NRI OSSソリューションマガジン(メールマガジン)

                       2012.03.22発行    Vol.55
───────────────────────────────────
◆◇ NRI OSSソリューションマガジン
───────────────────────────────────
こんにちは。株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
(OSSC)の私市(きさいち)です。
だんだん暖かくなってきました。桜が咲き始める日が待ち遠しいですね。
先日、OSC2012 Tokyo/Springに出展してまいりました。OSCへ参加するように
なってもう6年目になりますが、毎回新しい出会いと発見があり、エンジニア
の方々をはじめとする多くのOSS関係者からいろいろな良い刺激を受けます。
今後のOpenStandiaの情報発信をさらに頑張っていきたいです!


※本メールは、NRI OSSCが主催・共催するセミナーに参加いただいたお客様や
 NRI OSSCメンバーと名刺交換をさせていただいたお客様、過去にNRI OSSC
 にお問い合わせいただいたお客様、OSSユーザコミュニティサイトの会員様に
 配信しています。注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html


■目次
1.What's New
◆OSC2012 Tokyo/Spring 最新SSO導入事例を公開しました

2.コラム これならわかるOSSライセンス

3.オープンソースまるごとコンサルティング 第20回
 ~Liferayのマルチテナント機能について知りたい~

4.今月注目の「バグ&セキュリティ情報」

5.最新イベント情報!
 (1)4/5  第2回 OpenSSO&OpenAMコンソーシアムセミナー
         ~OpenAMの最新情報と最新導入事例のご紹介~
 (2)4/19 オープンソース最新動向セミナー


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.What's New
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
───────────────────────────────────
◆OSC2012 Tokyo/Spring 最新SSO導入事例を公開しました
───────────────────────────────────
オープンソースカンファレンス2012 Tokyo/Spring初日の2012年3月16日(金)に
セミナーにて、「シングルサインオンとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤
~リバプロ型・エージェント型、SAML認証も完全理解~」を講演いたしました。
多くの方々にご聴講いただき、誠にありがとうございました。

このSSOセミナーは毎回ご好評をいただいており、最新導入事例チェックのため
に毎回セミナーに参加いただく聴講者の方もいらっしゃるほどです。

どうして、統合認証基盤が必要なのか?導入して得られる効果は何か?事例を
元に、自社に導入したケースやSaaSサービスで導入したケースなどを図を交え
ながらご紹介させていただきました。

セミナー講演資料はこちらに掲載しております。是非ご覧ください。



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.コラム これならわかるOSSライセンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
                           行政書士/管理本部長
                                      ワークブレイン・ジャパン株式会社
  (IPA国際標準化センター主査リーガルワーキンググループ 主査)江端 俊昭

オープンソースソフトウェア(OSS)とは、どういうソフトウェアでしょうか?
The Open Source Initiative(OSI)という団体が1998年に発表した「The Open 
Source Definition」(OSD)では自由に再配布ができる、ソースコードが入手で
きる、派生物が生成できる等々、10種の定義がなされています。
では、再配布やソースコードの入手、あるいは派生物の生成等がなぜできるの
でしょうか?
その答えを示すために少し著作権について触れておきましょう。

著作権とは、自ら思想・感情を創作的に言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、
写真、コンピュータプログラムなどの表現形式によって表現した創作物(著作
物)に対して、その利用を著作物の創作者(著作者)が占有することを法律(
著作権法)で定めた権利をいいます。
従って、あなたが著作権者でないのならばその著作物を利用できないというこ
とになります。

では、著作権者ではないあなたが、その著作物を利用したい場合、どういう方
法があるでしょうか?

一つに著作権法は著作権者にその権利を他人に譲渡することを認めています。
しかし、著作権者はあなたに権利を譲渡することでその権利を失ってしまいま
すから簡単には権利を譲ってくれないでしょう。また、著作権者が死亡するこ
とで権利を相続することもできますが、これはあなたが著作権者の法定相続人
である、または著作権者が遺言書に自ら亡くなった後に権利を贈与する者とし
て指定する必要があり、これも一般的ではありません。

他方、著作権法は、著作権者に他人に対して著作物の利用を許諾できることを
認めています。さらに許諾を受けた他人がその著作物を利用する際は、著作権
者の許諾に係る利用方法及び条件の範囲内においてこれを利用することができ
ると定めています。この方法をとれば著作権者は自らの権利を失うことなく、
いつでも、他人であるあなたに対して著作物を利用させることができるだけで
なく、その利用についての方法や条件を定めることができます。これがライセ
ンスといわれているものです。

また、OSSの著作権者は、そのOSSを利用に対して自らライセンスを策定したり、
既存のOSSライセンスを利用したりすることができるだけでなく同じコード内容
のOSSに対して異なるライセンスを併存させることもできます。
ライセンスは、OSSを利用する上で欠かせない要件です。あなたが、OSSを利用
するのであれば、まずOSSのライセンスを入手し、あなたの利用したい条件と
矛盾しない内容であることを確認することが大切です。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.オープンソースまるごとコンサルティング 第20回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃20┃ ~Liferayのマルチテナント機能について知りたい~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.自社クラウドサービスとして顧客向けポータルの提供を検討しています。
  OpenStandiaでサポートしているLiferayのマルチテナント機能について、
  詳細を教えていただけますか?
  また、Liferay導入事例、商用製品との機能比較もあれば教えてください。

A.マルチテナント機能は、1つのサーバ環境を区切って複数の企業様(テナ
  ント)向けに単一/複数のサービス(インスタンス)を提供する機能です。
  テナントとインスタンスの関係は下記になります。

  (1)マルチテナント・シングルインスタンス
   A社
   B社----ポータルサービス(3社共通アプリケーション)
   C社

  (2)マルチテナント・マルチインスタンス
   A社----ポータルサービス(A社用アプリケーション)
   B社----ポータルサービス(B社用アプリケーション)
   C社----ポータルサービス(C社用アプリケーション)

  Liferayは、ユーザー認証機能のほか、セキュリティ・ポリシーに従った
  適切なシステムの利用権限が設定できるため、上記のようなマルチテナン
  ト型クラウドサービスを実現することができ、OpenStandiaでは国内大手
  家電メーカークラウドサービスでのLiferay導入実績があります。

  また、Liferayの導入事例および商用製品との機能比較は、OpenStandia
  ホームページにも掲載しています。Liferay紹介ページをご覧ください。

  ・Liferay導入事例:
   http://openstandia.jp/oss_info/liferay/case-study.html?mm=55_2
  ・Liferay商用製品との機能比較:
   http://openstandia.jp/oss_info/liferay/index.html?mm=55_3

  Liferayを活用した企業情報ポータル構築ソリューションのご紹介も併せ
  てご覧ください。
  http://openstandia.jp/solution/eip/index.html?mm=55_4


★まとめ:
  最近では、ポータル機能を有するOSSのCMS製品やグループウェア製品が
  出てきていますが、Liferayの機能の豊富さと決め細やかなアクセス制御
  機能はこれらの製品と一線を画しています。
  Liferayを活用することで、クラウド型サービスで重要なポイントとなる
  セキュリティを確保したサービス基盤を構築することができます。
           OpenStandia営業マネージャー まるコン担当 谷川


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.今月注目の「バグ&セキュリティ情報」
 ~Samba の smbd の処理に任意のコードを実行される問題~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

※「バグ&セキュリティ情報」はメールマガジンでは概要のみ掲載します。
 詳細およびサポートサービスのご相談は、以下からお問い合わせください。
https://openstandia.jp/site/contact.html?mm=55_5


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.最新イベント情報!
 (1)4/5  第2回 OpenSSO&OpenAMコンソーシアムセミナー
         ~OpenAMの最新情報と最新導入事例のご紹介~
 (2)4/19 オープンソース最新動向セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
┌──────────────────────────────────
│ 国内随一OpenAM関連コンソーシアムにて「OpenAM 10」最新情報を発信!
└──────────────────────────────────
NRIが事務局を務めるOpenSSO&OpenAMコンソーシアムが、2012年4月5日(木)に
第2回OpenSSO&OpenAMコンソーシアムセミナー ~OpenAMの最新情報と最新導入
事例のご紹介~を開催いたします。

企業の内部統制やコンプライアンス強化、また認証システムのセキュリティ強
化も図れるシングルサインオン。当セミナーでは、まもなく正式リリースされ
る「OpenAM 10」の最新情報のほか、シングルサインオン導入実績が豊富なコン
ソーシアム正会員企業のノウハウを詰め込んだ最新導入事例をお届けします。

正会員企業各社のセッションでは、OpenAMによるリバースプロキシ型の認証基
盤の構築事例や二要素認証への対応など、OpenAMの高度な活用方法とその上手
な実装方法、Notes、AD、GoogleApps、人事システムなど、多彩なシステムとの
連携事例をご紹介します。また、文教市場を支える政策動向や、そこで求めら
れるシステムに必要な構成もご紹介します。

シングルサインオン環境の導入をご検討されている企業や、セキュリティ強化
を図りたい企業のご担当者様は必聴のセミナーとなっております。この機会に
是非ご参加ください。


【開催概要】
日時:2012年4月5日(木) 15:25~18:00(受付開始 15:00~)
場所:野村総合研究所 丸の内総合センター 9F 大会議室2
費用:無料
定員:54名 (事前登録制) ※定員に達した時点で申込みは終了といたします。

講演内容:
・「OpenAM最新動向と導入事例」
 オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
 代表取締役 チーフアーキテクト 小田切 耕司氏
 技術部エキスパート 岩片 靖氏

・「OSS活用型認証基盤構築事例のご紹介(当社構築事例にみるOpenAMの活用法)」
 株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部
 IT基盤ソリューション第二部 ITアーキテクト 吉田 貴英氏

・「教育業界におけるICT導入支援の形態とチエルが提供するサービス」
 チエル株式会社 技術開発部 製品開発課 課長 川澤 和成氏

・「大規模な統合認証基盤構築!
  AD、GoogleAppsなど多彩なシステム連携が可能な導入事例」
 株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューションセンター長 寺田 雄一

▼イベントの詳細やお申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20120405.html?mm=55_6


┌──────────────────────────────────
│ 契約件数1,000件を超えるOpenStandiaの人気ソリューションと
│ MySQL & MySQL Cluster最新事例を一挙紹介!!
│ 4/19 オープンソース最新動向セミナー
└──────────────────────────────────
NRIオープンソースソリューションセンターの「オープンソース・ワンストップ
サービスOpenStandia」は、これまでに数多くのオープンソースを活用したシス
テムの導入・保守サポートを提供し、おかげさまで2006年のサービス開始から
2011年までの5年間で契約数累計が社内・社外ですでに1,000件を超えました。

そこで、
・企業の内部統制強化のために、ますます必要性が高まっている
 シングルサインオン(SSO)やID管理(IDM)
・クラウド環境でも提供可能な、オープンソースで実現するビジネスインテリ
 ジェンス(BI)
・グループ全体や、グローバル規模での情報共有、文書管理
など、OpenStandiaのソリューションの中でも特に引き合いが多い上記テーマ
についての最新事例とともに、オープンソースの最新動向についてご紹介させ
て頂きます。

さらに、今回は日本オラクル株式会社 MySQL Global Business Unit Asia 
Pacific & Japan 担当 MySQL Sales Consulting Manager 梶山 隆輔氏をお
招きし、「MySQL最新動向とMySQL Cluster最新動向&最新事例のご紹介」とい
うタイトルで、MySQL最新動向についてご紹介いただきます。

OSS活用事例とMySQL最新技術を一挙に聴講できる、大変内容の濃いセミナーに
なっております。この機会に是非ご参加ください。


日時:2012年4月19日(木) 17:00~18:50(受付開始 16:30~)
会場:野村総合研究所 丸の内総合センター 8F 中会議室83
費用:無料
定員:26名 (事前登録制) ※定員に達した時点で申込みは終了といたします。

講演内容:
・「オープンソース最新動向&最新事例のご紹介」
 株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューションセンター 寺田 雄一

・「MySQL最新動向とMySQL Cluster最新動向&最新事例のご紹介」
 日本オラクル株式会社 
 MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当
 MySQL Sales Consulting Manager 梶山 隆輔氏

▼イベントの詳細、お申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20120419.html?mm=55_7


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。
先日購入した低速ジューサーを活用してニンジン生ジュースを楽しんでいます。
このニンジンの絞りカスでスコーンを作るのがマイブームで、これがまたおい
しくてつい食べ過ぎてしまいます。健康にいいものでも食べ過ぎては意味がな
いですね。最近話題の長寿遺伝子は、カロリーを抑えることでスイッチが入る
そうです。やはり、腹八分目&カロリー控えめが大事なんですね。実践するの
はなかなか難しいですけど…。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html

商品・サービスに関するお問い合わせ:ossc@nri.co.jp
OSSソリューションマガジンに関するお問い合わせ:magazine-ossc-ext@nri.co.jp
発信元:株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
http://openstandia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO