OSS紹介

Redmine

Redmine最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するRedmine最新情報

Redmineの保守サポートサービスの内容はこちら Redmineの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Redmine最新トピック

■2017-04-17
[セキュリティ情報]Redmine 3.3.3と3.2.6でファーエンドテクノロジーによるパッチが2件採用
■2017-04-03
[セミナー・イベント]redmine.tokyo 第12回勉強会
■2017-04-03
[ニュース・市場動向]Redmine 3.4.0にアップグレードしよう! お気に入り改善点一挙紹介
■2017-03-28
[ニュース・市場動向] 2017年2月のRedmine開発状況
■2016-09-20
[ニュース・市場動向] ドイツ発・Redmineベースのプロジェクト管理SaaS「Planio」が日本に進出 ファーエンドテクノロジーがプロモーションとサポートを受託
■2016-06-06
[ニュース・市場動向] RedmineコミッタToshi MARUYAMA氏、ホロンテクノロジーのフェローに就任

すべてを見る

Redmineバージョンアップ情報

■2017-04-17
[VerUP]Redmine 3.2.6(リリース日:2017/04/09)
■2017-04-17
[VerUP]Redmine 3.3.3(リリース日:2017/04/09)
■2017-01-16
[VerUP]Redmine 3.2.5(リリース日:2017/01/07)
■2017-01-16
[VerUP]Redmine 3.3.2(リリース日:2017/01/07)
■2016-10-17
[VerUP]Redmine 3.1.7(リリース日:2016/10/10)
■2016-10-17
[VerUP]Redmine 3.2.4(リリース日:2016/10/10)
■2016-10-17
[VerUP]Redmine 3.3.1(リリース日:2016/10/10)
■2016-06-28
[VerUP]Redmine 3.3.0(リリース日:2016/06/19)
■2016-06-14
[VerUP]Redmine 3.1.6(リリース日:2016/06/05)
■2016-06-14
[VerUP]Redmine 3.2.3(リリース日:2016/06/05)

すべてを見る

更新日:2017-04-26

Redmineの概要

Redmine(レッドマイン)とは、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアです。

Redmineは、2006年にフランス在住のJean-Philippe Lang氏によりRubyをベースとして開発され、以降も様々な企業やプロジェクトで導入されることで普及が進み、現在では世界中で広く使われています。
タスク管理、進捗管理、情報共有などプロジェクト運用の支援を目的として活用され、同類のオープンソースの中でも人気を上げています。

Redmineは、Webアプリケーションのため複数人が同時アクセスして参照・更新を行うことが可能です。
データを一箇所で管理されるため、常に最新のデータを利用できます。
また、スマートフォンやタブレット端末に対応しているため、インターネットにサーバを配置するかRedmineのSaaSを利用することで社外や自宅からでも操作することができます。

Redmineは以下のようなさまざまな場面で利用されています。

  • バグ管理
  • 計画と進捗管理
  • 問い合わせ管理
  • 作業管理
  • サーバ運用記録

Redmineの現在の最新バージョンは、Redmine 2.6.10、3.1.7、3.2.5、3.3.2です。(2017年4月現在)
また、2.6.10は2.6系の最後のリリースとなり、今後のメンテナンスが行われないため3系へのアップデートが推奨されます。

TOPに戻る

Redmineのライセンス

Redmineのライセンスは、GPLv2(GNU General Public License v2)を採用しています。
このライセンスの条件の下でソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの自由な改変も認められています。

TOPに戻る

Redmineの動作環境

前提となる動作環境は、以下のとおりです。
OS

  • Linux/Unix/OSX
  • Windows
  • ※ Rubyが利用可能なシステムで実行可

  • RubyおよびRuby on Rails
Redmineの各バージョンで必要となるRailsのバージョンは以下の通り

Redmine
使用できるRubyの バージョン
使用されるRails
current trunk
ruby 1.9.3, 2.0.0, 2.1, jruby-1.7.6
Rails 4.1
trunk < r13482
ruby 1.8.7, 1.9.2, 1.9.3, 2.0.0, 2.1, jruby-1.7.6
Rails 3.2
2.5, 2.6
ruby 1.8.7, 1.9.2, 1.9.3, 2.0.0, 2.1, jruby-1.7.6
Rails 3.2
2.4
ruby 1.8.7, 1.9.2, 1.9.3, 2.0.0, jruby-1.7.6
Rails 3.2

データベース

  • MySQL 5.0以上(推奨)(※1)
  • PostgreSQL 8.2以上(※2)
  • Microsoft SQL Server 2008以上(要Redmine 2.3.0以上)
  • SQLite 3

※1 Redmine 2.x はMySQL 5.7.3 と互換性がありません。Redmine3でサポートされる予定です。
※2 PostgreSQL 8.4.0 と 8.4.1 に存在するバグがRedmineの動作に影響を及ぼします。
  PostgreSQL 8.4.2では修正されています。

TOPに戻る

Redmineの主な特徴

主な特徴は以下のとおりです。

Webベースでの管理 ほとんどの設定、管理がWebベースで操作でき、誰でも扱えるインターフェースとなっている。
マルチプラットフォーム Rubyの動作環境が揃えば、Linux、MacOS X、
※1Windows、UNIXなどさまざまなOSで対応可能。
柔軟な拡張 数多くのプラグインが公開されており、各機能を独自のプラグインとして自由に開発・拡張ができる。
多言語対応 日本語を含む40以上の言語に対応。
ユーザー毎に言語を設定することが可能なため、母国語が異なるメンバーが混在する組織でも利用できる。
導入・運用が容易 資料が多く比較的容易にインストールや機能を拡張できる。

Redmineの主な機能

主な機能は以下のとおりです。

チケット管理 プロジェクトごとに作業内容やバグなどのタスクをチケット単位で管理
工数管理 チケット単位での作業時間の工数を集計。プロジェクト、タスク、ユーザーなど様々な切り口で集計できる。
ガントチャート・カレンダー機能 チケットの作業開始日、期限、進捗率データをもとにガントチャート、カレンダーを自動作成する。進捗状況を把握するための管理資料作成の手間が大幅に軽減される。
Wiki・フォーラム プロジェクトごとにWiki、掲示板(フォーラム)を提供
通知機能 チケットの追加などRedmine上の情報の更新を電子メールやRSSで通知
文書・ファイル管理 プロジェクト内で共有すべきファイルを掲載できる。ファイルをバージョンごとにダウンロードが可能。
リポジトリ管理 SubversionやGitなどのバージョン管理ツールと連携し、コミットの履歴やリポジトリ内のファイルの内容などが参照できる

TOPに戻る

Redmineと外部ツールとの連携

Redmineの特徴の一つとして、多くのプラグインが公開されています。
それらのプラインやRedmineの機能を利用することで、様々なツールとの連携が可能になり、要件に応じた管理が行えます。

主な連携ツールとしては以下のとおりです。

管理方法 連携ツール 機能概要
構成管理 Subversion、Git、CVSなど ・チケットとリポジトリのリビジョンの関連付け
・リポジトリのコミットに応じたチケットのステータス
・進捗率の自動更新/コミットメッセージによる作業時間の記録
ビルド管理 Jenkinsなど ・ビルド実行結果に応じたチケットの登録
・Redmineのチケットとジョブ結果の関連付け
テスト管理 TestLinkなど ・テスト実施結果によるバグとの関連付け
・テストケース、テストプロジェクトとのリンク連携

TOPに戻る

Redmineと他製品との機能比較

Redmineと他OSS製品、商用製品との機能等の比較は以下のとおりです。

機能 Redmine Trac 商用製品A 商用製品B
プロジェクト管理
工数管理
ロードマップ ×
ダッシュボード ×
ガントチャート
カレンダー ×
レポート
Wiki ×
掲示板 ×
文書管理 × ×
ファイル共有 ×
フィルタ検索
ワークフロー ×
メール通知
RSSフィード
カスタムフィールド
タブレット・スマホ対応(※1) ×
リポジトリ管理
インポート・エクスポート
ユーザー管理
権限管理
デザインテーマ管理
多言語対応
API対応
LDAP認証連携 ×
○:機能あり(テンプレート等で対応含む)
△:モジュール・プラグインで機能追加
×:機能なし
※1 別途スマホ・タブレット端末用のアプリが必要

TOPに戻る

Redmineと同類のソフトウェア

OSS製品ではTracが同様の機能を提供しています。

Redmineのサポート

Redmineの有償サポートやSubversionやGitとの連携などについては、お気軽にお問い合わせください。

Redmineのダウンロード

Redmineのダウンロード

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
?
<--!-->