OSS紹介

DRBD

DRBD最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するDRBD最新情報

DRBDの保守サポートサービスの内容はこちら DRBDの導入についてはこちら OSS全般の事例紹介はこちら

DRBD最新トピック

■2016-05-30
[ニュース・市場動向] 災害対策システム構築に向けた、パブリッククラウドの仮想マシンの準備手順 (1/2)
■2016-03-21
[ニュース・市場動向] クラウドサーバと結ぶVPN環境を「OpenVPN」で構築する(前編) (1/3)
■2016-02-22
[ニュース・市場動向] 今こそ真剣に考える「災害対策システム」──クラウドと「DRBD Proxy」ですぐ構築する方法 (1/3)
■2015-11-23
[イベント・セミナー] 12/09 豪華2本立て『オープンソース入門』 『元ストレージ屋が語るDRBD9の実力 ~DRBD9 for OpenStack とは?~』
■2015-10-26
[技術情報] 「高可用性システム」で、DRBDをどう活用するか (1/3)
■2015-09-07
[技術情報] DRBD(Distributed Replicated Block Device)とは何か (1/2)
■2015-08-18
[ニュース・市場動向] 多ノードへパーテーションをまるごとレプリケーション NFSなどのファイルシステムをマスタースレーブ構成でスケールアウトが可能 DRBD9の概要
■2015-08-18
[ニュース・市場動向] DRBDユーザーズガイド日本語版(バージョン8.4)を公開しました
■2015-08-18
[イベント・セミナー] 9/8?9/10 Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築(3日間コース)
■2015-02-15
[ニュース・市場動向] Linuxにおけるデータ保護・災害対策のサードウェアがCorosyncの企業向けサポートを開始

すべてを見る

DRBDバージョンアップ情報

■2016-02-15
[VerUP]DRBD 9.0.1(リリース日:2016/02/07)
■2015-12-21
[VerUP]DRBD 8.4.7-1(リリース日:2015/12/17)
■2015-08-10
[VerUP]DRBD 9.0.0(リリース日:2015/07/10)
■2015-04-13
[VerUP]DRBD 8.4.6(リリース日:2015/04/07)
■2014-06-15
[VerUP]DRBD 8.4.5(リリース日:2014/06/02)
■2013-10-22
[VerUP]DRBD 8.4.4(リリース日:2013/10/12)
■2013-10-02
[VerUP]DRBD 8.3.16(リリース日:2013/09/20)
■2013-02-13
DRBD 8.4.3 (リリース日:2013/02/05)
■2012-12-26
DRBD 8.3.15 (リリース日:2012/12/18)
■2012-10-28
DRBD 8.3.14 (リリース日:2012/10/19)

すべてを見る

DRBDの導入メリット

DRBD(ディーアールビーディー)は、Linuxプラットフォームに対応する分散ストレージシステムです。ネットワークを介して自動的に、指定したパーティションのミラーリング・バックアップを、永続的に実施します。システムに何らかの障害が発生した際の冗長化、地震や火事など不測の災害対策に備 えてご検討ください。

ブロックデバイスへの修正に対しても、人為的措置を必要とせず、フルオートメーションで同期化されるので、サーバの保守・運営に要するコストを大幅に削減するとともに、人為的ミスも結果的に最小限まで抑えることにも繋がるでしょう。

TOPに戻る

DRBDの特長

DRBD(ディーアールビーディー)は、次のような特長があります。

  • サーバのミラーリングがオートメーション化できる
  • 低コストでのデータ保守・管理ができる
  • 導入への技術的・金銭的敷居が低い
  • 小規模から大規模(30以上のノード)のデータレプリケーションに対応できる
  • 維持コストがほとんど不要

TOPに戻る

こんなお客さまにDRBDの導入をオススメ

次のようなお客様に、DRBD(ディーアールビーディー)の導入をオススメします。

  • 高価なサーバ監視システムを見直して維持コストの削減を図りたい
  • システムの冗長化を図りたい
  • 事故や災害でのデータ紛失という最悪のリスクに対策したい
  • データの管理・保守に関わるミスやトラブルを根絶したい
  • 安定したサーバサービスを提供したい

TOPに戻る

DRBDのライセンス

LICENCEDRBD(ディーアールビーディー)ソフトウェアは、GPL V2(※)ライセンスです。
ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則として、ソースコードの自由な改変も認められています。
DRBD(ディーアールビーディー)のライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

※GNU General Public Licenseの略。

TOPに戻る

DRBDのダウンロード

DRBD ダウンロードページ

TOPに戻る

DRBDに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目Alfresco
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • MongoDB
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • Joomla!
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Chef
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Spring Framework
  • CentOS
  • Courier-IMAP
  • CVS
  • MosP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • ADempiere
  • LISM
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
  • sendmail
?
<--!-->