トップ OSS紹介 Open Policy Agent

Open Policy Agent

NRIのOpenStandiaが提供するOpen Policy Agent最新情報

バージョンアップ情報

Open Policy Agent情報

Open Policy Agentとは

Open Policy Open Policy Agent(OPA)は、元々Styra社で開発された汎用的なポリシーエンジンを持つオープンソースソフトウェアです。ポリシーエンジンはポリシーに違反した情報を発見し、事前に定義されたアクションを実行する機構で、これによりOPAはKubernetesなどの環境全体でポリシーの実施を一元化することが出来ます。

OPAは、Policy as Codeというポリシーをコードとして記述・管理するための宣言型言語(Rego)と、アプリケーションからの問い合わせに対して、ポリシーの評価を行うAPIを提供しています。

OPAをサイドカー、デーモン、ライブラリなどでアプリケーションに統合し、アプリケーション内のリクエスト制御をAPIを介してOPAに問い合わせ、その評価結果からリクエストを制御するアーキテクチャにすることで、アプリケーションからポリシー制御機能を切り離すことが可能となります。このように、OPAによりポリシー制御を分離することで、アプリケーションのコード変更、再デプロイを必要としないポリシー管理や、様々なアプリケーションにおけるポリシー制御を、統一された仕組みで実現することが出来ます。

OPAは、2018年3月にKubernetesなどの開発をホストするCloud Native Computing Foundation(CNCF)にサンドボックスプロジェクトとして参加し、2021年2月にプロジェクトを卒業しました。

主な特徴

機能

詳細

Policy Decoupling

あるアプリケーションがポリシーの判断を必要とする場合、アプリケーションはJSONなどの構造化データをOPAに提供し、OPAはその入力データを評価します。評価結果は任意の構造化データとしてアプリケーションに返し、ポリシーに違反した場合は何らかの処理を実行することが出来ます。

Regoによる記述

OPAは宣言型のクエリ言語であるRegoでポリシーを定義します。Regoはネストされたデータを参照するためのサポートを提供すること、クエリが正確で曖昧さを排除したものであること、命令型の言語と比べてシンプルに記述できること、クエリの最適化によるパフォーマンスの向上ができることが特徴です。

複数環境での利用が可能

OPAは汎用的なポリシーエンジンであり、Kubernetesのみではなく、Docker、Linux、Terraformなどの様々な環境・プロダクトに対して適用することが可能です。またServerとして起動するほか、Goライブラリとしてアプリケーションコードに組み込んだり、対話形式(REPL) でポリシーのテストを実行することも可能です。

ユースケース

OPAはゴールドマンサックス、Netflix、Pinterest、T-Mobileなどを代表とする150以上の企業や組織で利用されています。最も一般的な使用例としては、設定の権限付与とAPIの権限付与で、利用されている環境としてはKubernetes Admission Control環境が全体の半分以上を占めています。

Open Policy Agentの構成

OPAは前述の通り、アプリケーションがポリシーの検証を行う場合は、JSONなどのデータをクエリとしてOPAに渡し、OPAの持つPolicyを元にテスト結果を返します。 PolicyはRegoを使用して定義されたRuleから構成され、1つ以上のRuleを定義したRegoファイルをPolicy Moduleとして、Policy APIを介してOPAに追加できます。
また、OPAで利用するJSONなどの階層型データはDataと呼ばれ、アプリケーションなどの外部からData APIを介してOPAに読み込ませる静的データのBase Documentと、OPAがPolicy(Rule)を元に作成した評価結果であるデータのVirtual Documentの2種類から構成されています。(問い合わせ時の入力データもBase Documentに分類されますが、文脈によってはInput Document、Query Inputと表現されます)

※画像:OPA公式ドキュメントより

Open Policy Agentのライセンス

OPAのライセンスは、「Apacheライセンスバージョン2」(Apache License version2)というライセンスに基づいて公開され、営利、非営利を問わず、誰でも自由かつ無償で利用・改変・再配布できるようになっています。

オープンソース年間サポートサービス

OpenStandiaではOSSを安心してご利用いただけるように、オープンソース年間サポートサービスをご提供しております。
サポートしているOSSは下記ページをご参照ください。

お気軽にお問い合わせください

関連OSS

  • Casbin

    Casbin

    キャスビン。オブジェクトに対する認可を実施するための様々なアクセス制御モデルをサポートする、強力かつ効率的なオープンソースのアクセス制御ライブラリです。

  • Keycloak
    サポート対象

    Keycloak

    キークローク。Red Hat社が提供する最小限の認証機能からソーシャルなどので他サービスへの高機能な認証にも対応する統合認証プラットフォームです。

OSSをそのままお届けするのではなく、システムに必要な最適な機能を提供するのがOpenStandiaソリューションです。
下記コンテンツも
あわせてご確認ください。