OSS紹介

Jaspersoft

Jaspersoft最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するJaspersoft最新情報

Jaspersoftの導入やサブスクリプションご購入は、フォームからお問い合わせください 情報分析やレポートツールの導入、課題解決はこちら Jaspersoftの事例紹介はこちら

Jaspersoft最新トピック

■2017-08-28
[ニュース・市場動向]Talendが2017年 Gartner Magic Quadrant for Data Integration Toolsにおいて、リーダーに位置付けられる
■2015-08-24
[最新情報更新] NRI OpenStandia OSS紹介ページ 統合BIソリューション Jaspersoft 最新バージョン情報に更新
■2015-03-04
[新着] Jaspersoft価格改定、Express EdtionからReporting Edtionへ変更
■2014-10-17
NRI OpenStandia Jaspersoftソリューションの価格表を更新
■2014-09-25
Visualize.js - JasperReports 向けの JavaScript 可視化ライブラリ
■2014-09-08
Jaspersoft Community 地図コンポーネント
■2014-07-28
JasperReportsの基本 Jaspersoft Community
■2014-06-17
Jaspersoft Business Intelligence Resource Center(Whitepapers and datasheets download)
■2014-06-15
Jaspersoft 5.6 ハイライト
■2014-05-26
Jaspersoft製品の操作についてのビデオ一覧

すべてを見る

Jaspersoftバージョンアップ情報

■2017-10-23
[VerUP]Jaspersoft Studio (Community版) 6.4.3(リリース日:2017/10/16)
■2017-07-03
[VerUP]Jaspersoft Studio (Community版) 6.4.0(リリース日:2017/06/28)
■2017-07-03
[VerUP]JasperReports Library (Community版) 6.4.1(リリース日:2017/06/28)
■2017-07-03
[VerUP]JasperReports Server (EnterpriseEdition) 6.4.0(リリース日:2017/06/30)
■2016-10-11
[VerUP]Jaspersoft Studio (Community版) 6.3.1(リリース日:2016/10/03)
■2016-10-11
[VerUP]JasperReports Library (Community版) 6.3.1(リリース日:2016/10/03)
■2016-07-04
[VerUP]Jaspersoft Studio (Community版) 6.3.0(リリース日:2016/06/24)
■2016-06-28
[VerUP]JasperReports Library (Community版) 6.3.0(リリース日:2016/06/20)
■2016-05-17
[VerUP]Jaspersoft Studio (Community版) 6.2.2(リリース日:2016/05/06)
■2016-05-17
[VerUP]JasperReports Library (Community版) 6.2.2(リリース日:2016/05/06)

すべてを見る

更新日:2017-02-27

Jaspersoftの概要

Jaspersoft(ジャスパーソフト)とは、世界中で広く使用されているオープンソースの統合ビジネスインテリジェンス(BI)製品(※1)です。

Jaspersoft(ジャスパーソフト)は、Javaベースの統合的なBIスイートです。
レポートデザインと画面表示機能、ダッシュボード機能、OLAP(※2)分析機能、ETL(※3)機能など、従来の商用製品と同等の機能と性能を備えています。
Linux、Windows、Unix、Oracle、DB2、MySQL、PostgreSQL、MongoDB、Hadoopなど、様々な環境にも対応しています。

Jaspersoft(ジャスパーソフト)は日本でも注目されていますが、海外では先行して高い人気を誇ります。
世界中の政府機関、官公庁や大企業での利用実績も数多くあります。
 ・合計1,600万以上の製品ダウンロード数
 ・商用サブスクリプション利用企業(団体)は世界100カ国(地域)で 1,800以上
 ・13万以上のアプリケーションへ組み込み

さらに、Jaspersoft(ジャスパーソフト)は、下記のように機能面や性能面の優位性、導入実績も認められています。
 ・2009年 InfoWorld オープンソース最優秀賞(Bossie賞)受賞
 ・2010年 SIIA主催「ベストクラウドインフラストラクチャプラットフォーム」部門
  CODiE賞(Jaspersoft Cloud BI)受賞
 ・2010 Magic Quadrant for Business Intelligence Platformsに掲載
 ・2013年 InfoWorld's 2013 Technology of the Year Award入賞
 ・2013年 テスティングアワードTESTA「Best Overall Use of Technology」受賞
 ・2014年 Info-Tech Research Group「Mid-Market Business Intelligence」部門優勝

Jaspersoft(ジャスパーソフト)はオープンソースであり、TIBCO Jaspersoft (※.1)の社員であるコアな開発メンバーや登録デベロッパーによって構成されるJaspersoftのコミュニティ(JasperForge.org)によって開発されています。
これは、無償版として公開されています。
Jaspersoft(ジャスパーソフト)のコミュニティは、オープンソースBIでもっとも活気あるコミュニティとして、InfoWorld 100も受賞しています。
 ・約25万セッション (月間平均)
 ・約1,000万ページビュー (月間平均)
 ・23万人以上の登録デベロッパー
 ・約350アクティブなプロジェクト

Jaspersoft(ジャスパーソフト)は、上記の無償版であるCommunity版ほのか、TIBCO Jaspersoft社が販売するJasperReports Server Enterprise等の機能拡張版の商用版ソフトウェアがあります。
商用版ソフトウェアであっても、従来の商用BI製品と比較すると、約10分の1のコストで済み、コスト削減効果は高いと試算されています。


Jaspersoft(ジャスパーソフト)の現在の最新バージョン(GA)は、
・JasperReports Library (Community版) 6.3.1
・Jaspersoft Studio (Community版) 6.3.1
・iReport Designer (Community版) 5.6.0
・JasperReports Server (Enterprise版) 6.3.0
・iReport Professional (Enterprise版) 5.6.1
・Jaspersoft ETL (Enterprise版) 6.2.1です。(2017年2月現在)

(※1)ビジネスインテリジェンス(BI)製品:業務システムなどから生じる、企業内の膨大なデータを、蓄積・分析・加工して、経営の意思決定に活用するためのソフトウェアです。企業の競争優位を確立し、経営や業務、ビジネスリスクなどの見える化を可能にするため、このBIソフトへの関心が一段と高まっています。
(※2)OLAP:On-line Analytical Processingの略で、企業が蓄積した大量の元データを多次元データベースに格納し、これを様々な角度から検索・集計して視覚化するシステム。
(※3)ETL:Extract/Transform/Loadの略で、データの抽出、変更・加工、ロードを表します。

TOPに戻る

Jaspersoftのライセンス

Jaspersoft(ジャスパーソフト)は、オープンソースのBI製品であり、利用者が利用用途に応じて無償版(Jaspersoft Community Projects)の「GPLライセンス(GNU General Public License)」か、商用版(Jaspersoft BI Enterprise Edition 、Jaspersoft BI Professional Edition、Jaspersoft BI Express Edition等)の「商用ライセンス」のいずれかを選択する、「デュアルライセンスモデル」を採用しています。

利用者は、その用途やシステム用件に応じて、「GPLライセンス」か「商用ライセンス」を選択します。

GPLライセンスは、個人・企業を問わず、ライセンス費用はかからず、無償で利用できます。ダウンロード、利用、ソースの改変、配布することができます。ただし、Jaspersoft(ジャスパーソフト)の使用にあたってGPLのライセンス使用条件に従う必要があり、また商用製品として使用する場合などは使用条件を詳細に確認する必要があります。

商用ライセンスは有料ですが、Jaspersoft(ジャスパーソフト)製品の組み込み型ビジネス・コマーシャル版の再販権、オンデマンドSaaSアプリケーションサービスなど、さまざまな形態でのビジネス展開が行えます。

Jaspersoft(ジャスパーソフト)の商用ライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る

Jaspersoftと同様の機能を提供する商品製品

同様の機能を提供する商用製品としては、以下のようなものがあります。

  • Oracle Business Intelligence
  • SAP BusinessObjectsシリーズ
  • IBM Cognos
  • Dr.Sum EA
  • Microsoft SQL Server 2008 の Reporting

同じオープンソース製品では、Pentaho が Jaspersoftと同様の機能を提供しています。

TOPに戻る

Jaspersoftの商用製品との機能比較

商用製品との機能比較は以下のとおりです。

  Jaspersoft Pentaho 商用製品A 商用製品B 商用製品C 商用製品D
多言語対応 × ×
レポート管理 オプション オプション
アドホックレポート オプション ×
レポートとセマンティックレイヤー統合 × ×
レポートスケジューリング ×
ダッシュボードとレポートの統合 オプション ×
Pixel単位のレポート・帳票作成 オプション(SVF) △(Crystal Report)
印刷イメージのページコントロールされたレポート・帳票作成 オプション(SVF) △(Crystal Report)
Flash,地図やポータルとの統合 オプション オプション
OLAP分析&キューブ OLAPエンジンMondrianを統合、MDX規格もサポート(ROLAP) OLAPエンジンMondrianを統合、MDX規格もサポート(ROLAP) × × OLAP Module (ROLAP) キューブ作成可(MOLAP)
In-Memory Analysis アドホックなインターラクティブ・クロス集計による分析 × ○独自の集計エンジン × × ×
JBoss、Tomcat、インフラサポート × × ○(JBoss除く)
データ統合(ETL) OSSのETLとして最も利用されているTalendを採用、SAPやSalesforce等の多数コネクタ標準装備 自社ETL オプション オプション オプション(別途ETL必要) オプション(別途ETL必要)
SaaS/Cloud対応マルチテナンシー × × × ×

TOPに戻る

Jaspersoftの主な機能

主な機能は以下のとおりです。

  • レポートデザイン機能
  • レポート出力機能
  • レポート管理機能
  • ダッシュボード機能
  • アドホッククエリー機能
  • データ分析機能
  • データ・インテグレーション機能
  • Jaspersoftの製品群と主な機能(最新版Jaspersoft6.3.0)
製品 主な機能 利用者
JasperReports Library レポート出力機能、レポート管理機能(Javaレポーティング・ライブラリー) レポート開発者
Jaspersoft Studio eclipceベースのレポートデザイナー(レポート開発環境) レポート開発者
Jaspersoft iReport Designer クライアントソフトウェアベースのレポートデザイナー(レポート開発環境)
※2015年12月にサポート打ち切りとなり、Jaspersoft Studioに置き換わる
レポート開発者
JasperReports Server ダッシュボード、アドホック、クエリー、インターラクティブ分析管理機能を含むレポーティングサーバ ビジネスユーザー
Jaspersoft OLAP インターラクティブOLAPデータ分析機能 ビジネスユーザー(主に経営者など分析を主とする)
Jaspersoft ETL データインテグレーション機能(ETLツール) 開発者 & データベース管理者

コミュニティ版と商用版の機能比較は、「Jaspersoftのエディション別 機能比較」をご覧ください。

Jaspersoftの製品群

TOPに戻る

Jaspersoftの特徴

主な特徴は以下のとおりです。

高い安定性と信頼性
豊富な導入実績 製品ダウンロード数は合計1,600万、世界100カ国(地域)で 1,800以上の商用サブスクリプション利用企業(団体)あり(2013年8月現在)
商用サポートあり 日本市場では、NRIが包括的なパートナーシップに基づき、日本語サポートを提供
さらに、NRIが提供するサポートサービスでは、Jaspersoftをはじめ、周辺のOSSまでワンストップでサポート
汎用性・拡張性
Javaベース JaspersoftはJavaで開発されているため、同じくJavaベースで構築されていることが多い企業情報システムとの親和性が高い
シンプル あらゆるアアプリケーションとデータセットに適用可能
単一製品アーキテクチャ モジュール化、共有サービス、プラグイン・アウトの容易性・アドオンに対応
SaaS対応 オンプロミスあるいはオンデマンドに対応する コモンプラットフォーム
簡単に始められる ダウンロード・設計・開発・カスタマイス・デプロイ・管理を一元的に
Web 最新のWEB技術によるWebベース、シンクライ アント・ユーザーインターフェース
グローバル対応 ユニコード対応、タイムゾーン対応、地域選択、多言語対応、インターナショナル・ローカライズド
組み込み可能 SOA、Webサービス、Java、HTTP、JSP、CSS インテグレーションそしてカスタマイズ可能なインタフェース
カスタマイズ&拡張可能 変更可能なソースコードへのフルアクセス・カスタマイズ可能ユーザーインターフェース
標準オープンWeb 100% ピュアJava、open XML オブジェクト定義、Webサービス
マルチプラットフォーム Jaspersoftのプラットフォームは、Web サービス、Java、PHP、C++、HTTP API で構成されているので、Linux、Windows、UnixなどなどのさまざまなOSプラットフォームやDB2、MySQL、PostgreSQLなどの主要DB上で稼動
企業向け機能の充実
BIスイート製品 レポーティング、多次元情報分析、ETLまで、必要な機能が全て含まれたBIスイート
豊富なアドホッククエリー BIメタデータ層で作成された定義を利用することで、データベースやSQLクエリーの仕組みを理解していないビジネスユーザーでも、簡単なドラッグアンドドロップ操作で自分でクエリーを作成し、検索結果を表示可能
柔軟なレポーティング 日本でユーザーニーズの高い、帳票や細かいコントロールが必要なレポート表現が実現可能
また、上記のクエリーによる検索結果をレポートやダッシュボードなどにマッシュアップ、動的に条件を変更してレポートや帳票を汎用的に利用でき(半定型レポート)、柔軟なパラメータ設定も可能
ダッシュボード セルフサービスダッシュボードビルダーによって、ビジネスユーザー自身でダッシュボードの定義、利用が可能
豊富なチャート 棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフ、散布図グラフ、バブルチャートなどの豊富な内蔵チャートを備えるほか、拡張可能なチャートオプションもあり
セキュアなレポート管理 ビジネスユーザー、管理者向けのシンプルかつセキュアなレポート管理機能が充実
企業情報ポータルとの連携 「JSR 168 ポートレットに関する仕様」に準拠しているため、レポーティングツールおよび BI 機能を企業情報ポータルと連携して利用可能
マルチテナンシー 1つのサーバー環境を区切って複数の企業に複数のサービスを提供することができ、SaaS事業にも最適
操作性
直観的な操作 アドホッククエリーは簡単なドラッグアンドドロップ操作や、分かりやすいファンクションメニュー、フォーマット定義で利用可能
HTML5ベースのビジュアライゼーション ビジネスユーザーがデータをより簡単に操作できる先進のビジュアライゼーションエンジンを搭載
コスト削減効果
OSS 初期ライセンス費用が不要、低価格なサブスクリプションライセンスで、TIBCO Jaspersoftが中心となって開発した高品質の製品を利用できる
価格体系 サーバ課金の価格体系、すなわちユーザ数に依存しない価格体系であり、将来のユーザ数増加時にも対応しやすい
低額なETLツール 従来の商用BI製品では、ライセンス費用や別売りのETLツールが非常に高額であるが、Jaspersoftはこれらのサブスクリプションライセンス費用も低い
そのため、商用BI製品と導入・運用費用を比較すると、約10分の1で済み、コスト削減効果が高い

TOPに戻る

Jaspersoft 6.3の動作環境 ※.1

前提となる動作環境は、以下のとおりです。

○:動作保証済み、△:互換性あり

  • アプリケーションサーバ(※.4)
  バージョン 商用版 コミュニティ版
Apache/Jakarta Tomcat 6.0, 7.0, 8.0
WildFly 8.x, 9.x
JBoss EAP 6.x
IBM WebSphere (WAS) 8.5.5.8  
GlassFish 4.1  
Oracle WebLogic Server 10.3.6, 12c  

※1 推奨する最小システム構成として、2コアCPU、メモリ4G、空きディスク容量10GB

  • ウェブブラウザ
  バージョン 商用版 コミュニティ版
Mozilla Firefox 42.0以降
Microsoft Internet Explorer ※.2 9, 10, 11
Microsoft Edge 20.0以降
Apple Safari 9.0以降
Google Chrome 44.0以降
Adobe Acrobat 10以降
Apple iPad iOS Safari 7.0以降
※.2 互換モードは非サポート

  • ヘッドレスブラウザ
  バージョン 商用版 コミュニティ版
PhantomsJS(MacOS) 1.9.8  
PhantomsJS(Linux、Windows) 2.1.1  


  • データベース
  バージョン 商用版Data Source 商用版Server Repository コミュニティ版Data Source コミュニティ版Server Repository
Relational: JDBC 2.1 + SQL-92 (※.9)    
Bean      
JNDI      
Jaspersoft OLAP (Mondrian) Connection      
XML/A Connection      
Custom (例:Hibernate、XML等)        
MySQL
5.5, 5.6,5.7




Oracle RDBMS 11g R2    
12c


PostgreSQL 9.1以降
IBM DB2 9.7, 10.1, 10.5
   
Microsoft SQL Server 2012, 2014
   
Microsoft SQL Azure 最新バージョン



Infobright 3.2、3.4      
Vertica 4.1, 5.1, 6.1      
JBoss Teiid 8.7
     
Greenplum Database 3.3
     
4.0, 4.2.3




Ingres Vectorwise 2.0.2, 2.5      
Netezza 6.0      
Hadoop Hive
Cloudera 4.0.x-5.1(Hive 0.8x-0.13x)
Apache Hadoop(Hive 0.8x-0.12x)
     
Amazon EMR(Hive 0.8x, 0.9x, 0.11x)




Sybase ASE 15.7      
Teradata 13.10 ○※.3      

※3 JSR Domain feature Derived Tables および Caluculated Field は非サポート

  • Bigデータ認定サポート

(Jaspersoftにより動作確認済み)


コネクションタイプ ※.5
備考
MongoDB
TIBCO JDBC ドライバ
・ドメイン※.6およびVDSのサポート
・SQLサポート
・arrays, unwinding array, nested documents サポート
・ドメインJDBCスキーマ設定ツールサポート
・プッシュダウンWHERE句サポート
サポートバージョン
・2.4.8,2.6,3.0,3.2

ネイティブドライバ
・カスタムデータソースによるドメイン※.6およびVDSのサポート
・SQL以外のネイティブAPIサポート
・arrays, unwinding array, nested documents サポート

Hive 1, 2
TIBCO JDBC ドライバ
・ドメイン※.6およびVDSのサポート
・SQLサポート
・プッシュダウンWHERE句サポート
・プッシュダウンサポート
サポートバージョン
・Clouder 4.5-5.5
・HDP 1.3-2.3

Impala
TIBCO JDBC ドライバ
・ドメイン※.6およびVDSのサポート
・SQLサポート
・プッシュダウンWHERE句サポート
・プッシュダウンアグリゲーションサポート
サポートバージョン
・Impala 1.3.1 および 2.0(CDH 4.5, 5.0, 5.1

Cassandra
ネイティブドライバ
・ドメイン※.6およびVDSのサポート
・カスタムデータソースサポート
・SQLサポート
・プッシュダウサポート
サポートバージョン
・Apache Cassandra 1.2-2.3

Spark SQL
TIBCO JDBC ドライバ カスタムデータソースによるドメイン※.6およびVDSのサポート
・Spark クエリのサポート

サポートバージョン
1.1,1.2,1.3,1.4,1.5

※5 Virtual Connection は JasperReports Server(JRS) でのみサポートします。
※6 コミュニティ版の場合はドメインを使用できません。

  • ビッグデータ互換サポート

過去のリリースで部分的にテストされ、上位互換として動作すると思われるもの


コネクションタイプ
備考
Hive 1, 2
ネイティブ、バーチャル
・MapR2.0(Hive version 0.9x)
・HDP 2.1(Hive version 0.13x)
・Amazon EMR(Hive version 0.8x,0.9x,0.11x)
ElasticSearch
JSSおよびカスタムデータソース
・バージョン1.4
Salesforce(API Version 29)
TIBCO JDBC ・プロダクトバージョン 5.1.3
  • OS
  バージョン 商用版 コミュニティ版 インストール方法
Microsoft Windows 32-bit or 64-bit(x86-64)(※.7) Vista SP2(※.8),2008 R1/R2, 7 SP1(※.8),8, 8.1,2012,10 自動インストーラにはApache Tomcat8.0、PostgreSQL9.3がバンドルされている。手動でインストールする場合はWARファイルを使用する。
Red Hat Enterprise Linux (RHEL)(32-bit or 64-bit) 5.5, 5.6, 6.1, 6.4以降,7.0以降 自動インストーラにはApache Tomcat8.0、PostgreSQL9.3がバンドルされている。手動でインストールする場合はWARファイルを使用する。
Novell SUSE Linux Enterprise Server (SLES)(32-bit or 64-bit) 12.1 自動インストーラにはApache Tomcat8.0、PostgreSQL9.3がバンドルされている。手動でインストールする場合はWARファイルを使用する。
Apple Mac OS X 10.8, 10.9, 10.10 自動インストーラにはApache Tomcat8.0、PostgreSQL9.3がバンドルされている。手動でインストールする場合はWARファイルを使用する。
Apple iPad iOS 6.0以降 適用不可。ユーザーはSafariブラウザを介してサーバに接続。
iPhone iOS - Mobile SDK 8.0以降   適用不可。ユーザーはネイティブアプリを介してサーバに接続。
Android - Mobile SDK 4.0以降   適用不可。ユーザーはネイティブアプリを介してサーバに接続。
Solaris SPARC 10, 11 手動WARファイル
Fedora 21,22 手動WARファイル
Debian Linux 6.0 (PowerPC,x86-32,x86-64) 手動WARファイル
HP-UX 11.23、11.31 手動WARファイル
FreeBSD 8.1 手動WARファイル
IBM AIX 6.1 手動WARファイル
CentOS 5.x, 6.4, 7.0 手動WARファイル
Ubuntu 12, 14.04 LTS 手動WARファイル

※7 Jaspersoft OLAP Schema Workbenchは、XP SP2/SP3、Vista SP2、7 SP1が必要、Jasper Studioは現行の全てのWindowsで使用可能
※8 Vistaおよび7ではインストールの実行に管理者権限が必要

  • Java Virtual Machines (JVM)
  バージョン 商用版 コミュニティ版
Oracle/Sun Java JDK / JRE(32-bit or 64-bit) 1.7,1.8
IBM Java JDK / JRE (for WebSphere)(32-bit or 64-bit) ※.9 1.7  
OpenJDK RunTime Environment (IcedTea6 1.9.7) 64-Bit Server VM (build 19.0-b09, mixed mode)※.9 1.7,1.8  

※9 Jaspersoft Studio は IBM Java JDK, OpenJDK はサポート対象外

  • Jaspersoft ODBO Connect
  バージョン 商用版 コミュニティ版
Microsoft Excel 2003, 2007,2010 32-bit(※10),64-bit(※11)  
Microsoft Windows Vista、7  
Microsoft .NET Framework 2.0  

※10 ODBOバージョン1.0.7が必要
※11 11 ODBOバージョン1.0.8以降が必要

  • Jaspersoft OLAP Schema Workbench
  バージョン 商用版 コミュニティ版
NetBeans IDE 6.5.1~6.8


  • Jaspersoft ETL (バージョン6.0.1)
アプリケーションサーバ バージョン 商用版
Oracle Java/JDK 8
Apache/Jakarta Tomcat 7,8
JBoss EAP 6.2
Oracle Weblogic 12c


  • JasperReports Server サポート言語

・英語
・フランス語
・ドイツ語
・スペイン語
・ポルトガル語(ブラジル)
・イタリア語
・日本語
・簡体字中国語

  • JasperStudio サポート言語

・英語
・イタリア語

※バージョンによって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

TOPに戻る

Jaspersoftのエディション別 機能比較

Jaspersoft BIの、エディション別の機能比較は以下のとおりです。

  Jaspersoft BI Community Jaspersoft BI Express Jaspersoft BI for AWS (Hourly) Jaspersoft BI Professional Jaspersoft BI Enterprise
機能
ピクセル単位のレポートデザイナ
レポーティングエンジン
インタラクティブレポート表示
インタラクティブレポート保存  
サーバリポジトリ
レポートスケジューリング
モバイルBI
ユーザー毎のアクセス制御
Visualize.js

アドオン
アドホックレポートデザイナ    
メタデータレイヤ    
データ仮想化    
ダッシュボード    
インメモリ データ分析    
インタラクティブデータビジュアライゼーション    
データインテグレーション  アドオン
  アドオン アドオン
OLAP Server(※12)     アドオン アドオン
マルチテナント機能     アドオン
監査ログ機能     アドオン
サポート
コミュニティフォーラム
コミュニティWiki
高度なドキュメント
オンライン学習ポータル アドオン アドオン アドオン アドオン
プレミアムサポート




標準サポート   アドオン 
AWSプロフェッショナルサポート  


ライセンス
ライセンス種別 GPL 商用 商用 商用 商用
CPUコア単位でのライセンス    
従量制ライセンス(時)        

※12 Microsoft SQL ServerのAnalysis Servicesへの接続サポートと同様にMondrian ROLAPエンジンを含む

※バージョンによって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
?
<--!-->