)
 内容:「オープンソース『超』入門」
    「オープンソースと先進技術のディープな関係」

イベントの詳細、お申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20110715.html?mm=46_9


┌──────────────────────────────────
│ クラウドするならIIJ&NRI ソリューションセミナー
│ 2011/7/25  日本のクラウドIIJ GIOとOpenStandiaのコラボセミナー開催
└──────────────────────────────────

内部統制対応や金融危機、未曾有の大震災など企業を取り巻く環境は、常に目
まぐるしい状況です。また、ITコストを抑制するためにクラウドやオープンソ
ースを検討する事が当たり前の時代に突入しました。

日本のクラウドビジネスの最先端であるIIJとオープンソースサポートシェア
業界No.1のNRIが手を組みクラウド対応を検討する際のベストをお伝えします。
エンドユーザー様はもちろん、エンドユーザー様から提案依頼をされていらっ
しゃるSier様までご参加可能です。是非、この機会に足をお運びください。


日時:2011年7月25日(月) 16:25~18:10(受付開始 16:00~)
会場:IIJグループ本社(神保町三井ビルディング)17F大会議室
   株式会社インターネットイニシアティブ
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング

費用:無料
定員:30名 (事前登録制) ※定員に達した時点で申込みは終了といたします。

講演内容:
・クラウド環境で実現するグローバル規模での情報共有&認証基盤

 株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューションセンター
 センター長 寺田 雄一

イベントの詳細、お申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20110725.html?mm=46_10


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。
6/19(日)で高速道路料金「土曜・休日上限1000円」が終了しました。東日本
大震災の復興財源を確保するためにこの制度を中止し、被災者の方々を対象と
した無料化が新たに始まるとのことですが、「東北地方は全員無料」にすれば
東北地方の観光地の復興支援にもなるだろうに、と思います。
そもそも今回のこの料金制度は、社会実験として約2年間に実施されたのです
から、経済効果や交通量・渋滞の増減、環境等への影響などについての検証、
報告をしてもらって、今後の適正な料金設定に活かしてほしいですよね。
次回もどうぞよろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html

商品・サービスに関するお問い合わせ:ossc@nri.co.jp
OSSソリューションマガジンに関するお問い合わせ:magazine-ossc-ext@nri.co.jp
発信元:株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
http://openstandia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO