OSS紹介

Fedora

Fedora最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するFedora最新情報

OSSの保守サポートサービスの内容はこちら OSSの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

更新日:2020-02-21

Fedoraの概要

Fedora(フェドラ)は、Linuxディストリビューションのひとつである、オープンソースのOSソフトウェアです。2003年末に開発が終了したRed Hat Linuxの後継としてプロジェクトがスタートしました。コミュニティ主導で現場の声を積極的に取り入れ、高度で柔軟な、先進的機能の導入を行っているところに特長があります。

Fedora(フェドラ)が先進性にこだわる理由には、企業向けの商用LinuxであるRed Hat Enterprise Linuxへのフィードバックという目的があります。ですから、同じくLinuxディストリビューションとして人気が高い「Ubuntu」などと比較した場合、もっとも明確に現れる違いは「先進性」と「安定性」のバランスです。ただし、2010年5月にリリースされたFedora(フェドラ)バージョン13は 安定性も大幅に改善されており、機能試験的な用途だけでなく、常用できるOSとしての評価も高めています。

プラットフォームごとにエディションが用意されており、サーバ版の「Fedora Server」、ワークステーション版の「Fedora Workstation」に加え、プレビュー版ながら、コンテナ向け版の「Fedora CoreOS」、不変(イミュータブル)なデスクトップ環境を提供する「Fedora Silverblue」、IoT向けに特化した「Fedora IoT」の計5つのエディションが提供されてます。
新しく便利な機能を一刻も早く取り入れたいというニーズが優先される方々には、Fedora(フェドラ)はファーストチョイスとなるでしょう。

Fedora(フェドラ)はバージョン6までFedora Core(フェドラコア)という名称で呼ばれていましたが、バージョン7からFedora(フェドラ)に変更されています。
2015年6月にリリースされたFedoraバージョン24では一度ビルドしたデスクトップアプリケーションを他のLinuxディストリビューション上でもインストール/動作可能な状態にするFlatpak(旧名"xdg-app")機能が追加されました。

TOPに戻る

Fedoraの特長

Fedora(フェドラ)は、次のような特長があります。

  • 最新技術をより早く導入
  • ハードウェアの自動検出・インストール機能
  • 従来バージョンの課題だった安定性がFedora13で大幅に向上
  • システムのロールバック機能を標準搭載
  • Red Hatを母体にしておりユーザ数が多い

TOPに戻る

こんなお客さまにFedoraの導入をオススメ

次のようなお客様に、Fedora(フェドラ)の導入をオススメします。

  • 最新のフリー/オープンソフトウェアを積極的に試用したい
  • 最新ハードウェアへの対応も早い方が良い
  • 先進性と安定性が高いレベルで両立していてほしい
  • サポートや機能追加の窓口は信頼できる団体で運営されていてほしい
  • Red Hat LinuxやRed Hat Enterprise Linuxをこれまで使ってきた

TOPに戻る

Fedoraの動作環境

前提となる動作環境は、以下の通りです。 インストールに必要な最低要件

  • 1GHz以上のプロセッサー
  • 1GBのシステムメモリ
  • 10GBの未使用ドライブ領域
※Fedora 31以降、32bitアーキテクチャ(i686)向けOSの提供は行われなくなります。

TOPに戻る

Fedoraの主な特徴

主な特徴は以下の通りです。


Fedora29
Fedora30
Fedora31
カーネル
Linux 4.18
Linux 5.0
Linux 5.3
インターフェース
GNOME 3.30
GNOME 3.32
GNOME 3.34
パッケージ管理
RPM/DNF
RPM/DNF
RPM/DNF
SELinux

ログ取得
journal
journal
journal

プラットフォーム別の特徴は以下の通りです。

Workstation
Fedora desktopからのリニューアル。開発者向けの機能を強化しており、さまざまなプログラミング環境を迅速に設定出来る。
Server
ファイルサーバ、Webサーバ、データ ベースサーバ、IaaS向けを含む多種なサーバ用途向け。
CoreOS (プレビュー)
Fedora Atomic Hostからのリニューアル。OS機能を最小限にした、 コンテナ向けのエディション。自動アップデート機能が特徴の一つ。
Silverblue (プレビュー)
Fedora Atomic Workstationからのリニューアル。イミュータブル(不変)なデスクトップ環境を提供するエディション。
IoT (プレビュー)
IoTプラットフォーム向けのエディション。

TOPに戻る

Fedoraのライセンス

LICENCEFedoraはGPL(※)ライセンスです。
ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則として、ソースコードの自由な改変も認められています。

※GNU General Public Licenseの略。

TOPに戻る

Fedoraのダウンロード

Fedora ダウンロードページ

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO