OSS紹介

JBoss

JBoss最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するJBoss最新情報

JBossの保守サポートサービスの内容はこちら JBossの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい JBossの事例紹介はこちら

JBoss最新トピック

■2016-08-01
[ニュース・市場動向] レッドハット、Java EE 7準拠のアプリケーションサーバを国内でも提供
■2016-07-04
[ニュース・市場動向] レッドハット、「JBoss EAP 7」と「JBoss Core Services Collection」の提供を開始
■2016-02-08
[ニュース・市場動向] 2016年のJavaはどこに向かう? 標準化の最新動向、開発手法のトレンドを見る
■2016-02-08
[ニュース・市場動向] JBossのオープンソース版「WildFly 10」が公開
■2015-11-16
[セキュリティ情報] Javaライブラリにリモートコード実行の脆弱性--JBoss、WebSphere、WebLogicなどに影響
■2014-11-14
JBoss EAP 6 での EJB 呼び出しが Connection reset by peer エラーで失敗する
■2014-10-27
10/15更新 JBoss Enterprise Application Platform 6.2 開発ガイド
■2014-08-30
Red Hat JBoss Enterprise Application Platform で使用される RESTEasy における任意のファイルを読まれる脆弱性
■2014-04-05
Red Hat JBoss Fuse/A-MQ 6.0.0セキュリティアップデート
■2014-03-10
Red HatのJBossチームがWild Fly 8をローンチ-Java EE 7をフルサポート,組み込み可能な新Webサーバを装備

すべてを見る

JBossバージョンアップ情報

■2016-05-24
[VerUP]Jboss EWS (RedHat) 3.0.3(リリース日:2016/05/17)
■2016-05-17
[VerUP]JBossEAP (RedHat) 7.0.0(リリース日:2016/05/10)
■2016-05-09
[VerUP]JBoss Enterprise BRMS Platform 6.3.0(リリース日:2016/05/05)
■2015-12-21
[VerUP]Jboss EWS (RedHat) 3.0.2(リリース日:2015/12/16)
■2015-12-14
[VerUP]JBoss Enterprise BRMS Platform 6.2.0(リリース日:2015/12/07)
■2015-11-02
[VerUP]WildFly 9.0.2(リリース日:2015/10/26)
■2015-10-05
[VerUP]jBPM(Community版) 6.3.0.Final(リリース日:2015/09/26)
■2015-09-14
[VerUP]Jboss EWS (RedHat) 3.0.1(リリース日:2015/09/10)
■2015-08-01
[VerUP]WildFly 9.0.1(リリース日:2015/07/23)
■2015-08-01
[VerUP]WildFly 8.2.1(リリース日:2015/07/23)

すべてを見る

JBossの概要

JBossとは、Java EE(※)準拠アプリケーションサーバを中心としたオープンソースのミドルウェアです。
JBossにはオープンソースソフトウェア開発コミュニティによって開発、運営されている、40以上のさまざまなプロジェクトがあります。

JBossは、1999年にEJBコンテナとして開発されて以来、旧JBoss Inc.の社員であるコアな開発メンバーによる機能改善が繰り返され、2002年には、JBoss 2.4が『JavaWorld』誌のBest Application Server賞を受賞したことがきっかけとなり、オープンソースのJavaEE サーバとして世界中で認知されるようになりました。

2006年にRed Hatが旧JBoss Inc.を買収したことにより、JBossプロジェクトの運営はRed Hatに引継がれ、2007年には、Red Hatが、さらに安定性や品質を高めたエンタープライズ向けオープンソースミドルウェア製品群として「JBoss Enterprise Middleware」の提供を開始しています。

JBossは、「オープンソースであるので気軽に試すことができる」、「安定性がある」、「動作が軽快」、「管理・開発が容易」などの特徴があり、他の商用Javaアプリケーションサーバと比較しても遜色ない機能と性能を実現しているとして世界中で広く普及し、USではJavaアプリケーションサーバ部門でWebSphereとシェア1、2を争う人気ソフトウェアとなっています。

現在のJBoss製品は、無償で利用できるコミュニティ版と、Red Hat社がサポートするエンタープライズ版に分かれて提供されています。

現在の最新バージョン(GA)は、JBoss AS 7.1.1.Final(Community版)、JBoss ESB 4.11(2012年4月現在)JBoss Enterprise BRMS Platform 5.3.1、6.0.3、6.1.0、6.2.0、6.3.0(2016年5月現在)、  JBoss jBPM(Community) 6.0.1、5.4.0.Final、6.1.0.Final、6.2.0.Final、6.3.0.Final(2015年9月現在)、JBoss EWP 5.2.0、JBoss Enterprise SOA Platform 5.3.1(2013年2月現在)、JBoss EAP 6.4.0、6.3.0、6.2.0、 6.1.1、5.2.0、7.0.0(2016年5月現在)、JBoss EWS 2.0.1、2.1.0、3.0.3(2016年5月現在)、JBoss Seam(Community)3.1.0.Final(2015年12月現在)、(2013年7月現在)、WildFly 8.2.1、9.0.2(2015年10月現在)です。

※Java EE 5より過去のバージョンはJava 2 Platform, Enterprise Edition (J2EE)と命名されていました。JavaEE5は、J2EEの機能性はそのままに、アプリケーションの開発生産性を高めるために多くの機能が追加されました。

TOPに戻る

JBossのライセンス

JBossのライセンスはGNU Lesser General Public License(LGPL)です。JBossは個人・企業を問わず、ライセンス費用はかからず、無償で利用できます。ダウンロード、利用、ソースの改変、配布することもできます。

JBossのライセンス形態は1種類でLGPLのみですが、バイナリファイ ルは2種類あります。コミュニティ版とエンタープライズ版です。
エンタープライズ版は、有償のサブスクリプション契約を結ぶことによってテスト済みで動作保証されたJBossソフトウェア、最新のパッチファイル、バージョンアップファイルを入手できるものです。
このテスト済みのソフトウェアとは、jboss.orgのオープンソースコミュニティから安定したコンポーネントをRed Hat社で再構成させ、企業向けにテスト・品質検査を実施して安定性や品質を高めた製品であり、現在は「JBoss Enterprise Middleware」として提供されています。
さらに、サブスクリプション契約によってJBossの技術サポート、コンサルティング、トレーニング、ドキュメントの提供などが提供されます。
日本においては、NRIが2003年よりJBossの有償サポートサービスを行っており、現在もRed Hatのパートナーとして、JBoss関連の様々なソフトウェアやサービスの提供を実施しています

JBossサブスクリプションの詳細やJBossサポートの詳細は、「OpenStandiaサポート」をご覧ください。

JBossのライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る

JBossの動作環境

前提となる動作環境は、以下のとおりです。

JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 6

Java仮想マシン バージョン
OpenJDK 1.6、1.7
Oracle JDK 1.6、1.7
IBM JDK 1.6、1.7

JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 6 認定済みの構成

OS チップアーキテクチャ Java仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86, x86_64 Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x
IBM JDK 1.7.x
OpenJDK 1.6.x
OpenJDK 1.7.x
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新アップデート) x86, x86_64 Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x
IBM JDK 1.7.x
OpenJDK 1.6.x
Microsoft Windows 2008 Server x86 Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
Microsoft Windows 2008 Server R2 x86_64 Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
Oracle Solaris 10 x86、x86_64、SPARC 64 Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
Oracle Solaris 11 x86、x86_64、SPARC 64 Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x

JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 6との検証済みデータベースおよびデータベースドライバ

データベース バージョン データベース
ドライバー
IBM DB2 9.7 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4
Oracle 11g R1 Oracle JDBC Driver v11
Oracle 11g R1 RAC Oracle JDBC Driver v11
Oracle 11g R2 Oracle JDBC Driver v11
Oracle 11g R2 RAC Oracle JDBC Driver v11
MySQL 5.1 MySQL Connector/J 5
MySQL 5.5 MySQL Connector/J 5
Microsoft SQL Server 2008 Microsoft SQL Server JDBC Driver 3
Microsoft SQL Server 2008 R2 Microsoft SQL Server JDBC Driver 3
PostgreSQL 8.4 JDBC4 Postgresql Driver, Version 8
PostgreSQL 9.1 JDBC4 Postgresql Driver, Version 9
Sybase ASE 15.7 Sybase jConnect JDBC driver v7

JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 6との検証済みWebサーバー/コネクタ

WEBサーバー バージョン OS コネクタ(※)
Application Platform 6.0.0
Apache Web Server(based on Apache 2.2.17)
6.0.0 Red Hat Enterprise Linux 6 (x86, x86_64)
Red Hat Enterprise Linux 5 (x86, x86_64)
Solaris 11 (x86, x86_64, SPARC64)
Solaris 10 (x86, x86_64, SPARC64)
Windows Server 2008 (x86, x86_64)
Windows Server 2008 R2 (x86_64)
mod_cluster 1.2.1 Final
mod_jk 1.2.31
JBoss Enterprise Web Server
(based on Apache 2.2.17)
1.0.2 Red Hat Enterprise Linux 6 (x86, x86_64)
Red Hat Enterprise Linux 5 (x86, x86_64)
Solaris 11 (x86, x86_64, SPARC64)
Solaris 10 (x86, x86_64, SPARC64)
Windows Server 2008 (x86, x86_64)
Windows Server 2008 R2 (x86_64)
mod_cluster 1.2.1 Final
mod_jk 1.2.31
Microsoft IIS 7.5 Windows Server 2008 R2 (x86、x86_64) sapi_redirect 1.2.30
Oracle iPlanet Web Server 7.0 Solaris 11 (x86, x86_64, SPARC64)
Solaris 10 (x86, x86_64, SPARC64)
nsapi_redirector 1.2.32

JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 5

互換性のある構成 - 5
JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 5.0では、以下が完全にサポート対象の、互換性のある構成と考えられます。

Java仮想マシン バージョン
Sun JDK 1.6.x
OpenJDK 1.6.x
IBM JDK 1.6.x
Azul JDK 1.6.x

認定済みの構成 - 5
JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 5では、以下のオペレーティングシステム、チップアーキテクチャ、およびJVMの組合わせが、完全サポート対象の認定済み構成となります。
・すべてのx86チップアーキテクチャは、32ビットのJVMを使ってテストされました。
・すべての64ビットアーキテクチャは、64ビットのJVMを使ってテストされました。
・SPARCおよびRISCチップアーキテクチャは、32ビットのJVMを使ってテストされました。

OS チップアーキテクチャ Java仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86, x86_64 Sun JDK 1.6 Update 27
IBM JDK 1.6.0 SR9 FP2
OpenJDK 1.6.19-b09
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新アップデート) x86, x86_64 Sun JDK 1.6 Update 27
IBM JDK 1.6.0 SR9 FP2
OpenJDK 1.6.19.0-b09
Red Hat Enterprise Linux 4 (最新アップデート) x86, x86_64 Sun JDK 1.6 Update 27
IBM JDK 1.6.0 SR9 FP2
Microsoft Windows 2003 SP2 x86, x86_64 Sun JDK 1.6 Update 27
Microsoft Windows 2008 x86, x86_64 Sun JDK 1.6 Update 27
Microsoft Windows 2008 R2 x86, x86_64 Sun JDK 1.6 Update 27
Solaris 10 x86、x86_64、SPARC 64 Sun JDK 1.6 Update 18
Sun JDK 1.6 Update 27
Solaris 9 x86、SPARC 32/64 Sun JDK 1.6 Update 27

JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 5リリースの一環として、以下のデータベースおよびデータベースドライバの検証と認定が行われました。

データベース バージョン データベース
ドライバー
IBM DB2 9.7 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.11.77
Oracle 11g R2 (11.2.1.0)
11g R2 RAC (11.2.0.1.0)
11g R1 (11.1.0.7.0)
11g R1 RAC (11.1.0.7.0)
10g R2 (10.2.0.4)
Oracle JDBC Driver 11.2.0.2.0
Oracle JDBC Driver 11.2.0.2.0
Oracle 11g R1 (11.1.0.7)
Oracle 11g R1 (11.1.0.7)
Oracle 10g R2 (10.2.0.5)
Sybase ASE 15.0.3 Sybase jConnect JDBC driver v7
Sybase ASE 15.5 Sybase jConnect JDBC driver v7
Microsoft SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2005
Microsoft SQL Server JDBC Driver 3.0
MySQL 5.1
5.0
MySQL Connector/J 5.1.15
MySQL Connector/J 5.0.8 & 5.1.15
PostgreSQL 9.1
8.4
8.3
8.2
JDBC4 Postgresql Driver、Version 9.1
JDBC4 Postgresql Driver、Version 8.4
JDBC4 Postgresql Driver、Version 8.3
JDBC4 Postgresql Driver、Version 8.2
Postgres Plus Advanced Server 9.0 Postgres Plus JDBC Driver, Version 9.0
Ingres 9.2 Ingres Corporation Ingres JDBC Driver、Version 3.0

以下のWebサーバー/コネクタが、JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 5との組合わせで検証され、認定されました。

WEBサーバー バージョン OS コネクタ(※)
JBoss EWS
(Apache Web Server)
1.0.0
(2.2.10)
Red Hat Enterprise Linux 5 (x86, x86_64)
Red Hat Enterprise Linux 4 (x86, x86_64)
Solaris 10 (x86, x86_64, SPARC 64 bit)
Solaris 9 (x86, SPARC 32/64 bit)
Windows Server 2008 R2 (x86, x86_64)
Windows Server 2003 (x86, x86_64)
mod_jk 1.2.28
mod_cluster 1.0.3
JBoss EWS
(Apache Web Server)
1.0.1
(2.2.14)
Red Hat Enterprise Linux 5 (x86, x86_64)
Red Hat Enterprise Linux 4 (x86, x86_64)
Solaris 10 (x86, x86_64, SPARC 64 bit)
Solaris 9 (x86, SPARC 32/64 bit)
Windows Server 2008 R2 (x86, x86_64)
Windows Server 2003 (x86, x86_64)
mod_jk 1.2.28
mod_cluster 1.0.3
JBoss EWS
(Apache Web Server)
1.0.2
(2.2.17)
Red Hat Enterprise Linux 6 (x86, x86_64)
Red Hat Enterprise Linux 5 (x86, x86_64)
Red Hat Enterprise Linux 4 (x86, x86_64)
Solaris 10 (x86, x86_64, SPARC 64 bit)
Solaris 9 (x86, SPARC 32/64 bit)
Windows Server 2008 R2 (x86, x86_64)
Windows Server 2003 (x86, x86_64)
mod_jk 1.2.31
mod_cluster 1.0.10.GA_CP01
Microsoft IIS 7.5 Windows Server 2008 R2 (x86、x86_64) sapi_redirect 1.2.30
isapi_redirect 1.2.28
Microsoft IIS 7.0 Windows Server 2008 R2 (x86, x86_64) isapi_redirect 1.2.30
isapi_redirect 1.2.28
Microsoft IIS 6.0 Windows Server 2003 (x86, x86_64) isapi_redirect 1.2.30
isapi_redirect 1.2.28
Apache Web Server 2.2.15 Red Hat Enterprise Linux 6 (x86、x86_64) mod_jk 1.2.31
mod_cluster 1.0.10.GA_CP01

※Red Hatは、JBoss Enterprise Web Server (EWS)、JBoss Enterprise Application Platform (EAP)に付属するコネクタについてのみ認定とサポートを行っています。


JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 4

互換性のある構成 - 4
JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 4.0では、以下が完全にサポート対象の、互換性のある構成と考えられます。

Java仮想マシン バージョン
Sun JDK 1.5.x、1.6.x
BEA JRockit JDK 1.5.x、1.6.x
HP-UX JDK 1.5.x、1.6.x
IBM JDK 1.5.x、1.6.x
Azul JDK 1.5.x、1.6.x
Open JDK 1.6.x

認定済みの構成 - 4
JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 4では、以下のオペレーティングシステム、チップアーキテクチャ、およびJVMの組合わせが、完全サポート対象の認定済み構成となります。
・すべてのx86チップアーキテクチャは、32ビットJVMとの組合わせでテスト済みです。
・すべての64ビットアーキテクチャは、64ビットのJVMを使ってテストされました。 ・すべてのx86チップアーキテクチャは、32ビットJVMとの組合わせでテスト済みです。

OS チップアーキテクチャ Java仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新) x86、x86_64 IBM System z
s390x (64-bit)
Sun JDK 1.6.0_21
Sun JDK 1.5.0_22
BEA JRockit JDK 1.6.0_14
BEA JRockit JDK 1.5.0_19
IBM JDK 1.6.0 SR7
IBM JDK 1.5.0 SR11 FP1
OpenJDK 1.6.0-b09
IBM JDK 1.5.0 SR5
Red Hat Enterprise Linux 4 x86, x86_64
IBM System z
s390x (64-bit)
s390 (31-bit)
Sun JDK 1.6.0_21
Sun JDK 1.5.0_22
BEA JRockit JDK 1.6.0_14
BEA JRockit JDK 1.5.0_19
IBM JDK 1.5.0 SR7
IBM JDK 1.5.0 SR11 FP1
Azul JDK 1.5.0_11
IBM JDK 1.5.0 SR5
Microsoft Windows 2008 R2 x86, x86_64 Sun JDK 1.6.0_21
Sun JDK 1.5.0_22
BEA JRockit JDK 1.5.0_14
Microsoft Windows 2003 SP2 x86, x86_64 Sun JDK 1.6.0_21
Sun JDK 1.5.0_22
BEA JRockit JDK 1.5.0_14
Solaris 10 x86, x86_64, SPARC 64 Sun JDK 1.6.0_21
Sun JDK 1.5.0_22
Solaris 9 x86, SPARC 32/64 Sun JDK 1.6.0_21
Sun JDK 1.5.0_22
HP-UX i2 RISC, ia64 HP JDK 1.6.0_01
HP-UX JDK 1.5.0.06

JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP) 4のリリースプロセスの一環として、以下のデータベースおよびデータベースドライバの検証と認定が行われました。

データベース バージョン データベース
ドライバー
IBM DB2 9.7 IBM DB2 Universal JDBC Driver 3.61.75
IBM DB2 9.1 IBM DB2 Universal JDBC Driver 3.8.70
Oracle 11g R2 Oracle JDBC driver 11.2.1.0
Oracle 11g R2 RAC Oracle JDBC driver 11.2.0.1.0
Oracle 10g R2 Oracle JDBC driver 10.2.0.4
Sybase ASE 15.0.3 Sybase jConnect JDBC driver v6.05 (Build 26564)
Microsoft SQL Server 2008 Microsoft SQL Server JDBC Driver 3.0
Microsoft SQL Server 2005 Microsoft SQL Server JDBC Driver 3.0
MySQL 5.1 MySQL Connector/J 5.1.13
MySQL 5.0 MySQL Connector/J 5.0.8
PostgreSQL 8.4.4 Postgresql Driver, Version 8.4-704
PostgreSQL 8.3.11 Postgresql Driver, Version 8.3-606
PostgreSQL 8.2.17 Postgresql Driver, Version 8.2-511
Sybase ASE 15.0.3 Sybase jConnect JDBC Driver 6.05
Sybase ASE 15.5 Sybase jConnect JDBC Driver 6.05

※詳細はお問い合わせください。

TOPに戻る

JBossと同様の機能を提供する商用製品

同様の機能を提供する商用製品としては、以下のようなものがあります。

  • Oracle WebLogic Server
  • WebSphere Application Server

TOPに戻る

JBossと商用製品との機能比較

JBossと商用製品との機能および性能等の比較は、以下のとおりです。
JavaEEとしての機能についてはJCPという標準化団体によって仕様が規定されているため、商用製品であってもオープンソースであっても機能面に差はありません。JBossは、JavaEEサーバとしての機能は十分備えています。

仕様 JBoss EAP 商用製品A 備考
JavaEE5 JavaEE5
性能 ミッションクリティカルなシステムでの利用実績も多数
導入実績 国内・海外ともに多数
マルチプラット
フォーム
JBossはさまざまなOSプラットフォームに対応可能
クラスタ対応
キャッシュ機能 × 商用製品では別製品を購入する必要あり
監視機能 監視サーバー、SNMPサポート
インストール JBossにはJSP/Servletコンテナ(Tomcat) や、DBMSが含まれているので、JBossをインストールするだけでWeb アプリケーションの動作環境を構築可能
開発効率 JBossには生産性を高めるフレームワークが標準で着いている
クラウド対応
費用 × 詳細は、「主な機能」の「JBossの費用」を参照
サポート 24時間365日保守対応も可能

JBossの性能面

次に性能面の比較について、NRIで評価した結果をご紹介します。

これを見ると、JBossの性能は商用製品と全く同等であることがわかります。

このようにJBossは、機能や性能で商用のJavaEEサーバと比較してもまったく遜色ありません。事実、ミッションクリティカルなシステムでも多数のJBoss導入実績があります。

JBossの費用

次に費用面の比較について、NRIで算出した結果をご紹介します。

JBossは、その一番の特徴として「オープンソースであること」があげられます。
アプリケーションサーバにかかる費用についてみてみましょう。この費用としては、以下のものが考えられます。

  • 初期導入費用(環境構築)
  • ライセンス費用
  • 保守サポート費用

まず、大きな違いとして、JBossはオープンソースであるためにライセンス費用がかかりません。すなわち、JBossは、サブスクリプションで提供される保守サポート費用のみが必要です。従来の商用製品では、1CPUあたり数十万円から数百万円のライセンス費用がかかり、さらに保守サポート費用が別途かかっていました。
このように、実際に比較してみると、JBossの利用はかなりの費用削減効果があることがわかります。

JBossはライセンス費用がかからないがゆえに、誰でも気軽にインストールでき、環境構築を試すことができます。これも商用製品にはない、JBossの大きな魅力といえます。

TOPに戻る

JBossの主な機能

JBoss Enterprise Middleware

  • JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP):高性能JavaEEサーバ
  • JBoss Enterprise SOA Platform(JBoss ESP):ESB、BPMを含むSOA基盤
  • JBoss Enterprise BRMS:ビジネスルール&管理エンジン
  • JBoss Enterprise Portal Platform(JBoss EPP):高機能Web2.0ポータル基盤
  • JBoss Developer Studio:統合開発環境
  • JBoss Operations Network:多機能管理ツール

JBoss Enterprise Middleware は、エンタープライズ向けに最適化されたオープソースミドルウェア製品群です。
JBoss Enterprise Middleware は、Java EE準拠のアプリケーションサーバーを中心にSOA、ポータル、ビジネスルール管理基盤を提供しています。
また、永続化技術のデファクト Hibernate、Web Framework Kitなど、リッチWebクライアントから標準的なアプリケーション開発フレームワークのテクニカルサポートが提供されます。

JBoss Enterprise Middlewareは、Red Hat Enterprise Linux、Sun Solaris、Microsoft WindowsといったOSプラットフォームに対応しています。

TOPに戻る

JBossの主な特徴

主な特徴は以下のとおりです。

JBossは、高い性能や安定性だけではなく、次のような特徴があります。
NRIが独自にオープンソースの性能を調査した、NRIオープンソースマップ(2008年4月版)でも、「企業システムで安心して利用可能」と評価されています。

Java EE準拠 JBossは、Javaを用いて企業システムを構築するためのアプリケーションサーバの標準規格に準拠しているため、アプリケーションサーバ機能面において商用製品と差がありません
軽快な動作、安定性 JBossは動作が安定していて軽快であるため、商用製品のようにハイスペックなハードウェアを要求することもなく、インストールも簡単です
JSP/Servletコンテナ(Tomcat) や、DBMSが含まれているので、JBossをインストールするだけでWeb アプリケーションの動作環境を構築できます
マルチプラットフォーム 商用製品では、動作環境として自社製品のOS上でしか動作しないといった場合もありますが、JBossは Red Hat Enterprise Linux、Sun Solaris、Microsoft WindowsといったOSプラットフォームに対応しています
高い移植性 JBossはJavaEE準拠であるため、他のアプリケーションサーバ上で稼働しているアプリケーションをJBossへ移植するのが比較的容易です ソースコードレベルの修正はほとんど(あるいはまったく)することなく、各種設定ファイルの変更や動作確認テストを実施するだけで完了します
高い開発効率 JBossは、開発生産性を高めるフレームワーク、運用管理、トランザクション管理など、企業システムで効果を発揮する機能が各種用意されています
JBoss Enterprise Middleware製品群は、商用製品と同等、もしくはそれ以上の、ミッションクリティカルなシステムに十分対応しうるハイエンド機能を揃えています
万全なサポート JBossは開発元のレッドハット株式会社と、パートナー企業提供によるハイレベルで正式なサポートが提供されます
コスト効果 JBossは高機能なJavaEEサーバでありながら、商用製品に比べコストを削減することができます

TOPに戻る

関連OSS

TOPに戻る

JBossのダウンロード

JBossAS ダウンロードページ

TOPに戻る

JBossに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • MongoDB
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • Joomla!
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Chef
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Spring Framework
  • CentOS
  • Courier-IMAP
  • CVS
  • MosP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • ADempiere
  • LISM
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
  • sendmail
?
<--!-->