OSS紹介

Seasar2

Hibernate最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するHibernate最新情報

Hibernateの保守サポートサービスの内容はこちら Hibernateの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい Hibernateの事例紹介はこちら

Hibernateバージョンアップ情報

■2019-08-18
[VerUP]Hibernate 5.3.11.Final(リリース日:2019/04/22)
■2019-08-02
[VerUP]Hibernate 5.4.4.Final(リリース日:2019/07/30)
■2019-06-02
[VerUP]Hibernate 5.4.3.Final(リリース日:2019/05/30)
■2019-04-26
[VerUP]Hibernate 5.3.10.Final(リリース日:2019/04/22)
■2019-03-02
[VerUP]Hibernate 5.3.9.Final(リリース日:2019/02/25)
■2019-02-24
[VerUP]Hibernate 5.3.8.Final(リリース日:2019/02/19)
■2019-01-25
[VerUP]Hibernate 5.4.1.Final.(リリース日:2019/01/19)
■2018-12-14
[VerUP]Hibernate 5.4.0.Final(リリース日:2018/12/12)
■2018-10-20
[VerUP]Hibernate 5.3.7.Final(リリース日:2018/10/17)
■2018-09-03
[VerUP]Hibernate 5.1.16.Final(リリース日:2018/08/30)

すべてを見る

更新日:2019-08-18

Hibernateの導入メリット

Hibernate(ハイバネート)は、Javaとリレーショナルデータベースで「O/Rマッピング」を実現するため設計された、オープンソースソフトウェアです。

オブジェクト指向言語で開発されたプログラムからデータベースの読み書きを実行する際、多くのプログラマがストレスにしてきた「同じことを何度も書かなければならない苦痛」を肩代わりするのがHibernate(ハイバネート)の役割。コード全体の記述量を削減することは、作業工数の圧縮と人為的ミスの防止にも繋がります。

Hibernate(ハイバネート)は通常のJavaオブジェクトをベースにした言語であり、その設計と用途もシンプル。導入にさほど負担がかからないこと、用途に合わせて独立開発されたモジュールが充実していることなどから、マッピングライブラリの定番として、世界的に急速な普及が進んでいます。

Hibernate(ハイバネート)の最新バージョンは、4.2.21 final 、4.3.11 final、5.0.12 final、5.1.16 final、5.2.17 final、5.3.11 final、5.4.4 final です。(2019年8月現在)

TOPに戻る

Hibernateの特長

Hibernate(ハイバネート)は、次のような特長があります。

  • オブジェクトとデータベースを効率的にマッピングする
  • 動作が軽い
  • コーディングの記述量を削減できる
  • Javaベースの言語なので新規習得の負担が少ない
  • マッピングライブラリの中では特にユーザ数が多い

TOPに戻る

こんなお客さまにHibernateの導入をオススメ

次のようなお客様に、Hibernate(ハイバネート)の導入をオススメします。

  • プログラミングの工数を減らしたい
  • よりシンプルで美しいコードを書きたい
  • 人為的ミスを減らしたい
  • Javaの技術レベルを向上させたい
  • 用途に合わせて最適なモジュールを使い分けたい

TOPに戻る

Hibernateのモジュール

Hibernate(ハイバネート)では、次のようなモジュールが提供されています。

モジュール名
概要
Hibernate ORM
(Hibernate4.1以前ではHibernateCoreとして 知られた)Java環境でO/Rマッピングを実現するコアモジュール。
Hibernate Search
Hibernateモデルに対するApacheLuceneを使用した 全文検索機能を提供
Hibernate OGM
NoSQLデータストアへデータを格納するための拡張機能を提供
Hibernate Validator
モデルの検証を行う(JSR303:BeanValidatorの実 装)

Hibernateのライセンス

LICENCEHibernate(ハイバネート)のライセンスは、LGPL(※1) v2.1もしくはASL(※2) 2.0ライセンスです。
ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則として、ソースコードの自由な改変も認められています。
Hibernate(ハイバネート)のライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

※.1 GNU Lesser General Public Licenseの略。
※.2 Apache Software Licenseの略。

TOPに戻る

Hibernateのダウンロード

Hibernate ダウンロードページ

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
<--!-->