OSS紹介

Kotlin

Kotlin最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するKotlin最新情報

Kotlinの保守サポートサービスの内容はこちら Kotlinの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Kotlinバージョンアップ情報

すべてを見る

更新日:2019-04-11

Kotlinの概要

Kotlin(ことりん)は、統合開発環境「IntelliJ IDEA」などの開発を行っているチェコのJetBrains社により2011年7月に発表され、2016年2月15日にバージョン1.0が正式リリースされた新しいオープンソースのプログラミング言語です。現在の最新バージョンは1.3.21(2019年3月現在)です。

Kotlinは、JVM(サーバサイド、デスクトップ、その他)、JavaScript、Nativeなどのあらゆる環境で使用できることを目標とし、現在も積極的に開発が進められています。

Kotlinは、2017年のGoogle I/Oにおいて、Android の開発環境であるAndroid Studio 3.0に正式採用され、2018年にGitHub上で最も開発者数が増えたプログラミング言語として注目されています。

TOPに戻る

Kotlinの特長

  • オブジェクト指向のJVM言語として開発されたため、Javaプログラムとの相互運用が可能。
  • null を許容しないNon-Null型の採用により、安全で簡素なコーディングが可能。
  • IntelliJ IDEA、Eclipse、Android Studio 3.0などの充実した統合開発環境が存在する。
  • Android Studio 3.0 のデフォルト開発言語として採用され、急速にユーザー数を伸ばしており、今後も普及が期待されている。
  • Spring Framework 5 がKotlinに正式対応。

TOPに戻る

関連OSS

TOPに戻る

Kotlinのライセンス

KotlinのライセンスはApache License 2.0であり、ユーザーはそのソフトウェアの使用や頒布、修正、派生版の頒布の制限を受けません。

TOPに戻る

Kotlinの入手先

IntelliJ IDEAでの利用方法
https://kotlinlang.org/docs/tutorials/getting-started.html
コマンドコンパイラ
https://github.com/JetBrains/kotlin/releases/latest

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
<--!-->