OSS紹介

ionic

ionic最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するionic最新情報

ionicの保守サポートサービスの内容はこちら ionicの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

ionic最新トピック

■2017-02-27
[ニュース・市場動向] パフォーマンスの向上と新しいネイティブプラグインシステムを実現したIonic 2

すべてを見る

ionicバージョンアップ情報

■2017-03-28
[VerUP]InfluxDB 0.5.0(リリース日:2014/03/24)

すべてを見る

更新日:2017-07-24

Ionicの概要

Ionic(アイオニック)とは、、2013年にDrifty 社によって開発が始まったHTML5を活用したハイブリッドなモバイルアプリケーションを開発するためのオープンソースのフレームワークです。
ハイブリッドなアプリケーションとは、WebアプリケーションのようにHTML、JavaScript 、CSSで開発可能であるのと同時に、あたかもネイティブアプリケーションのようにプラットフォーム層にアクセスすることもできるアプリケーションのことを指します。プラットフォーム層にアクセスすることによって、OSに搭載されている機能を利用することができるのでカメラやセンサを使ったアプリケーションも開発可能です。
ボタン、タブ、メニューバーなどのモバイルアプリケーションのためのコンポーネントが提供されている他、滑らかなアニメーションなど幅広く実現可能となっており、開発するアプリケーションをより魅力的にするためのフロントエンドのフレームワークといえます。加えて、Ioniconというiconが提供されており、デザイナーがいなくてもかなり綺麗なUIのアプリを作ることができます。
IonicはHTML5を利用したフレームワークなので、ネイティブアプリケーションとして実行するためにはCordovaやPhoneGapのようなネイティブラッパーを必要とします。公式サイトによると推奨ラッパーはCordovaとされています。
Ionicで開発されるアプリケーションの大部分は、HTML、JavaScript、およびCSSのみを用いて開発することが可能です。ただし、作り込みが必要な場合はカスタムCordovaプラグインやネイティブコードでネイティブ層へアクセスすることも可能です。
また、Ionicはフレームワークのコア機能には主にAngularJSを使用しています。CSSを編集するだけでもアプリケーションに独自のデザインを適用することできますが、公式サイトによれば今日のブラウザベースのアプリケーションを構築するための最良の方法の一つとして、AngularJSを活用することを勧めています。
2015年3月にIonic 1、2017年1月に Ionic 2、2017年4月に Ionic 3 がリリースされ、現在も速いペースで開発が進められています。現在の最新バージョンは Ionic 3.5.3 です。

Ionicがサポートしているプラットフォームは、iOS 8+、Windows 10 Universal App、Android 4.4+です。(2017年7月現在)

TOPに戻る

Ionicの特長

Ionicには次のような特長があります。

  • AngularJSをベースとしている
  • Cordova, PhoneGap, Trigger.ioをネイティブラッパーとしてサポートしている
  • GUIベースでIonicアプリのテンプレート(UI)が作成可能な、Ionic Createrを提供している
  • SASS(Syntactically Awesome Style Sheets)を採用しているので独自のUIを手軽に実装できる
  • 他の類似プロダクトと比較して公式のコミュニティが活発で、StackOverflowなどの投稿も多く情報が探しやすい

TOPに戻る

こんなお客さまにIonicの導入をオススメ

次のようなお客様に、Ionicの導入をオススメします。

  • 美しいモバイルアプリケーションを少ない工数で作りたい
  • モバイルアプリケーションをOSに依存せず効率良く作りたい
  • Webアプリケーション開発のノウハウをモバイルアプリケーションに生かしたい
  • AngularJSの扱いに慣れている

TOPに戻る

Ionicのライセンス

Ionicのライセンスは、MITライセンスです。
ソースコード公開の有無に関わらず、自由な再利用が認められています。

TOPに戻る

Ionicと同様の機能を提供する製品

Famo.us、Framework7、OnsenUIがIonicと同様の機能を提供しています。
いずれもオープンソースのフレームワークです。

TOPに戻る

Ionicのサポート

現在、OpenStandiaではionicのサポート提供は行っておりません。

TOPに戻る

Ionicのダウンロード

Ionicのダウンロード

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
?
<--!-->