OSS紹介

OpenLDAP

OpenLDAP最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するOpenLDAP最新情報

OpenLDAPの保守サポートサービスの内容はこちら OpenLDAPの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

OpenLDAP最新トピック

■2014-04-05
VMware vCenter Single Sign-On がサポートする OpenLDAP スキーマの要件
■2014-02-12
OpenLDAP 2.4.39 リリース
■2014-02-08
「LPICレベル3 300 Mixed Environment 技術解説無料セミナー」@東京1/25 開催報告&資料公開
■2013-06-15
[お知らせ]【LDAP環境構築:1】 openldap-servers インストールから起動まで
■2013-05-20
[お知らせ]OLCのみで構築するOpenLDAPのReplica (syncrepl)
■2012-12-12
[お知らせ]SiteMinder+OpenLDAPを提案、パイロットアプリを決め順次移行
■2012-07-10
[お知らせ]入門LDAP/OpenLDAP―ディレクトリサービス導入・運用ガイド

すべてを見る

OpenLDAPバージョンアップ情報

■2016-02-15
[VerUP]OpenLDAP 2.4.44(リリース日:2016/02/05)
■2015-12-07
[VerUP]OpenLDAP 2.4.43(リリース日:2015/11/30)
■2015-08-24
[VerUP]OpenLDAP 2.4.42(リリース日:2015/08/14)
■2015-07-06
[VerUP]OpenLDAP 2.4.41(リリース日:2015/06/21)
■2014-10-03
[VerUP]OpenLDAP 2.4.40(リリース日:2014/09/20)
■2014-02-04
[VerUP]OpenLDAP 2.4.39(リリース日:2014/01/26)
■2013-12-08
[VerUP]OpenLDAP 2.4.38(リリース日:2013/11/16)
■2013-11-06
[VerUP]OpenLDAP 2.4.37(リリース日:2013/10/27)
■2013-08-26
OpenLDAP 2.4.36(リリース日:2013/08/17)
■2013-04-07
OpenLDAP 2.4.35 (リリース日:2013/03/31)

すべてを見る

OpenLDAPの概要

OpenLDAP(オープンエルダップ)とは、ディレクトリ・サービスに接続するために使用されるプロトコルの一つである LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)を実装したオープンソースソフトウェアです。ミシガン大学で開発されてから10年以上の歴史があり、多くのLinuxディストリビューションに含まれて提供され、最も導入実績があるオープンソースのLDAPサーバです。

ディレクトリ・サービスは、ネットワークを利用するユーザ名やマシン名など、ネットワーク上に存在するさまざまな資源(リソース)や情報をディレクトリというデータベースを用いて一元的に管理し、検索するためのサービスです。また、管理する情報に対するアクセスコントロールも提供します。
このディレクトリ・サービスは、Windows、Linux、UNIXなどのさまざまなOSが混在するサーバ環境では、OSやプラットフォームごとに仕様 が異なる場合があります。このような場合、例えばユーザアカウント情報をサーバごと、プラットフォームごとに管理するため、セキュリティや管理負荷の面で多くの課題が指摘されていました。

OpenLDAP(オープンエルダップ)は、このようなマルチプラットフォーム環境でもOSやプラットフォームに依存せずにサーバ間・システム間で認証連携し、ユーザ情報データベースを統合管理してシングル・サインオンを実現することができる共通基盤のオープンソースとして注目されています。ディレクトリ情報の一元的な管理をすることで、管理者の運用管理の作業負荷を大幅に削減できるだけでなく、セキュリティも強化できるためです。

OpenLDAP(オープンエルダップ)の最新バージョンはOpenLDAP 2.4.44(2016年2月時点)となっています。

TOPに戻る

OpenLDAPのライセンス

LICENCEOpenLDAP(オープンエルダップ)のライセンスは、OpenLDAP Public Licenseというライセンスです。OpenLDAP Public Licenseは、GPLと同等に、改変や再配布を誰でも自由に行うことができます。
OpenLDAP(オープンエルダップ)のライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る

OpenLDAPと同類のソフトウェア

商用ソフトウェア製品では、IBMのDirectory Server、MicrosoftのActive Directory、Sun MicrosystemsのSun Java System Directory Server、NovellのNovell Directory Service、アップルのOpen Directory、Red HatのRed Hat Directory Serverが同様の機能を提供しています。

TOPに戻る

OpenLDAPの特長

OpenLDAP(オープンエルダップ)は、次のような特長があります。

  • ライセンス費用はゼロで、無料で使用できる(有償保守サポートを依頼する場合は別途費用がかかる)
  • Unicodeによる国際化対応などを盛り込んだLDAP v3に準拠
  • LinuxやSolaris、HP-UXをはじめ、MacintoshやWindowsなどのさまざまなプラットフォームで利用することができる
  • 数多くのLinuxディストリビューションでLDAPサーバして採用されている

TOPに戻る

関連OSS

TOPに戻る

OpenLDAPのダウンロード

OpenLDAP ダウンロードページ

TOPに戻る

OpenLDAPに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目Alfresco
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • MongoDB
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • Joomla!
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Chef
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Spring Framework
  • CentOS
  • Courier-IMAP
  • CVS
  • MosP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • ADempiere
  • LISM
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
  • sendmail
?
<--!-->