OSS紹介

PostgreSQL

PostgreSQL最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するPostgreSQL最新情報

PostgreSQLの保守サポートサービスの内容はこちら PostgreSQLの導入についてはこちら PostgreSQLの事例紹介はこちら

PostgreSQLバージョンアップ情報

■2020-08-24
[VerUP]PostgreSQL 12.4(リリース日:2020/08/13)
■2020-08-24
[VerUP]PostgreSQL 11.9(リリース日:2020/08/13)
■2020-08-24
[VerUP]PostgreSQL 10.14(リリース日:2020/08/13)
■2020-08-24
[VerUP]PostgreSQL 9.6.19(リリース日:2020/08/13)
■2020-08-24
[VerUP]PostgreSQL 9.5.23(リリース日:2020/08/13)
■2020-07-20
[VerUP]PostgreSQL 9.6.18(リリース日:2020/05/14)
■2020-07-20
[VerUP]PostgreSQL 9.5.22(リリース日:2020/05/14)
■2020-05-25
[VerUP]PostgreSQL 12.3(リリース日:2020/05/14)
■2020-05-25
[VerUP]PostgreSQL 11.8(リリース日:2020/05/14)
■2020-05-25
[VerUP]PostgreSQL 10.13(リリース日:2020/05/14)

すべてを見る

更新日:2020-08-24

PostgreSQLの概要

PostgreSQL(ポストグレエスキューエル)とは、C言語で実装されたオープンソースのオブジェクトリレーショナルデータベース管理システム(ORDBMS)です。
PostgreSQLの前身がカリフォルニア大学バークレー校で開発されて以来、世界中のコミュニティメンバーによる積極的な開発が続けられ、バージョンアップを繰り返す中で多くの機能追加が行われてきました。現在では、PostgreSQLは商用製品と比較しても遜色の無い本格的な機能と信頼性を持っており、MySQLと並ぶ人気のオープンソースデータベースです。

現在サポートされている最新バージョンは、
PostgreSQL 9.4.26、9.5.23、9.6.19、10.14、11.9、12.4です。(2020年8月現在)

PostgreSQLは、バージョン6.3から日本語に対応し、日本語の情報も充実していたため、日本でも早くからさまざまな規模のシステムで幅広く使われてきました。多機能であるという特徴に加え、近年では大規模ユーザ向けの性能改善が積極的に行われたことでスケーラビリティもさらに向上し、大規模システムでのPostgreSQL導入事例も増えてきています。

TOPに戻る

PostgreSQLの動作環境

前提となる動作環境は、以下のとおりです。(バージョン12.xの場合)

  • • OS
    ・Windows
    ・Linux
    ・FreeBSD
    ・OpenBSD
    ・Solaris
    ・HP-UX
    ・AIX
    ・MacOS
  • TOPに戻る

    PostgreSQLのライセンス

    LICENCEPostgreSQLのライセンスは、BSDライセンスやMITライセンスと類似する独自のPostgreSQLライセンスです。
    この独自ライセンスはBSDライセンスやMITライセンスと同様にソースコードを無料で使用できるのはもちろんのこと、著作権表示やライセンス条文、無保証であることを明記すればソースコードを複製・改変して作成した場合でもソースコードを公開せずに頒布することができます。

    TOPに戻る

    PostgreSQLと同類のソフトウェア

    商用ソフトウェア製品では、IBM Informix/Illustra、IBM DB2 、Oracle、PowerGres Plus が同様の機能を提供しています。

    TOPに戻る

    PostgreSQLの特長

    PostgreSQLは、次のような特長があります。

    スケーラビリティと柔軟性

    PostgreSQLは組み込みアプリケーションから大規模データ・ウェアハウスまで幅広く対応できます。
    ただし、PostgreSQLはクライアント/サーバ・アーキテクチャであることからアプリケーションと別プロセスで動作することになります。 ですので、組み込みシステムのアーキテクチャによっては対応できない場合もあります。
    また、専用のミドルウェアのpgpool-IIを利用することで複数構成のPostgreSQLをロードバランシングして利用でき、スケールアウトすることが可能です。

    高機能

    PostgreSQLはANSI SQL2008に準拠し、トランザクション、アーカイブログ、ストアドプロシージャ、ビュー、トリガ、マテリアライズドビューなど、商用DBと遜色の無い多くの機能を実装しています。
    PostgreSQLはスタンダードなSQLに非常に近いため、他のDBと同様のスキルで使用することができます。
    PostgreSQLは高度なオプティマイザを実装しています。
    PostgreSQLのカタログ情報もビューの形式で保持しているため、SQLを用いて統計情報にアクセスすることができます。

    高性能

    PostgreSQLはテーブル・パーティショニングやテーブル・スペースなど大規模システム向けの機能拡張が実装されています

    高可用性

    PostgreSQLではバージョン9.0から標準機能でレプリケーションをサポートしています。
    さらに専用のミドルウェア(pgpool、pgpool-IIなど)を利用することで可用性の高いシステムを実現する方法が複数あります。
    PostgreSQLは欠点とバグの少ない堅牢なコードを提供しています。

    マルチプラットフォーム

    PostgreSQLは、Linux(最近のディストリビューションすべて)、FreeBSD、OpenBSD、NetBSD、OS X、HP/UX、Solaris、UnixWare、Microsoft Windows(Win2000 SP4以降)など、さまざまなOSプラットフォームに対応しています

    マルチバイトコード対応

    PostgreSQLは、日本語その他のマルチバイトコードに対応し、テーブル名、カラム名、格納するデータへのマルチバイトコードの利用やLIKEや正規表現によるマルチバイト検索もサポートしています

    他のDBMSとの比較

    PostgreSQLとMySQL Community Server(マイエスキューエル)との比較結果を下表に記します。

    比較項目
    PostgreSQL
    MySQL
    コメント
    接続時のデータベース指定
    任意
    任意
    データベース指定自体は任意ですが、MySQLでは非選択状態になり、 PostgreSQLの場合はユーザ名と同名のデータベースにログインしようとし、存在しない場合はエラーとなるという違いがあります。
    アーキテクチャ
    マルチプロセス マルチスレッド
    MySQLはプログラム全体が1プロセスで実行されます。
    これに対しPostgreSQLはプログラム以外に1コネクションも1プロセスで動作します。
    Apacheで言う所のWorkerとPreForkのような違いがあります。
    自動キャスト
    なし
    あり
    MySQLでは数値と文字列などの自動キャストを行います。
    これに対し、PostgreSQLでは一切行いません。
    トランザクション内のDDL
    サポートする
    サポートしない
    MySQLではトランザクション内のDDLは自動コミットされるので、 ロールバックできません。
    これに対し、PostgreSQLではトランザクションをサポートしていますのでロールバック可能です。
    returning句
    サポートする サポートしない
    PostgreSQLではINSERTやUPDATEの際に RETURNING句を指定することで戻り値にカラムの値を指定できます。
    開発主体
    コミュニティ
    企業
    MySQLはOracle社が開発・保守を行い、PostgreSQL ではコミュニティが主体となって開発・保守を進めています。
    ライセンス
    PostgreSQL
    GPL
    MySQLのコミュニティ版はGPLです。
    それに対し、PostgreSQLは前述の通りBSDライセンスに類似した独自のPostgreSQLライセンスです。

    このように、PostgreSQLはMySQL(マイエスキューエル)と比較すると、標準的なSQLに準拠している厳格なDBMSだといえます。

    独自のデータ定義

    PostgreSQLは、「ユーザ定義データ型」を定義できます

    万全なサポート

    PostgreSQLはNRIをはじめとした企業提供によるハイレベルで正式なサポートが提供されます

    コスト効果

    PostgreSQLは高機能なDBMSでありながら、データベースのライセンスコストを削減することができます

    TOPに戻る

    NRIのPostgreSQL保守サポート

    SUPPORTNRIは、これまでにオープンソースシステムの構築・運用・サポートを国内200以上の企業に導入してまいりました。PostgreSQLについても先進的なプロジェクトにおける導入実績やサポート実績が数多くあります。

    サービス項目
    プラチナ
    ゴールド
    シルバー
    対応データベース
    ソフトウェア
    PostgreSQL (開発コミュニティによる正式リリース版)
    PowerGres on Windows, PowerGres on Linux
    対応クラスタ
    ソフトウェア ※.1
    SR(Streaming Replication), pgpool-II, Slony-I
    pgpool-HA, Pacemaker/ Heartbeat, DRBD
    -
    対応プラットフォーム
    Linux, Windows 日本語版, Solaris, HP-UX ※4
    DBサーバノード数 ※.2
    20
    4
    1
    インシデント数 ※.3
    無制限
    サポート期間
    1年

    ※1 SR(Pacemaker との組み合わせを除く)、pgpool-II, Slony-I 以外はオプション契約が必要です。
    ※2 DBサーバノード数とは、1つのデータベースサーバプログラムのインストール数をさします。
    クラスタソフトウェアを利用した場合も、データベースサーバプログラムのインストール数のみで カウントします。
    ※3 インシデントとは1つの質問が完了するまでの一連の流れをさします。
    ※4 ソフトウェアによって多少異なります。詳細はお問い合わせください。

    PostgreSQLの保守サポートについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    PostgreSQL保守サポート対応バージョン

    ・PostgreSQL8.x, 9.x

    ※その他のバージョンのPostgreSQL保守サポートについてはお問い合わせください。

    TOPに戻る

    PostgreSQLのダウンロード

    PostgreSQLのダウンロードページ

    TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Apache Kafka
  • Apache Hadoop
  • Apache Spark
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Dovecot
  • Pentaho
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO