OSS紹介

Apache Axis2

Apache Axis2最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するApache Axis2最新情報

Apache Axis2の保守サポートサービスの内容はこちら Apache Axis2の導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Apache Axis2最新トピック

■2012-04-17
[リリース]Apache Axis2 1.6.2

すべてを見る

Apache Axis2バージョンアップ情報

■2016-10-31
[VerUP]Apache Axis2 1.7.4(リリース日:2016/10/21)
■2016-06-14
[VerUP]Apache Axis2 1.7.3(リリース日:2016/05/30)
■2016-05-17
[VerUP]Apache Axis2 1.7.2(リリース日:2016/05/02)
■2016-02-29
[VerUP]Apache Axis2 1.7.1(リリース日:2016/02/20)
■2016-02-01
[VerUP]Apache Axis2 1.7.0(リリース日:2016/01/18)
■2016-01-12
[VerUP]Apache Axis2 1.6.4(リリース日:2015/12/28)
■2015-07-21
[VerUP]Apache Axis2 1.6.3(リリース日:2015/06/27)
■2012-04-28
Apache Axis2 1.6.2 (リリース日:2012/04/17)
■2012-03-28
Apache Axis2 1.5.6 のリリース
■2012-03-28
Apache Axis2 1.6.1 のリリース

すべてを見る

更新日:2016-06-14

Apache Axis2の概要

Apache Axis2(アパッチアクシス ツー)とは、JavaとXML技術に基づいた、Webサービス/ SOAP / WSDLエンジンです。

Apache Axis2(アパッチアクシス ツー)は、Apache Web Services プロジェクトのサブプロジェクトとしてスタートしたApache Axisの後継プロジェクトです。
Apache Axis2(アパッチアクシス ツー)は、SOAP実装だけでなく、REST(Representational State Transfer)スタイルのWebサービスへの対応、XML 指向の強化、効率性とモジュール性の強化など、Apache Axisから大幅に機能改善されています。
Apache Axis2(アパッチアクシス ツー)は、Apache Axis2/Java と Apache Axis2/Cの2つの実装方式があり、Webサービスを担うインフラストラクチャとして数多くの導入実績があります。

Apache Axis2/Java(アパッチアクシス ツー)の現在の最新バージョン(GA)は、Apache Axis2/Java 1.6.4、1.7.4、Apache Axis2/C 1.6.0です。(2016年10月現在)

TOPに戻る

Apache Axis2のライセンス

Apache Axis2(アパッチアクシス ツー)は、Apache 2.0ライセンスです。
Apache License(アパッチ・ライセンス)のコードが使用されていることの明記を条件に、ソースコードの自由な改変と公開が認められています。
Apache Axis2(アパッチアクシス ツー)のライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Apache Axis2の動作環境

前提となる動作環境は、以下のとおりです。(Apache Axis2/Java バージョン 1.7.0の場合)

名称 条件
Java Development Kit (JDK) 1.5以上
ディスク 標準バイナリディストリビューションと別におよそ11MB
OS(動作確認済み) Windows XP, Linux, Mac OS X, Fedora core, Ubuntu, Gentoo
Apache Ant(サンプル実行および Axis2 バイナリディストリビューションからWARファイルを作成するビルドツール) 1.6.5 以降
Apache Maven 2.x(ソースディストリビューションからAxis2をビルドするときにのみ必要なビルドツール) 2.0.7 以降(Maven 1.xはサポートなし)

※バージョンによって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

TOPに戻る

Apache Axis2と同様の機能を提供する商品製品

商用ソフトウェア製品では、Microsoft .NET Framework(この製品を単独で利用する場合は無償)が、Apache Axis2と同様の機能を提供しています。

TOPに戻る

Apache Axis2の特徴

主な特徴は以下のとおりです。

Webサービスのための新プロトコルに対応 Apache Axisで未対応だった、WS-ReliableMessaging、WS-Security、WS-Addressingなどの新しい各種プロトコルに対応
AXIOMの採用 AXIOM(AXIs Object Model)と呼ばれるストリームに直接アクセスできるオブジェクトモデルを採用
非同期型Webサービス メッセージ指向の非同期型Webサービスを実現
高性能 Apache Axisよりも処理速度や安定性などが大幅に向上
コスト効果 Apache Axis2はライセンス費用がかからないため、商用製品に比べコストを削減することが可能

TOPに戻る

Apache Axis2の主な機能

主な機能は以下のとおりです。(Java版)

  • SOAPメッセージ送信
  • SOAPメッセージの受信と生成
  • 標準JavaクラスのWebサービス生成
  • WSDLを利用したサーバ/クライアント両方の実装クラス生成
  • WSDLエンジン
  • 添付ファイル付きのSOAPメッセージ送受信
  • RESTベースのWebサービスの生成と利用
  • WS-Security、WS-ReliableMessaging、WS-Addressing、WS-Coordination、WS-Atomic Transaction を利用したサービスの生成と利用

TOPに戻る

Apache Axis2のダウンロード

Apache Axis2 ダウンロードページ

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
?
<--!-->