OSS紹介

Prometheus

Prometheus最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するPrometheus最新情報

OSSの保守サポートサービスの内容はこちら OSSの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Prometheus最新トピック

■2016-07-25
[ニュース・市場動向] オープンソースのモニタリングツール「Prometheus 1.0」リリース

すべてを見る

Prometheusバージョンアップ情報

すべてを見る

更新日:2017-12-27

Prometheusの概要

Prometheus(プロメテウス)は、GO言語で書かれたオープンソースのモニタリングツールです。音声ファイル共有サービスを提供するSoundCloud社によって2012年から開発されています。

PrometheusはPull型のアーキテクチャを採用しており、エージェントから時系列データを収集します。(図1参照)
PrometheusではエージェントのことをExporter(エクスポータ)と呼びます。Prometheusサーバは設定に従いExporterからデータを収集します。

図 1  Prometheusのアーキテクチャ

Prometheusのアーキテクチャ

(https://github.com/prometheus/prometheusより)

AlertManager(アラートマネージャ)はPrometheusサーバのアラートを管理するためのモジュールです。
アラートメール送信やPagerDuty・OpsGenie(*1)への連携、重複除外、グルーピングなどの機能を含有しています。

サーバへ時系列データをPushするためにはPushgateway(プッシュゲートウェイ)を使用する必要があります。バッチやスクリプトは、処理の結果をPushgatewayへPushし、Pushgatewayが結果を保持することで、PrometheusサーバはPushgatewayから結果データをPullするという仕組みとなっています。

Exporterには、サーバのリソース情報を収集するnodeExporterや、サービス情報を収集するmysqldExporter, haproxyExporter, StatsDExporterなどが存在します。

Prometheusでは、毎秒、数百万の時系列データを、一つのサーバで処理できるように設計されており、収集したメトリクスをローカルファイルシステムに、インデックスをLevelDBに保有しています。このため、複数サーバ構成でサーバをまたいでのクエリ実行はできませんが、Prometheusサーバを階層構造とすることでデータを集約することができます。

Prometheusは2016年7月にバージョン1.0.0をリリースしました。
Prometheusの2017年12月現在の最新リリースバージョンは2.0.0です。

TOPに戻る

Prometheusの特徴

  • 多次元データモデル(メトリクス名とキー/値のペアで識別される時系列データ)
  • データ抽出のための柔軟なクエリ言語
  • それぞれのサーバが自立的で分散ストレージに依存しない
  • HTTP上でのPullモデルによる時系列データの収集
  • 中間ゲートウェイを介しての時系列データのPush
  • サービスディスカバリまたは静的な設定による監視対象の取得

TOPに戻る

他プロダクトとの対比

Prometheus PandoraFMS Zabbix
ライセンス Apache2.0 GPLv2 GPLv2
開発言語 GO Perl・PHP C・PHP
管理I/F 基本的に設定ファイル
Webコンソール(参照のみ)
Webコンソール Webコンソール
サーバOS OpenBSD/NetBSD/
freeBSD/DragonFlyBSD/
Darwin/Linux/Windows
FreeBSD/Solaris/HPUX/
AIX/MacOS/Linux/
Windows
Linux/UNIX
データストレージ LevelDB・FileSystem MySQL MySQL/Oracle/
PostgrSQL/SQLite/DB2
ネットワーク監視
サーバ監視
ログ監視 × △(Enterprise版のみ)
アラート通知 メール・HipChat・
PagerDuty・OpsGenie・
PushOver・Slack・
WebHook
メール・SMS・Syslog・
Sound・Jabber
メール・SMS・Sound・
EzTexting・Jabber
クライアントOS OpenBSD/NetBSD/
freeBSD/DragonFlyBSD/
Darwin/Linux/Windows
Linux/Unix/Windows Linux/Unix/Windows

TOPに戻る

Prometheusのユースケース

・監視対象サーバの数や種類が多い環境において、メトリクス収集やリソース監視を行いたい場合。
・クラウド環境やコンテナ環境などにおいて、サービスディスカバリを使用してリソース監視を行いたい場合。
・性能テスト、ボトルネックの調査など。

TOPに戻る

Prometheusの動作環境

OS: OpenBSD / NetBSD / FreeBSD / DragonFlyBSD / Darwin / Linux / Windows

TOPに戻る

Prometheusのライセンス

PrometheusはApache2.0ライセンスです。
Apache License(アパッチ・ライセンス)のコードが使用されていることの明記を条件に、ソースコードの自由な改変と公開が認められています。

TOPに戻る

Prometheusのダウンロード

https://prometheus.io/download

TOPに戻る

参考URL

Prometheus - Github
https://github.com/prometheus
Prometheus.io
https://prometheus.io/

PandoraFMS
https://pandorafms.org/
Zabbix
https://www.zabbix.com/

*1. PagerDutyやOpsGenieは、監視システムからのアラートを通報するためのプラットフォームです。
PagerDuty
https://www.pagerduty.com/
OpsGenie
https://www.opsgenie.com/

TOPに戻る

Prometheusのサポート

  • 現在、Prometheusのサポートは提供していません。

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
<--!-->