OSS紹介

Packer

Packer最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するPacker最新情報

Packerの保守サポートサービスの内容はこちら Packerの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Packer最新トピック

すべてを見る

Packerバージョンアップ情報

すべてを見る

更新日:2018-08-17

Packerの概要

Packerは単一のソース構成から複数のプラットフォームに対してマシンイメージを作成するためのオープンソースです。軽量で主要なOS上で実行され高いパフォーマンスを発揮し複数のプラットフォームのマシンイメージを平行して作成します。
マシンイメージの形式はプラットフォーム毎に異なります。EC2のAMI、VMwareのVMDK/VMXファイル、VirtualBoxのOVFエクスポートなどがあります
最新バージョンは1.2.5です(2018年7月現在)

TOPに戻る

Packerの主な特徴

  • 高速なインフラストラクチャ展開: Packerイメージを使用すると数秒でプロビジョニングされ、構築済みのマシンを起動することができます。
  • マルチプロバイダの移植性: 単一ソースから複数のプラットフォームのイメージを作成できるため、AWSのプロダクション環境と、OpenStackでのステージング/QA環境、VMwareやVirtualBoxでの開発環境というようなプラットフォームが混在する場合に対応できます。
  • 安定性の向上:イメージが作成されるときに全てのソフトウェアをインストールして設定します。インストールスクリプトに問題がある場合、イメージ作成時に発見できます。
  • テストの容易性:マシンイメージ構築後、イメージを起動しスモークテスト※1を行うことができます。これにより、Packerでのイメージ作成時に、イメージが正常に動作することを確認できます。
    ※1 コンパイルやビルドした直後にそのソフトウェアが動くことを確認するテスト

TOPに戻る

Packerの動作環境

最新のバージョンで利用できるOSは以下になります。

Max OS X 32bit 64bit
FreeBSD 32bit 64bit Arm
Linux 32bit 64bit Arm
OpenBSD 32bit 64bit
Windows 32bit 64bit

TOPに戻る

Packerのライセンス

Packerのライセンスは、 「Mozilla Public License 2.0」というライセンスに基づいて公開され、営利、非営利を問わず、 誰でも自由かつ無償で利用・改変・再配布できるようになっています。

TOPに戻る

Packerのサポート

現在、OpenStandiaではPackerのサポート提供は行っておりません。

Packerの公式サイト

https://www.packer.io/

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
<--!-->