OpenStandiaソリューション/企業情報ポータル構築|OpenStandia/Portal

構造化されていない情報を管理&活用
企業間を横断したビジネスプロセスにおける情報伝達と活用を実現

企業の情報はERP・CRMなどの基幹システムに保存される構造化されたデータは、約20%程度と言われています。残り80%の構造化されていないデータを管理するソフトウェアがAlfresco(アルフレスコ)です。

単に構造化されていないデータを管理するだけでなく、業務アウトソーシング(BPO)による企業・組織横断のワークスタイルが一般的になってきた事によって、従来のメールによる情報伝達と情報共有では「セキュリティ面」だけでなく「業務効率面」においても課題が浮き彫りになってきています。Alfrescoは「業務プロセス」と「情報共有」を融合し、 「セキュリティ」と「情報活用」も実現する事ができます。

スマートデバイスによる情報活用(BYOD)

iOS、Android専用のAlfrescoアプリをスマートデバイスにダウンロードする事でAlfrescoに格納されたコンテンツをスマートデバイスで利用する事ができます。
外出先から資料や動画・画像などを表示するだけでなく、 他アプリとの連携でドキュメントの閲覧や編集、ワークフローの開始や承認など様々な操作を提供します。

クラウド連携による企業間の情報共有

オンプレミスのAlfrescoに保存されたコンテンツをAlfresco in the Cloud (無料)に同期をする事ができます。同期されたコンテンツに対して、 版管理やアクセス制限も含め、Alfrescoの機能を損なう事はありません。
これにより「外部ユーザーとの共同作業が可能」 になります。

企業間のセキュア情報共有を実現するオープンソースECM「Alfresco」の特徴

1.強固でモダンなECMプラットフォーム

拡張性と有用性に集中

2.コンシューマ指向のUI

MS Officeとのインテグレーションによりドラッグ・アンド・ドロップが可能

3.ビジネス処理

ユーザーが使いこなせるルールとワークフロー

4.ソーシャル機能

コンテンツのアクティビティフィードとソーシャルによるフィードバック

5.メタデータとセキュリティ

コンテンツの周囲に豊かなコンテキストを構成

6.統合によるエコシステム

CIFS、WebDAV、SharePoint、Exchange、GoogleDocs、CMIS、SAP、Salesforce、Kofax、Amazon S3をはじめ、さらに数千以上の技術要素

企業間のセキュア情報共有を実現するオープンソースECM「Alfresco」の機能概要

機能 説明
コンテンツの格納 テキスト、バイナリ形式の両方のコンテンツをサポートします。コンテンツリポジトリは、JSR-170 に準拠し、属性データを格納するデータベースと、実体のファイルを格納するファイルシステムより構成されています。
バージョン管理 サブバージョンの管理を含む、基本的なバージョン管理モデルを提供しています。
アクセス権管理 コンテンツに対する基本的なアクセス権モデルを提供しています。また、システム全体に対するアクセス権も設定できます。
認証管理 リポジトリ内にユーザ ID, パスワードを安全に管理します。この他、LDAP や Active Directory による認証機能もご利用できます。
プレビュー コンテンツをダウンロードすることなく、内容を確認することができます。
編集 チェックイン、チェックアウト機能による、排他制御による編集機能を提供しています。
文書のドラッグ&ドロップ HTML5 をサポートするブラウザで、直接ファイルをドラッグ&ドロップして Alfresco にコンテンツをアップロードすることができます。
Microsoft Office との連携 SharePoint プロトコルのサポートにより、Office ドキュメントをチェックアウトすることなく、オンラインでドキュメントを編集し、編集が終了後には自動的にチェックインされます。
Google Document との連携 Google ドキュメントを直接チェックアウト、または新規で作成することができます。文書をリアルタイムで共同編集し、再度 Alfresco に戻して安全に保管できます。
カスタムタイプのサポート ユーザ独自のタイプを設定することで、コンテンツの種類ごとに属性データやコンテンツの関連情報を定義することができ、検索による情報の再利用性が向上します。
検索機能 Apache Solr による Google スタイルの検索および、JSR-170 準拠の XPath による検索をサポートします。
ワークフロー Activiti による強力なワークフロー機能をサポートします。
クラウドのサポート Alfresco in the cloud でクラウド上でのコンテンツ管理 機能を提供します。また、Cloud Sync(2012/8 リリース予定)により、オンプレミスの Alfresco と Alfresco in the cloudのコンテンツを同期させることができるので、社外ユーザに対して、安全にコンテンツを共有する基盤を提供します。
モバイル機器のサポート iPhone, iPad から Alfresco または Alfresco in the cloudを利用することで、外出先からも社内にある必要な情報に即座にアクセスすることができます。(Android 対応は2012/10 予定)
外部インタフェース CIFS, FTP, WebDAV, CMIS および IMAP詳細につきましては、こちらのページもご参照ください。
ソーシャル機能 お気に入りのコンテンツにお気に入りのマークや、「いいね」をつけて、コンテンツの重要度や、役に立つ度合いを設定したり、他のユーザをフォローして、特定のユーザの文書の投稿や編集のアクションを確認することができます。
また、コンテンツを YouTube や Flickr にアップロードしたり、Facebook, Twitter 等にコンテンツの更新情報を送信することで、コンテンツの所在や状態を知らせることができます。
データリスト 課題管理や顧客名簿台帳など、Excel のような表形式のデータ表現をサポートしています。
Wiki, Blog Wiki, Blog の機能を提供します。
RSS Alfresco のサイト内の更新情報を RSS フィードで伝えることや、他のサイトの RSS フィード情報を引用し、表示することができます。
ダッシュボード サイトのトップページに表示する情報(Wiki, RSS, コンテンツの変更情報など)をカスタマイズすることができます。
カテゴリとタグ コンテンツにタグをつけることで、コンテンツをグルーピングし、検索を容易にすることができます。
アクションとルール コンテンツに対し、手動または自動によるルール(JavaScript, Web Script)を実行することができます。
これによって、Word ドキュメントを PDF に変換したり、別フォルダに移動させたりすることができます。また、独自のアクションを JavaScript や Web Script を使って定義することも可能です。
スペース機能 1つのリポジトリ内に、複数のインテリジェントなフォルダ階層型管理の空間(部屋)を用意し、この中でコンテンツを管理することができるので、用途や目的に応じて、スペースを分けてコンテンツを管理し、アクセスするユーザを分けることが可能です。

企業間のセキュア情報共有を実現する
オープンソースECM「Alfresco」のEnterprise版とCommunity版の違い

どちらの製品も同じ共通コードをベースにしていますが、Alfresco Enterpriseは企業向けの機能が強化されており、Alfresco Communityに比べて管理性、拡張性、接続性に優れます。

比較項目 Community Enterprise
アドオン — 製品の拡張機能をダウンロード、インストールする機能 (詳しくは、http://addons.alfresco.com/をご覧ください)
管理 — 組み込みの管理コンソールを使ってAlfrescoのサブシステムを設定し、再起動可能(XML設定ファイルを編集したり、変更を読み込むためにサーバーを再起動したりする必要がありません) ×
分散構成・クラスタ化 —アプリケーションの拡張を容易にする分散構成※.1や可用性を提供するクラスタ構成※.2の導入形態 ×
XAM対応 — XAM規格を使用したコンテンツアドレスストレージ ×
ストレージポリシー — コンテンツのライフサイクル条件に応じて複数のコ ンテンツストレージポリシーを定義可能 ×
変換サーバー — コンテンツをオンラインで見る際の再現性を高める機能 ×
統合性 — 他のビジネスアプリケーション(Jiveなど)との統合 ×
正式な品質管理プロセス — 総合的なQAプロセス ×
  • ※.1 Alfrescoに負荷分散機能はありません。 
    ※.2 Alfrescoにクラスタ機能はございません、別途クラスタソフトウェアが必要になります。
  • Alfresco Communityは正式なQAプロセスを経ずにリリースされますが、Alfresco Enterprise は、総合的なQAプロセスを経てリリースされます。Alfresco Enterpriseの試験では、自動と手動の 両方で性能をテストし、オープンソースと市販のコンポーネントを様々組み合わせた環境でその実用 性を評価します。この厳しいQAプロセスを通じて発見された問題は、リリース前にすべて解決されま す。そのため、Alfresco Enterpriseは企業のお客様が安心してお使いいただけるより堅牢なバージョンであり、多様な技術をベースにした環境にも柔軟に導入できる優れた製品です。 詳細は http://www.alfresco.com/jp をご覧ください

Alfrescoに関するお問い合わせ

  • Alfrescoに関する、より詳しい資料等ご用意しております。お気軽にお問い合わせください。
  • お問い合わせ
  • 資料請求

関連情報

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目Alfresco
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • MongoDB
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • Joomla!
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Chef
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Spring Framework
  • CentOS
  • Courier-IMAP
  • CVS
  • MosP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • ADempiere
  • LISM
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
  • sendmail