OSS紹介

Perl

Perl最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するPerl最新情報

OSSの保守サポートサービスの内容はこちら OSSの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Perl最新トピック

■2017-11-16
[ニュース・市場動向]最も嫌われているプログラミング言語は?--Stack Overflowが調査結果を発表
■2017-10-02
[セキュリティ情報]「ActivePerl」v5.26が公開、脆弱性対策として"@INC"の仕様変更が導入される
■2017-09-04
[ニュース・市場動向]LINE Botを使ってみよう! LINEで始めるチャットボット
■2017-07-18
[ニュース・市場動向] レッドハットが「OpenShift Online」の新バージョンを発表
■2017-06-05
[ニュース・市場動向]【調査レポート】Go言語、Pythonの案件・求人に増加の兆し。COBOLエンジニアのニーズは低落
■2014-11-12
12/20 Perl入学式 in東京 第4回 補講 「サブルーチン(関数)/正規表現編」
■2014-10-31
Perl Hackers Hub 第27回 Perlにおける静的解析(3)
■2014-10-31
Perl Hackers Hub 第27回 Perlにおける静的解析(2)
■2014-10-31
Perl Hackers Hub 第27回 Perlにおける静的解析(1)
■2014-10-18
#Perl入学式 in東京 第3回 レポート

すべてを見る

Perlバージョンアップ情報

■2018-07-02
[VerUP]Perl 5.28.0(リリース日:2018/06/23)
■2018-05-15
[VerUP]Perl 5.26.2(リリース日:2018/04/14)
■2017-10-02
[VerUP]Perl 5.26.1(リリース日:2017/09/29)
■2017-06-05
[VerUP]Perl 5.26.0(リリース日:2017/05/20)
■2017-01-30
[VerUP]Perl 5.24.1(リリース日:2017/01/14)
■2016-05-24
[VerUP]Perl 5.24.0(リリース日:2016/05/09)
■2016-05-09
[VerUP]Perl 5.22.2(リリース日:2016/04/30)
■2015-12-21
[VerUP]Perl 5.22.1(リリース日:2015/12/13)
■2015-10-26
[VerUP]Perl 5.20.3(リリース日:2015/09/12)
■2015-06-08
[VerUP]Perl 5.22.0(リリース日:2015/06/01)

すべてを見る

更新日:2018-09-26

Perlの概要

Perl(パール)とは、1987年にラリー・ウォール氏によって開発されたオープンソースのプログラミング言語です。ラリー・ウォール氏はプログラマの三大美徳(怠惰、短気、傲慢)の提唱者としても有名で、氏らによる著書「プログラミングPerl」は「ラクダ本」として知られています。

Perl(パール)は、JavaやCと異なり、コンパイルを必要としないスクリプト言語であり、コードの作成・修正が簡単なため「軽量プログラミング言語」に分類されています。LinuxやWindows、MacOSなど多くのプラットフォームで動作可能であるため広く普及し、後発の軽量プログラミング言語のPython、Ruby、PHP、JavaScriptなどにも影響を与えました。

Perl(パール)は、Cやシェルスクリプト、awkやsedから多くの機能を取り入れており、ワンライナーと呼ばれる1行のコマンドのようなプログラムから、オブジェクト指向の本格的なプログラムまで作成することが可能です。また、CPAN(Comprehensive Perl Archive Network)には約17万ものさまざまなPerlモジュールが公開されており、これらのモジュールを使用することが可能です。

文法の許容度が高い(やり方はひとつではない)設計思想も、Perl(パール)の特徴であり、愛用者がPerl(パール)を選ぶ理由のひとつです。その反面、読みにくいソースも書けてしまうという問題もあるようです。

Perl(パール)の正規表現をはじめとする強力なテキスト処理機能や、データベースとの連携を行うDBI/DBDは、CGI(Common Gateway Interface)プログラムの作成に適していたため、1990年代後半から2000年代前半にかけてCGIのディファクトスタンダード言語として利用されてきました。

CGIの衰退に伴いPerlは終わったとの声も聞かれ、2014年にはDice Newsの記事「5 Programming Languages Marked for Death」に5つの死に行くプログラミング言語の1つに挙げられましたが、2018年現在においても開発は続けられています。

現在の最新バージョンは5.28.0(2018年8月現在)です。Perl6も存在していますが、再設計されたものであり、ほぼ別の言語となっています。

TOPに戻る

Perlの特長

Perl(パール)は、次のような特長があります。

  • コードの作成・修正の負担が軽い軽量プログラミング言語
  • 多様なプラットフォームに対応しており、Linux系では標準で使用可能
  • CGI構築のディファクトスタンダードとして使用されてきた歴史がある
  • 文法の許容度が高く自由なスタイルで記述できる
  • オブジェクト指向プログラミングにも対応している
  • 多くのモジュールがCPANに公開されている

TOPに戻る

こんなお客さまにPerlの導入をオススメ

次のようなお客様に、Perl(パール)の導入をオススメします。

  • 軽量なプログラム言語を活用したい
  • 文字列演算に適した技術を採用したい
  • CPANの豊富なモジュールを使いたい
  • 独自機能の追加も自由に行いたい
  • CGIプログラムを作成したい

TOPに戻る

Perlのライセンス

LICENCEPerlソフトウェアは、GPL(※)ライセンスです。
ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則として、ソースコードの自由な改変も認められています。
Perl(パール)のライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

※GNU General Public Licenseの略。

TOPに戻る

関連OSS

TOPに戻る

Perlのダウンロード

Perl ダウンロードページ

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
<--!-->