OSS紹介

Spring Framework

Spring Framework最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するSpring Framework最新情報

Spring Frameworkの保守サポートサービスの内容はこちら Spring Frameworkの導入についてはこちら Spring Frameworkの事例紹介はこちら

Spring Framework最新トピック

■2016-07-25
[ニュース・市場動向] Javaシステム開発の強い味方「Spring Framework」の活用は『Spring徹底入門』で!
■2014-05-04
Java8向けSpringアップデート発表
■2014-04-24
Spring Bootリリース
■2014-03-17
Webinar Replay:Spring Data Repositories-Best Practices 資料公開
■2014-03-17
Deploying Spring Boot Applications
■2014-03-17
Spring AMQP 1.3.0 Release Candidate Available
■2014-03-17
Final Service Release for Spring Data Release Train Babbage
■2014-01-29
ブログ:Spring Boot 1.0.0.RC1 リリース
■2014-01-29
ブログ:It's easier than ever to create or contribute to a Getting Started Guide
■2014-01-29
ブログ:Webinar Replay:Introduction to Spring Framework 4.0 資料公開

すべてを見る

Spring Frameworkバージョンアップ情報

■2016-08-01
[VerUP]Spring Framework 4.3.2(リリース日:2016/07/29)
■2016-07-12
[VerUP]Spring Framework 4.3.1(リリース日:2016/07/04)
■2016-07-12
[VerUP]Spring Framework 4.2.7(リリース日:2016/07/04)
■2016-06-21
[VerUP]Spring Framework 4.3.0(リリース日:2016/06/14)
■2016-05-17
[VerUP]Spring Framework 3.2.17(リリース日:2016/05/06)
■2016-05-17
[VerUP]Spring Framework 4.2.6(リリース日:2016/05/06)
■2016-02-29
[VerUP]Spring Framework 4.2.5(リリース日:2016/02/25)
■2016-02-15
[VerUP]Spring Framework 3.2.16(リリース日:2014/04/01)
■2015-12-21
[VerUP]Spring Framework 4.2.4(リリース日:2015/12/17)
■2015-12-21
[VerUP]Spring Framework 4.1.9(リリース日:2015/12/17)

すべてを見る

Spring Frameworkの導入メリット

Spring Framework(スプリングフレームワーク)は、Javaプラットフォームを対象としているオープンソースアプリケーションフレームワークです。

従来のウェブアプリケーションが共通して抱えていた諸問題、つまり「仕様変更に弱い」、「プログラム単体でのテストが困難」、「メンテナンスや再利用が困難」といった弱点は、Spring Framework(スプリングフレームワーク)の導入で解決します。この新しいプラットフォームを選択することで、ウェブアプリケーションはもっと拡張性が向上して、仕様変更への対応力も強化され、他システムへの再利用も容易となるのです。

広範囲なインテグレーションが可能なことからも、導入事例は急増しており、Javaプラットフォームの新たなメインストリームとして注目を集める技術です。

TOPに戻る

Spring Frameworkの特長

Spring Framework(スプリングフレームワーク)は、次のような特長があります。

  • 仕様の変更や拡張に強い
  • 複雑なアプリケーションをもっと効率的にリデザインする設計思想
  • 広範なインテグレーションへの対応力
  • ワンストップでの完結を可能とする豊富なモジュール群
  • 従来の主要プラットフォームだったEJBからの完全な代替・置換・追加

TOPに戻る

こんなお客さまにSpring Frameworkの導入をオススメ

次のようなお客様に、Spring Framework(スプリングフレームワーク)の導入をオススメします。

  • 仕様変更や拡張の際に発生する膨大な工数とコストを縮減したい
  • これまでのフレームワークを見直して作業効率の改善を図りたい
  • 周辺アプリケーションの肥大化により作業が繁雑化していると感じている
  • 開発するアプリケーションを使いきりではなく他の事例にも流用していきたい
  • EJBで実現していた機能を無理なく継承したい

TOPに戻る

Spring Frameworkのライセンス

LICENCESpring Framework(スプリングフレームワーク)ソフトウェアは、Apache 2.0ライセンスです。
Apache License(アパッチ・ライセンス)のコードが使用されていることの明記を条件に、ソースコードの自由な改変と公開が認められています。

TOPに戻る

Spring Frameworkのサポート

NRI OpenStandiaではSpring Frameworkのエンタープライズ向けサポートを提供しています。不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る

Spring Frameworkのダウンロード

Spring Framework ダウンロードページ

TOPに戻る

Spring Frameworkに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • MongoDB
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • Joomla!
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Chef
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Spring Framework
  • CentOS
  • Courier-IMAP
  • CVS
  • MosP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • ADempiere
  • LISM
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
  • sendmail
?
<--!-->