OSS紹介

Jersey

Jersey最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するJersey最新情報

Jerseyの保守サポートサービスの内容はこちら Jerseyの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Jersey最新トピック

すべてを見る

Jerseyバージョンアップ情報

■2017-07-31
[VerUP]Jersey 2.26-b09(リリース日:2017/07/27)
■2017-07-18
[VerUP]Jersey 2.26-b08(リリース日:2017/07/13)

すべてを見る

更新日:2017-03-26

Jerseyの概要

Jersey(ジャージー)は、RESTfulなWebサービスを実現することに特化した、Javaのオープンソースのフレームワークです。
Jerseyは、Java EEの標準仕様の一つであるJAX-RSで定義されたJava APIを実装しているだけでなく、独自に拡張したAPIやユーティリティも提供しています。これにより、RESTfulなサービスとクライアントの開発を簡素化します。
Jerseyは、開発者のニーズに合わせてJerseyを拡張できるように、多数の拡張SPI(Service Provider Interface)も公開しています。

Jerseyプロジェクトの目標は、次のように要約できます。

  • JAX-RS APIに追従し、GlassFishに同梱できる商用稼働レベルの品質の参照実装であり続けること
  • Jerseyを拡張するためのAPIを提供すること
  • JavaとJava仮想マシンを利用してRESTful Webサービスを簡単に構築できるようにすること

TOPに戻る

Jerseyの主な特徴

 Jerseyは、JAX-RSの参照実装であるため、特定の製品やベンダーに依存しない標準的なRESTful Webサービスを構築可能です。また、アノテーションを使った分かりやすく、シンプルな実装のため、開発生産性や保守性を高めることができます。

例えば、次のようなクラスを作成し、

import javax.ws.rs.GET;
import javax.ws.rs.Path;
import javax.ws.rs.Produces;
import javax.ws.rs.QueryParam;
import javax.ws.rs.core.MediaType;

@Path("test_service")
public class JaxSampleService {
  @GET
  @Produces(MediaType.TEXT_PLAIN)
  @Path("test")
  public String sayHello(@QueryParam("param") String param) {
   return "Test param: " + param;
  }
}

/test_service/testのパスにparam=okayのクエリストリングを付加して、GETメソッドでリクエストを送信すると、「Test param: okay」という文字列を含むContent-Type: text/plainのレスポンスが返ります。

$ curl http://localhost:8080/test_service/test?param=okay
Test param: okay

また、Jerseyは、WebLogic、Glassfish、PayaraなどのJavaコンテナに内包されており、これらを使ってRestfulなWebサービスを開発する場合は、追加でインストールすることなく使用できます。
Jerseyは、Javaベースの洗練されたクライアントAPIを提供しており、JAX-RS に準拠したサービスだけではなく、それ以外のRESTfulなWeb サービスを呼び出すことができます。
以下のような単純なコードで特定のURLにGETリクエストを送信し、そのページのコンテンツを取得することができます。

Client client = Client.create();
WebResource resource = client.resource("http://www.openstandia.jp/");
String html = resource.get(String.class);

TOPに戻る

Jerseyの類似ソフトウェア

Jerseyは、JavaにおけるRESTfulなWebサービスの実装に関するJavaの仕様JAX-RS: Java API for RESTful Web Services (JAX-RS)の参照実装です。
Jersey の他にもオープンソース JAX-RS 実装 として、Restlet、JBoss RESTEasy、Apache Winkなどがあります。Jerseyは、これらの中でも特に、理解しやすく使いやすい点が特徴と言えます。
開発に役立つドキュメントやサンプルも充実しているので、Javaの技術者であれば容易に開発ができます。

TOPに戻る

Jerseyのライセンス

Jerseyのライセンスは、「CDDL」(Common Development and Distribution License)とクラスパス例外付き「GPL v2」(GNU General Public License)のデュアルライセンスに基づいて公開されています。

TOPに戻る

Jerseyのダウンロード

Jerseyは以下からダウンロードできます。
https://github.com/jersey/jersey/releases

Jerseyのサポート

現在、OpenStandiaではJerseyのサポート提供は行っておりません。

TOPに戻る

Jerseyの関連OSS

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
?
<--!-->