OSS紹介

Fluentd

Fluentd 最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するFluentd最新情報

Fluentdの保守サポートサービスの内容はこちら Fluentdの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Fluentd最新トピック

■2017-07-25
[ニュース・市場動向]オープンソース版よりも安全性を高めたログ収集基盤ソフト
■2017-07-18
[ニュース・市場動向]トレジャーデータ、顧客データ基盤を提供--マーケティング領域に注力
■2017-07-18
[ニュース・市場動向]トレジャーデータ、顧客情報を収集・分析するデータ管理サービスを提供開始
■2016-07-19
[ニュース・市場動向] ビッグデータの収集/蓄積/分析を行うクラウドサービスを提供開始

すべてを見る

Fluentdバージョンアップ情報

■2016-12-26
[VerUP]Fluentd 0.14.7(リリース日:2016/10/07)
■2016-12-26
[VerUP]Fluentd 0.14.8(リリース日:2016/10/13)
■2016-12-26
[VerUP]Fluentd 0.14.9(リリース日:2016/11/15)
■2016-12-26
[VerUP]Fluentd 0.14.10(リリース日:2016/12/14)

すべてを見る

更新日:2016-12-25

Fluentdの概要

Fluentd(フルエントディー)とは、様々なデータの収集を統一できるオープンソースのデータコレクタです。

Fluentdは、2011年にTreasure Data(トレジャーデータ)社の古橋 貞之(ふるはし さだゆき)氏によりRubyをベースとして開発され、以降はTreasure Data社およびコミュニティベースで開発されています。

Fluentdは、個々のシステム毎に管理されている大量のログファイルを収集、解析し、ストレージに集約、保存を行うツールとして活用されています。
ログに限らず、各種データをNoSQLデータベース(MongoDB)やクラウドストレージ(Amazon S3)など様々な媒体に出力できるのも大きな魅力といえます。 また、ログの可視化としてElasticsearch(エラスティックサーチ)+ kibana(キバナ)との連携によりインタラクティブなデータの取り扱いが実現できる仕組みとしても注目を浴びています。

Fluentdは、Ruby gemで提供されているものとは別にRubyやいくつかのプラグインが同梱されている安定版の「td-agent」として開発元であるTreasure Data社よりRedHat(rpm)やDebian(deb)、OSX(dmg)などに対応した主要なパッケージとして配布されているため、導入する敷居が低く扱いやすい点もメリットの一つです。
Fluentdは、プラグインアーキテクチャを採用しており、用途に応じたプラグイン開発、拡張を自由に行うことができます。
Fluentdの特徴として、大きく分けてinput(インプット)、buffer(バッファ)、output(アウトプット)の3つの機能から構成されています。
各機能がプラガブル(各機能を必要に応じてOn/Offすることができる)なため、用途に応じてプラグインを追加するだけで使える仕組みとなっています。
また、提供される機能が豊富に用意されているため、多様な組み合わせにより要件に合ったログ管理の実現が期待できます。

Fluentdの概要

  • Input(インプット)

各種データソースから必要なデータを収集する   例) 転送データの取り込み、HTTP POSTでの取り込み、イベントログの取り込みなど

  • Buffer(バッファ)

障害などによるデータの紛失を管理   例) オンメモリ、ファイルによるデータ管理、データの再送など

  • Output(アウトプット)

各種データ保存先へ出力する   例) ファイル出力、データ転送、データベースへの書き込みなど

近年では、ビッグデータ、仮想化やクラウド化の進展に伴い、ログが多様化・肥大化する傾向にあります。
こうした煩雑なログ管理の効率化として大規模Webサービスやビッグデータ基盤においてFluentdが採用される事例が増加してきています。

Fluentdの現在の最新バージョンは、プラットフォーム毎に下記となっています。 (2016年12月現在)

Platform Platform Version Package or Installer
RHEL / CentOS /
Amazon Linux /
Ubuntu
2.6+ kernel Linux distributions (64-bit & 32-bit) td-agent v2.3.3
MacOS X td-agent 2.1.4 for OSX 10.9 and 10.10
td-agent 2.3.0 for OSX 10.11
td-agent v2.3.0
Windows Windows fluentd v0.14
Ruby Ruby v2.1.0 and above Fluentd v0.12.29

TOPに戻る

Fluentdのライセンス

Fluentdのライセンスは、Apacheソフトウェア財団 (ASF) によって規定されたApache License Version 2.0のライセンスを採用しています。
Apache License Version 2.0のライセンスに従い、著作権の表示などの条件に従うことで、商用利用、修正、再頒布などが自由に行えます。

TOPに戻る

Fluentdの動作環境

  • Fluentd v0.12の場合、Ruby 1.9.3以降
  • Fluentd v0.14の場合、Ruby 2.1以降

TOPに戻る

Fluentdの主な特徴

主な特徴は以下のとおりです。

マルチプラット
フォーム
Rubyの動作環境が揃えば、Linux、MacOS X、Windows※1、UNIXなどさまざまなOSで対応可能。
柔軟な拡張
プラガブル(各機能を必要に応じてOn/Offすることができる)な構 成であるため、各機能を独自のプラグインとして自由に開発・拡張ができる。
高信頼性
収集データを一時的にバッファに蓄積できる機構を持っているため、障害 時のログの再送制御に強く、ログの欠損を防ぐことが可能。
データをJSON形式で扱える
収集ログの形式をJSON形式に変換されるため、データを構造的に把握 でき、後のデータ変換が容易にできる。
導入・運用が容易
資料が多く比較的容易にインストールや機能を拡張できる。
基本設定も非常に直観的で簡単に作成ができ容易である。
豊富な導入実績
クラウド化が進むことで、大規模環境の運用で多数の採用実績がある。

※1 2015年11月に対応

TOPに戻る

Fluentdの主な機能

主な機能は以下のとおりです。

機能 詳細
ログ転送機能 収集データを別のサーバへ転送を行える。冗長化やアクティブ-スタンバイなどの構成が実現できる。
バッファリング機能 データをロストすることなく管理が可能。オンメモリとファイルの2種類から選択して利用できる。
フィルタ機能 ※.2 データの加工や正規表現によるフィルタリングを行える。
プラグイン機能 公開されているプラグインは300種類以上あり、様々な要件に応じた機能を選択できる。
※2 v0.12以降から提供されています。

TOPに戻る

Fluentdと同類のソフトウェア

OSS製品ではsyslogd、nxlogが同様の機能を提供しています。

TOPに戻る

Fluentdのダウンロード

Fluentd ダウンロードページ

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
?
<--!-->