OSS紹介

Alfresco

Alfresco最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するAlfresco最新情報

Alfrescoの保守サポートサービスの内容はこちら Alfrescoの導入についてはこちら OSS全般の事例紹介はこちら

Alfresco最新トピック

■2016-07-19
[リリース情報] ECM製品Alfresco(アルフレスコ)とAtlassian製品を連携するアドオン製品「Alfresco for JIRA」を開発!6月23日から提供開始
■2016-06-14
[セキュリティ情報] ImageMagick の MagickCore/draw.c の DrawImage 関数におけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
■2016-05-09
[セキュリティ情報] ImageMagick の脆弱性 (CVE-2016-3714) に関する注意喚起
■2015-12-21
[ニュース・市場動向] Alfresco One:オンプレとクラウドのハイブリッド構成も可能なコンテンツ管理基盤
■2015-11-02
[ニュース・市場動向] 2015年ECM市場(ガートナー)レポートが発表されました。
■2015-09-14
[ニュース・市場動向] Alfresco事例:NASAラングレー研究所の20万件を超える文書のスムーズな移行を可能にしたECMとは
■2015-09-08
[イベント・セミナー] ECMのプロが語る「企業におけるコンテンツ管理のあるべき姿」とは ~ファイルサーバによる情報管理の限界とECMへ移行しなければならない理由~ ?Alfrescoによるプロセスと成果物を連携管理する方法?
■2015-01-30
[イベント] アルフレスコが第3回ハンズオンセミナーを帝国ホテルタワーで開催
■2014-12-18
アルフレスコがAlfresco One 5.0の提供を開始
■2014-11-27
アルフレスコが、新製品でAmazon Web Servicesとさらなる連携へ

すべてを見る

Alfrescoバージョンアップ情報

■2016-05-24
[VerUP]Alfresco Community Edition 5.1.e(リリース日:2016/02/01)
■2016-05-24
[VerUP]Alfresco Community Edition 5.1.d(リリース日:2015/12/01)
■2016-05-24
[VerUP]Alfresco Community Edition 5.1.c(リリース日:2015/10/01)
■2016-05-24
[VerUP]Alfresco Community Edition 5.1.b(リリース日:2015/09/01)
■2016-05-24
[VerUP]Alfresco Community Edition 5.1.a (リリース日:2015/08/01)
■2015-04-05
[VerUP]Alfresco Community Edition 5.0.d(リリース日:2015/03/23)
■2014-12-13
[VerUP]Alfresco Community Edition 5.0.c(リリース日:2014/12/04)
■2014-10-14
[VerUP]Alfresco Community Edition 5.0.b(リリース日:2014/10/06)
■2014-10-03
[VerUP]Alfresco Community Edition 5.0.a(リリース日:2014/06/27)
■2014-03-17
[VerUP]Alfresco Community Edition 4.2.f(リリース日:2014/03/13)

すべてを見る

Alfrescoの概要

Alfresco(アルフレスコ)とは、オープンソースのECM(Enterprise Content Management、企業向けコンテンツ管理)製品(※1)です。

Alfresco(アルフレスコ)は、企業及び組織における構造化されていないファイルやドキュメント、データに対して、検索、関連付け、アクセス制限、バージョン管理、保管期限管理などを含む、様々な機能を提供します。

Alfrescoは、オープンソースによる世界初の本格的ECM製品として、 商用のECM製品Documentumの共同設立者らによって2005年に開発され、 商用製品と遜色のない高い可用性や機能拡張性、機能の豊富さなどが特徴です。

また、Alfrescoは、下記のような実績を持つ世界最大のオープンソースのECM製品です。(2013年7月現在)
・全世界195ヶ国での利用
・1100万人以上の利用者
・450万以上のダウンロード
・70億以上の管理ドキュメント
・欧州司法裁判所、英国国防省、NASAなどの公的機関や大企業など
 1800以上の企業/団体への導入実績あり
・国内でも、野村証券、日本航空インターナショナルなどへの導入実績あり

2008年にはInfoWorld オープンソース最優秀賞(Bossie賞)を受賞、2012年にはGartnerのECMに関するMagic Quadrant で「ビジョナリー」と評価されたなど、 Alfrescoの機能面や性能面の優位性も認められています。

Alfrescoを利用することで、ファイアウォールの外やクラウド内、さらにスマートデバイス(iOS,Android)から企業・組織を横断した文書やファイル、プロセスの管理とコンテンツ共有が可能です。

Alfrescoの現在の最新バージョン(GA)は、Alfresco Community Edition 5.1.eです。(2016年5月現在)

※1
一般的なコンテンツ管理システム(Content Management System ,CMS)は、文字通り、 Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、 サイトを構築したり編集する機能がメインです。
一方、ECMは、構造化されていないデータ(コンテンツ)に対して、コンテンツ毎に リレーショナルデータベース化した属性情報を付与することにより、 検索、紐付け、アクセス管理、バージョン管理、保管期限管理等を コンテンツ、ユーザ毎に実現します。
この仕組みを応用して、アプリケーション連携、ストレージ連携、XML連携、 厳密な記録管理に拡張できるより安全で、しかも使い易く、且つ、 経営資源の効率化(業務効率、スペース、IT)に寄与する、コンテンツ管理(情報管理)が実現できます。
すなわち、ECMでは、Office文書からpdfデータ、tiffデータ、テキスト、イメージ、Webページ、 スプレッドシート、プレゼンテーション、メール、ビデオ、紙文書、帳票、FAX、音声など、 企業・組織が保有するさまざまな種類の情報を組織的・統合的に 登録・保存・管理・利用することが可能なのです。
また、ECMは一般的なCMSよりも高い可用性や機能拡張性を備えています。

TOPに戻る

Alfrescoのライセンス

Alfrescoには、商用ライセンスのAlfresco One(エンタープライズ版、Enterprise Edition)と、 非商用ライセンスのAlfresco Community Edition(コミュニティ版)があります。

商用ライセンスのAlfresco Oneは、サーバのライセンス料や ユーザー数に応じたライセンス料は一切かかりませんが、 利用者は1年間のサブスクリプション(利用料)を支払う必要があります。
サブスクリプションを購入することにより、Alfrescoでの製品テストをパスした、 安定したバージョンを利用することができ、サポートおよびサービスパックが提供されます。
サブスクリプションに含まれる内容については、 http://www.alfresco.com/jp/services/subscriptionをご覧ください。

非商用ライセンスのAlfresco Community Editionは、 LGPL v3ライセンス(Lesser GNU General Public License v3)下で提供され、 有志の開発者によって開発されている無償バージョンです。
Alfrescoの機能を簡単に試すことができ、世界各国の開発者が 日夜新しい機能をいち早く投入したいと取り組んでいるもので、 将来のAlfrescoの姿を有償版のAlfresco Oneに先駆けて試し見ることができます。
ただし、Alfresco Community Editionでは、Alfrescoからのサポートを 受けることはできません。
問題が発生した場合 は、フォーラムや一般向けのナレッジベースで解決方法を検索するか、 コミュニティからアドバイスを得るなどして、自力で問題を解決する必要があります。

Alfresco Community Edition/Alfresco One(商用ライセンス)の違い

  Alfresco Community Edition
(コミュニティ版)
Alfresco One
(エンタープライズ版)
オープンソース
モバイルアプリの利用
安定性、信頼性 ×
プラットホーム オープンソース(DB: My SQL, Postgres,アプリケーションサーバ: Tomcat, JBoss) 左記に加えて、(商用DB:MS SQL Server, Oracle, DB2,アプリケーションサーバ:Oracle Weblogic, WebSphere)が利用可能
品質テストの有無 ×
サポートの有無 ×
パッチ、サービスパックの提供 ×
スケーラビリティ/HA構成の可否 ×
システム設定/構成ツールの有無 ×
Enterprise Cloud Syncの利用 ×

NRIは、アルフレスコ・ジャパン株式会社と正式なパートナーシップを結んでいる、SI・OEMパートナーです。
Alfrescoのライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る

Alfrescoの動作環境

前提となる動作環境は、以下のとおりです。(バージョン4.xの場合)

ハードウェア要件

システム要件(文書/トランザクション数、同時接続ユーザーなど)に依存します。

Alfresco推奨メモリ&サーバあたりのCPU設定(ご参考)

  • 50人同時、または500カジュアルユーザーまでの場合
    ・1.5GB JVM RAM
    ・2Xサーバー CPU(または1xDualコア)
  • 100人同時、または1000カジュアルユーザーまでの場合
    ・1.5GB JVM RAM
    ・4Xサーバ CPU(または2xDualコア)
  • 200人同時、または2000カジュアルユーザーまでの場合
    ・2.5GB JVM RAM
    ・8Xサーバ CPU(または4xDualコア)


サーバ

  4.2 4.2.1 4.2.2 4.2.3 4.2.4 4.2.5 5 5.0.1 5.0.2 5.0.3 5.1 備考
Red Hat Enterprise Linux 7.1 X64                      
Red Hat Enterprise Linux 6.5 X64                
Red Hat Enterprise Linux 6.4 X64            
Red Hat Enterprise Linux 6.1 X64                        
Red Hat Enterprise Linux 5.5 X64                        
Sun Solaris 11.1 X64                
Sun Solaris 10                        
Windows Server 2012 R2 X64  
Windows Server 2008 R2 X64            
CentOS 7                      
Ubuntu 14.04 LTS X64                  
Ubuntu 12.04 LTS X64              
Ubuntu 10.04 LTS X64                        
Suse 12.0 X64                  
Suse 11.3 X64            
Suse 11.1 X64                        

※1 ++ Q&Aと保証は4.2.2に延期
※2 4.2を2013/12/5に保証
※3 4.2を2013/12/5に保証
※4 4.2を2014/1/14に保証


DB

  4.2 4.2.1 4.2.2 4.2.3 4.2.4 4.2.5 5 5.0.1 5.0.2 5.0.3 5.1 備考
MySQL 5.6.26                     ※2
MySQL 5.6.17               ※2
MySQL 5.6           ※3
MySQL 5.5.43(Ubuntu Repo)                   ※2
MySQL 5.5                       ※3
MySQL 5.5 from Ubuntu           ※5
MySQL 5.1.62-3ubuntu12.10(※4)                       ※5
MS SQL Server 2014                     ※7
MS SQL Server 2012 SP1     ※6
MS SQL Server 2008 R2                       ※8
Oracle 12c v12.1.0.2       ※9
Oracle 11g v11.2.0.3           ※12
Oracle 11g v11.2.0.1                       ※11
Oracle 10g v10.2.0.5                       ※12
PostgreSQL 9.4.4                     ※13
PostgreSQL 9.3.6                   ※13
PostgreSQL 9.3.5                   ※13
PostgreSQL 9.2.10                     ※14
PostgreSQL 9.2.4             ※14
PostgreSQL 9.0.13                       ※14
PostgreSQL 9.0.4                       ※14
Amazon Aurora               ※1
Amazon RDS - MySql 5.6.23                 ※2
IBM DB2 10.5                 ※15
IBM DB2 10.1               ※15
MariaDB 10.0.20                     ※2
MariaDB 10.0.14                 ※2
MariaDB 10.0.13                 ※3

※1 mysql-connector-java-5.1.35-bin.jar
※2 mysql-connector-java-5.1.32-bin.jar
※3 mysql-connector-java-5.1.17-bin.jar
※4 MySQL5.1は、Ubuntu aptリポジトリからインストールされ、5.1.49以上のインスタンスを実行するときのみ。
※5 mysql-connector-java-5.1.13-bin.jar
※6 Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.2
※7 Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0
※8 net.sourceforge.jtds.jdbc.Driver - jtds-1.2.5.jar
※9 Ojdbc7.jar use 'jdbc:oracle:thin' in db_url
※10 Ojdbc6.jar use 'jdbc:oracle:thin' in db_url
※11 oracle.jdbc.OracleDriver ojdbc6.jar(jdbc:oracle:oci)
※12 oracle.jdbc.OracleDriver ojdbc6.jar(jdbc:oracle:thin)
※13 postgresql-9.3-1102.jdbc4.jar
※14 postgresql-9.0-802.jdbc4.jar
※15 com.ibm.db2.jcc.DB2Driver db2jcc4.jar



アプリケーションサーバ(※1)

  4.2 4.2.1 4.2.2 4.2.3 4.2.4 4.2.5 5 5.0.1 5.0.2 5.0.3 5.1 備考
Tomcat 7.0.59                
Tomcat 7.0.53                
Tomcat 7.0.52(Ubuntu Repo)                    
Tomcat 7.0.52                      
Tomcat 7.0.42                    
Tomcat 6.0.43                        
Tomcat 6.0.41                        
Tomcat 6.0.35                        
Tomcat 6.0.29                        
Tomcat 6.0.24(Ubuntu リポジトリ)                        
JBoss 6.2.0 EAP     ○? ○? ○? ○?        
JBoss 5.1.1 EAP                        
Oracle WebLogic Server 12.1.3                    
Oracle WebLogic Server 12.1.2     ○? ○? ○? ○?            
Oracle WebLogic Server 11g Rel1 (10.3.5)                        
IBM Websphere 8.5.5.5     ?○ ○? ○? ○?        
IBM Websphere 7.0.0.21                        

※1 SolrはTomcat内で起動している場合のみサポート。よってSolrを使用する際は他のアプリケーションサーバを使用している場合でもTomcatをインストールが必要。



ブラウザ

  4.2 4.2.1 4.2.2 4.2.3 4.2.4 4.2.5 5 5.0.1 5.0.2 5.0.3 5.1 備考
Mozilla Firefox v42                    
Mozilla Firefox v40                      
Mozilla Firefox v37                      
Mozilla Firefox v33                    
Mozilla Firefox v31                    
Mozilla Firefox v30                        
Mozilla Firefox 28.0                      
Mozilla Firefox 27.0.1                      
Mozilla Firefox 25.0                        
Mozilla Firefox 24.0                      
MS Internet Explorer 11      
MS Internet Explorer 10      
MS Internet Explorer 9    
MS Internet Explorer 8            
MS Internet Explorer 7                        
Microsoft Edge                      
Safari 9            
Chrome v44                  
Chrome v40                    
Chrome v37.0                    
Chrome v31.0                  

※1 4.2を2013/12/5に保証
※2 4.2を2013/12/5に保証
※3 4.2を2013/12/19に保証


クライアントOS

  4.2 4.2.1 4.2.2 4.2.3 4.2.4 4.2.5 5 5.0.1 5.0.2 5.0.3 5.1 備考
Windows 10                      
Windows 8.1 X64    
Windows 7 X64  
Windows 7 X32 ?○ ?○            
Windows XP X32                        
Mac OSX 10.10                      
Mac OSX 10.9.5                
Mac OSX 10.9              
Mac OSX 10.8.2            
Mac OSX 10.8.0                        
Mac OSX 10.7.4                        
Ubuntu 14.04.1 Desktop Version                 ○? ?○    

※1 4.2を2014/1/14に保証


認証

  4.2 4.2.1 4.2.2 4.2.3 4.2.4 4.2.5 5 5.0.1 5.0.2 5.0.3 備考
Active Directory LDAP    
NTLM with SSO        
Kerberos with SSO                
AlfrescoNtlm              
OpenLDAP 2.4.39              
OpenLDAP 2.4.23          
OpenLDAP 2.3.43                      
Oracle Directory Server 11.1.2             ※1
Oracle Directory Server 11.1.1.7          
Oracle Directory Server 11.1.1.5.0                      
Kerberos + Alfresco with SSO            

※1 4.2を2013/12/5に保証


JDK

  4.2 4.2.1 4.2.2 4.2.3 4.2.4 4.2.5 5 5.0.1 5.0.2 5.0.3 5.1 備考
Oracle JDK 8 U65 X64                    
Oracle JDK 8 U31 X64                    
Oracle JDK 8 U25 X64                      
Oracle JDK 7 U80 X64                      
Oracle JDK 7 U79 X64                      
Oracle JDK 7 U67 X64                  
Oracle JDK 7 U25 X64              
Oracle JDK 6 U45 X64                        
Oracle JDK 6 U33 X64                        
Oracle JDK 6 U31 X64                        
Oracle JDK 6 U27 X64                        
IBM SDK 7.1                  
IBM Java SDK 1.6.0 SR9 FP2 for V7.0                       ※1
OpenJDK 1.6.0.20                        

※1 IBM JDK2 IBM J9 VM (build 2.4, JRE 1.6.0 IBM J9 2.4 Linux amd64-64 jvmxa6460sr9-20111111_94827 (JIT,AOT)7.0.0.最新を利用


サードパーティ統合

  4.2 4.2.1 4.2.2 4.2.3 4.2.4 4.2.5 5 5.0.1 5.0.2 5.0.3 5.1 備考
IMAP - MS Outlook 2013              
IMAP - MS Outlook 2010            
IMAP - MS Outlook 2007            
IMAP - MS Outlook 2003                        
MS Office 2016                     ?※1
MS Office 2013                
MS Office 2011             ?※2
MS Office 2010              
Sharepoint Protocol - MS Office 2013              
Sharepoint Protocol - MS Office 2011           ※3
Sharepoint Protocol - MS Office 2010            
Sharepoint Protocol - MS Office 2008           ※3
Sharepoint Protocol - MS Office 2007            
Sharepoint Protocol - MS Office 2003                        
Libreoffice 4.0                    
Liferay 6.1.2 ポートレット                  
Liferay 6.0 GA3ポートレット            
Liferay 5.2.3ポートレット            
Kofax Connector V2.0 ※4
Kofax Connector                       ※4
Alfresco S3 Connector V1.3.0.2             ※5
Alfresco S3 Connector V1.3.0                   ※5
Alfresco S3 Connector V1.2.0               ※5
Alfresco S3 Connector V1.1.0                       ※5
Alfresco S3 Connector V1.0.0                       ※5
Centera Connector V1.0.5                 ?※6
Centera Connector V1.0.4                   ?※6
Centera Connector V1.0.3                   ?※6
Centera Connector V1.0.1                     ?※6
Centera Connector V1.0                   ?※6
XAM Connector V1.6.1                      
XAM Connector                        
Records Management V 2.3                
Records Management V 2.2.1                
Records Management V 2.2                  
Records Management V 2.1.1                      
Records Management V 2.1                      
Records Management v2.0.4                        
Records Management V2.0.3                        
Records Management V2.0.2                        
Records Management V2.0.1                        
Records Management V2.0.0                        
Alfresco Google Docs Integration V3.0.3                   ※7?
Alfresco Google Docs Integration V3.0.2 ?○     ※7?
Alfresco Outlook Integration V2.0.1                      
Alfresco Outlook Integration V2.0                  
Alfresco Outlook Integration V1.1.2                      
Alfresco Outlook Integration V1.1.0                  
Alfresco Outlook Integration V1.1                  
Alfresco SDK 2.2                      
Alfresco SDK 2.1                  
Alfresco SDK 2.0                      
Alfresco Media Management v1.0.2            
Alfresco Transformation Server v1.5.2                     ?※8
Alfresco Transformation Server v1.5.1               ?※8
Alfresco Transformation Server v1.5.0                     ?※8
Alfresco Transformation Server v1.4.1   ?○           ?※9
Alfresco Transformation Server v1.4.0                     ?※9
Alfresco Transformation Server v1.3.3                        
Alfresco Transformation Server v1.1.0                        
Alfresco Office Services 1.1                      
Alfresco Analytics v1.1.1                 ?※10
Alfresco Analytics v1.0.x                   ?※11

※1 デスクトップアプリのみ
※2 MacOS
※3 Mac OSX 10.7.4 & Mac OSX 10.8
※4 Kofax Capture 9 SP3 & Kofax 10
※5 AWS S3のみ
※6 Centera ConnectorはXAM connectorの代替
※7 IE9はサポートなし
※8 Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard x64 (English)
   Microsoft Office 2013 Professional Plus with SP1 x86 (English)
   Java Development Kit 1.8 update 5 x86
※9 Microsoft Windows 2008 Server R2 SP1 x64 with the latest hot fixes (English)
   Microsoft Office 2010 SP1 x86 (English)
   Java Development Kit 1.6 update 30 x86 (or later updates of the JDK 1.6)
※10 Chrome v37以上, IE 11, Firefox 31以上, MySql, PostgreSQL
※11 Chrome v37以上, IE 9, 10, 11, Firefox v31以上



関連コンポーネント

  4.2 4.2.1 4.2.2 4.2.3 4.2.4 4.2.5 5 5.0.1 5.0.2 5.0.3 5.1 備考
ImageMagick 6.8.6-6  
ImageMagick 6.5.1/6.7.27/6.5.7                       ※1
SWFTools 0.9.2    
SWFTools 0.8.1/0.9.1                       ※1
OpenOffice 3.2/3.3                       ※1
VMWare ESXi 5.1.03  
VMWare ESXi 5.0  
VMWare ESXi 4                        
FileZilla FTP Client 3.5.1                       ※2
Finder 10.9.4            
Finder 10.9.1               ※3
Finder 10.6.8 ○?           ※3
Ghostscript ※4
LibreOffice 4.2.5.2  

※1 OSによってバージョンを選択
※2 Windowsクライアント用FTP
※3 Mac上のCIFS, WebDav, FTP用
※4 OS別 Ghostscriptsサポート
 ・Ubuntu:Ghostscript 8.71
 ・Rhel 5.5:Ghostscript 8.15.2
 ・SLES 11:Ghostscript 8.62
 ・RHEL 6:Ghostscript 8.70
 ・RHEL 6.4 X64:Ghostscript 8.70
 ・Windows/Solaris:最新安定バージョンもしくはGhostscript 9.0.7

※バージョンによって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

TOPに戻る

Alfrescoの主な特徴

主な特徴は以下のとおりです。

Javaベース AlfrescoはJavaベースのアーキテクチャのため、同じくJavaベースで構築されていることが多い企業情報システムとの親和性が高く、比較的容易に他システムとの連携が行える
高い拡張性 オープンソースポリシーによってソースコード・仕様が公開され、さらにあらかじめ拡張しやすい設計になっているため、機能の追加やカスタマイズが容易
水平方向、垂直方向のスケーラビリティを備える
高い信頼性 HAクラスタ構成に対応し、またホットバックアップの取得も可能など、24時間365日、止まることが許されないミッションクリティカルなシステムにも対応可能
高い開発生産性 Alfrescoプラットフォーム上でより容易にリッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)を開発でき、高性能で生産性が高い
柔軟なインターフェース 使いやすいWebクライアント、共有フォルダと同様のインターフェース(CIFS)、FTPやWebDAVなどが標準で提供され、企業ニーズに合わせて選択可能
次世代標準規格CMISに対応 コンテンツ管理分野の標準規格であるCMISに対応し、様々なシステムと連携可能
ルールによる作業自動化 フォルダごとにルールを設定し、コンテンツの形式変換、移動・コピーなどの処理を自動化
柔軟なアクセス管理 ユーザーまたはグループごとに権限を設定してフォルダー別、ファイル別、プロジェクトサイト別に閲覧可能なユーザーを定義したり、ロールによる更新権限を管理したりなど、複雑な権限設定モデルもサポート
マルチOS/マルチクライアント Alfrescoは、さまざまなサーバOSおよびクライアント環境(Webブラウザ、携帯電話、スマートフォン、タブレット)に対応
ハイブリッドECM Alfrescoは、オンプレミス(On-Premise:自社運用)、クラウド、モバイルの各機能を理想的な形で組み合わせたソリューションを提供可能
充実した企業向け機能 監査証跡、ワークフロー機能など、内部統制の強化にもつながる企業向け機能を用意
充実の機能 文書管理、コンテンツ管理のほか、強力な検索機能、BolgやWikiといったコラボレーション機能なども充実
コスト効果 Alfrescoはライセンス費用がかからないため、商用製品に比べて大幅に導入コストを削減

TOPに戻る

Alfrescoと同様の機能を提供する商用製品

商用ソフトウェア製品では、Oracle Universal Content Management、Microsoft SharePoint、Documentum、IBM FileNet Content Manager、OpenText、Stellentが、Alfrescoと同様の機能を提供しています。

TOPに戻る

Alfrescoの主な機能

主な機能は以下のとおりです。

機能 概要
コンテンツの格納 テキスト、バイナリ形式の両方のコンテンツをサポートします。コンテンツリポジトリは、JSR-170 に準拠し、属性データを格納するデータベースと、実体のファイルを格納するファイルシ ステムより構成されています。
バージョン管理 サブバージョンの管理を含む、基本的なバージョン管理モデルを提供しています。
アクセス権管理 コンテンツに対する基本的なアクセス権モデルを提供しています。また、システム全体に対 するアクセス権も設定できます。
認証管理 リポジトリ内にユーザ ID, パスワードを安全に管理します。この他、LDAP や Active Directory による認証機能もご利用できます。
プレビュー コンテンツをダウンロードすることなく、内容を確認することができます。
編集 チェックイン、チェックアウト機能による、排他制御による編集機能を提供しています。
文書のドラッグ&ドロップ HTML5 をサポートするブラウザで、直接ファイルをドラッグ&ドロップして Alfresco にコンテ ンツをアップロードすることができます。
Microsoft Office との連携 SharePoint プロトコルのサポートにより、Office ドキュメントをチェックアウトすることなく、オ ンラインでドキュメントを編集し、編集が終了後には自動的にチェックインされます。
Google Document との連携 Google ドキュメントを直接チェックアウト、または新規で作成することができます。文書をリ アルタイムで共同編集し、再度 Alfresco に戻して安全に保管できます。
カスタムタイプのサポート ユーザ独自のタイプを設定することで、コンテンツの種類ごとに属性データやコンテンツの 関連情報を定義することができ、検索による情報の再利用性が向上します。
検索機能 Apache Solr による Google スタイルの検索および、JSR-170 準拠の XPath による検索を サポートします。
ワークフロー Activiti による強力なワークフロー機能をサポートします。
クラウドのサポート Alfresco in the cloud でクラウド上でのコンテンツ管理機能を提供します。 また、Cloud Sync(2012/8 リリース予定)により、オンプレミスのAlfresco と Alfresco in the cloudのコンテンツを同期させることができるので、 社外ユーザに対して、安全にコンテンツを共有する基盤を提供します。
モバイル機器のサポート iPhone, iPad から Alfresco または Alfresco in the cloudを利用することで、外出先からも 社内にある必要な情報に即座にアクセスすることができます。
外部インターフェイス CIFS, FTP, WebDAV, CMIS および IMAP
ソーシャル機能 お気に入りのコンテンツにお気に入りのマークや、「いいね」をつけて、 コンテンツの重要度や、役に立つ度合いを設定したり、他のユーザをフォローして、 特定のユーザの文書の投稿や編集のアクションを確認することができます。
また、コンテンツを YouTube や Flickr にアップロードしたり、 Facebook, Twitter 等にコンテンツの更新情報を送信することで、 コンテンツの所在や状態を知らせることができます。
データリスト 課題管理や顧客名簿台帳など、Excel のような表形式のデータ表現をサポートしています。
Wiki, Blog Wiki, Blog の機能を提供します。
RSS Alfresco のサイト内の更新情報を RSS フィードで伝えることや、他のサイトの RSS フィード 情報を引用し、表示することができます。
ダッシュボード サイトのトップページに表示する情報(Wiki, RSS, コンテンツの変更情報など)をカスタマイ ズすることができます。
カテゴリとタグ コンテンツにタグをつけることで、コンテンツをグルーピングし、検索を容易にすることができ ます。
アクションとルール コンテンツに対し、手動または自動によるルール (JavaScript, Web Script)を実行することができます。
これによって、Word ドキュメントを PDF に変換したり、 別フォルダに移動させたりすることができます。
また、独自のアクションを JavaScript や Web Script を使って 定義することも可能です。
スペース機能 1つのリポジトリ内に、複数のインテリジェントなフォルダ階層型管理の空間(部屋)を用意し、 この中でコンテンツを管理することができるので、用途や目的に応じて、 スペースを分けてコンテンツを管理し、アクセスするユーザを分けることが可能です。

TOPに戻る

Alfrescoと商用製品との機能比較

Alfrescoと商用製品との機能等の比較は以下のとおりです。

機能 Alfresco 商用製品A 商用製品B
特長 オープンスタンダードをベースにしたECMをオープンソースで提供
業界唯一のハイブリッドECMとモバイルで最先端の情報共有ソリューションを展開
ECMの老舗
紙のキャプチャーからアーカイブまでの幅広い製品群を持つ
ワークフロー・プロセス管理機能、コンテンツ管理機能を一貫したアーキテクチャで提供
適用範囲 分野を問わない、情報の再利用と共有機能が充実 製薬系での利用が多い、承認ワークフロー、ケースマネージメント機能が充実 金融系の記録管理ソリューションが充実
ユーザーインターフェイス
ドラッグ&ドロップによるドキュメント登録 ◯(Java Plug-in不要) ◯(Java Plug-in必要) ◯(Java Plug-in必要)
プレビュー機能 × ×
サムネイル表示 △(オプション必要) △(オプション必要)
ギャラリービュー × ×
Office文書の直接編集 × ×
GoogleMap連携 × ×
GoogleDoc連携 × ×
自動メタデータ自動抽出 × ×
ファイル/フォルダ階層管理 × ×
サイト単位の情報管理 × ×
Wiki × ×
Blog × ×
カレンダー機能 × ×
ディスカッション × ×
データリスト × ×
ごみ箱機能 × ×
ソーシャル機能(いいね、お気に入り、コメント) × ×
ユーザーダッシュボード × ×
サイトダッシュボード × ×
ユーザーの情報共有サイトへの招待 × ×
WebDAVでのアクセス × ×
FTPでのアクセス × ×
CIFSでのアクセス × ×
SNS(Facebook, Flicker, Twitterなど)へのパブリッシング × ×
UIの他言語対応
デスクトップSync × ×
リポジトリ
チェックイン/チェックアウト機能
アクセス権管理
バージョン管理
属性管理
カスタム属性の追加
属性検索
全文検索
ワークフロー
メールサーバ機能 × ×
監査証跡の記録
マルチテナント機能 × ×
記録管理 △(オプション必要) △(オプション必要) △(オプション必要)
レンディション △(オプション必要) △(オプション必要)
CMIS対応 △(オプション必要) △(オプション必要)
ハイブリッドクラウド
パブリッククラウド × ×
クラウドとオンプレミスとの同期機能 × ×
モバイル
iOSアプリの有無 ×
Androidアプリの有無 × ×
文書の閲覧 ×
ワークフロー承認機能 × ×
ドキュメント編集/セーブバック機能 × ×
オンプレミス、クラウド両方へのアクセス × ×
拡張性
開発言語 Java Java, .Net Java, .Net
SDKの有無
ソースコードへのアクセス × ×
その他
無償バージョンの提供 × ×
インストーラのサイズ 約560MB 約1,200MB 不明

TOPに戻る

Alfrescoの画面イメージ

  • Alfresco ダッシュボード

Alfresco ダッシュボード

こちらをクリックすると、別ウィンドウで大きな画面イメージが開けます

TOPに戻る

Alfrescoに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • MongoDB
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • Joomla!
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Chef
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Spring Framework
  • CentOS
  • Courier-IMAP
  • CVS
  • MosP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • ADempiere
  • LISM
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
  • sendmail
?
<--!-->