Redis とは?

Redis

Redis最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するRedis最新情報

Redisの保守サポートサービスの内容はこちら Redisの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Redisバージョンアップ情報

■2022-05-10
[VerUP]Redis 7.0.0(リリース日:2022/04/27)
■2021-10-26
[VerUP]Redis 6.2.6(リリース日:2021/10/04)
■2021-08-04
[VerUP]Redis 6.2.5(リリース日:2021/07/21)
■2021-06-08
[VerUP]Redis 6.2.4(リリース日:2021/06/01)
■2021-06-08
[VerUP]Redis 6.0.14(リリース日:2021/06/01)
■2021-05-12
[VerUP]Redis 6.2.3(リリース日:2021/05/03)
■2021-04-27
[VerUP]Redis 6.2.2(リリース日:2021/04/19)
■2021-03-30
[VerUP]Redis 6.0.12(リリース日:2021/03/01)
■2021-03-30
[VerUP]Redis 5.0.12(リリース日:2021/03/01)
■2021-03-09
[VerUP]Redis 6.2.1(リリース日:2021/03/01)

すべてを見る

更新日:2022-01-21

Redisの概要

Redis(レディス)は、C言語で書かれたオープンソースのデータベースで、REmote DIctionary Serverを略したものです。
Redisは、イタリアのSalvatore Sanfilippo(サルヴァトーレ・サンフィリッポ)氏により2009年に開発されました。
当初はWebのログをリアルタイムで解析するツールをスケーリングすることが目的でしたが、いろいろなアイデアが追加されたことによりRedisとして誕生しました。
Redisの正確な発音はRedとissを合わせたものとされています。
Salvatore Sanfilippo氏は、2020年6月に開発責任者を辞任しており、現在(2021年9月現在)はRedis社とコミュニティメンバーにより継続して開発が行われています。

従来のRDBMSとは異なり、データをキーとバリューという形式で保存するため、キーバリュー型NoSQLに分類されます(Redisのドキュメントでは、キーバリューストアではなく、データストラクチャーサーバと呼んでいます)。
バリューには文字列や数字の他にリスト、ハッシュ、セット、ソート済みセット、ビットアレー(ビットマップ)、HyperLogLogsを取ることができ、他のキーバリュー型NoSQLと比較しても豊富なデータ構造をサポートしています。

Redisはクエリに対してメモリで応答するため、非常に高速に応答できます。
安価なハードウェアでも1秒間に数万リクエストを処理でき、キャッシュやメッセージングシステムの用途で広く利用されています。

Redisはマスタースレーブ型レプリケーション(データ複製)をすることができ、マスターノードのデータをスレーブノードに複製することができます。
アプリケーションは、スレーブからデータを読むことにより、読み込み負荷分散ができます。

Redisバージョン3からはRedis Clusterという機能が導入され、シャーディング(水平分散)をすることができます。ただし、Redis Clusterの最小推奨構成は、マスタースレーブ型のレプリケーション×3=6台となっています。
この方法では、各ノードがどこにデータが格納されているかを知っており、リクエストが来た時に、自分のノードにデータがないときに、クライアントに対してデータの存在するノードを教える動きになります(下図参照)

Redis

他のキーバリュー型NoSQLと比較すると、Redisは軽量・シンプルで扱いやすい一方、水平分散の機能が部分的であるため、比較的小規模で利用するのに適しています。また、データ型が豊富なため、複雑なデータを格納する要件がある場合は適しています。

TOPに戻る

Redisのライセンス

Redisのライセンスは、「三条項のBSDライセンス」に基づいて公開され、営利、非営利を問わず、誰でも自由かつ無償で利用・改変・再配布できるようになっています。 一部のサード・パーティー製のソースコードには、異なるBSDまたはBSD互換ライセンスが含まれています。

TOPに戻る

Redisと同類のソフトウェア

OSSではmemcached、Riak、商用製品ではOracle NoSQL Database、クラウドサービスではAmazon ElastiCache、Microsoft Asure Redis Cache、Google Could Datastoreがあります。

TOPに戻る

Redisの動作環境

ANSI C言語で書かれており、外部依存性もないため、C言語実行環境であれば動作します。

推奨環境

  • Linux (最も推奨)
  • FreeBSDやOS XといったPOSIX準拠システム
  • SmartOSのようなSolarisシステム(コミュニティーはベストエフォート対応)

コミュニティーではサポートしていない環境

  • 64bit Windows

TOPに戻る

Redisのデータ型と主な操作

格納できるデータ

主に可能な操作
String
id : "watanabe"
CRUD、インクリメント、デクリメント、文字列連結、部分文字列
Hashes
watanabe :{ name : "watanabe"
            password : "hoge" }

CRUD、インクリメント、存在確認、
Lists
tweets :["good-morning", "hello"]
PUSH、POP、要素数、部分取得、部分削除、他の配列への要素渡し
Sets
friends : { "Yamada", "Nomura" }
CRUD、和集合、積集合、差集合、存在確認、ランダム取得
Sorted sets
friends : { "Nomura", "Yamada" }
CRUD、順位取得、部分取得
Bitmap
flags: 00101000
オフセットを指定した値指定
HyperLogLogs
>pfadd hll a b c d
>pfcount hll
PFADD,PFCOUNT、PFMERGE
Geospatial
>GEOADD Sicily 13.361389 38.115556 "Palermo" 15.087269 37.502669 "Catania" (integer) 2  
GEOADD、GEODIST、 GEOHASH、GEOPOS など
Stream(Redis5から)
>XADD mystream * sensor-id 1234 temperature 19.8 1518951480106-0    
XADD、XRANGE、XREVRANGE、XACKなど

TOPに戻る

Redisの主な機能

非構造データ格納
事前にデータの構造を定義すること無く、データを格納できます。
高速なレスポンス
データベースに対する問い合わせにはメモリで応答するため、高速なレス ポンスができます。安価なハードウェアでも1秒間に数万リクエストを処理できるため、キャッシュ層として広く利用されています
軽量で簡単
Redisはひとつのバイナリで完結し、サイズも650Kbyteと非常に軽量です。
出版・購読のサポート
予めクライアントがキー(およびキーパターン)に対して、購読の登録をしていると、そのキー(およびキーパタン)に対してデータの更新(出版)があった際に即座にデータを受診することができます
レプリケーション(データ複製)
Redisはマスタースレーブ型レプリケーション(データ複製)をすることができ、マスターノードのデータを非同期でスレーブノードに複製することができます。アプリケーションは、スレーブからデータを読むことにより、読み込み負荷分散ができます。
シャーディング(水平分散)
Version 3から実装されたRedis Clusterを用いることにより、シャーディングが可能になります
データ永続化
データに対する変更はメモリで応答し、それとは非同期でディスクに書き込まれます。書き込むタイミングについては、前回書き込みからの経過時間と更新回数の2つの値を設定できます。
またデータの更新を追記型ログに書くモードが選択可能で、その場合必ずデータは永続化されますが、応答速度は下がってしまいます。

パイプライン
サーバの応答を待たずにコマンドを発行することができます。
期限付き保管
データに期限を付けて、期限が切れたデータを自動的に引き落とすことが できます。
データ記憶容量制限
データの記憶容量を定め、それよりも多くなった場合に様々なアルゴリズムに従って、データを自動的に追い出すことができます。利用できるアルゴリズムは、LRU、ランダム選定、生存期間順、などを選択することができます。
トランザクション
複数のオペレーション(データ変更、インクリメント、配列への PUSH)を、一貫性を持ちながら実施することができます。
LUAスクリプト
LUAスクリプト言語をクエリ内で評価することができます
セキュリティ
Redisはシンプルなクライアント認証のみを提供し、データの暗号化 や、クエリのエスケープは提供したいません。Redisは信頼されたネットワーク内での利用を前提としており、直接インターネットに晒すことは推奨されて いません。

TOPに戻る

Redisの主な制約

データ容量は物理メモリ量 Redisは物理メモリ以上のデータ量を扱えません。
(Version 2.0~2.4までの間は仮想メモリという機能が話題に上がっていましたが、2.6から削除されました。)

トランザクションのロールバック
トランザクションのロールバックはサポートされていません。「永続化モード」で利用しており、トランザクション中にサーバがダウンした場合、部分的にデータがディスクに書き込まれた状態になります。この場合「redis- check-aof」ツールを用いて部分的に書き込まれた部分を取り除く必要があります。
ノードを超えた集合演算
水平分散環境において、ノードに分散しているデータに対して集合演算はできません。

TOPに戻る

NRIのRedisサポート(保守/サポートサービス)

Redisのサポート及び各種サービスについてお気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る

Redisのダウンロード

Redisダウンロードページ http://redis.io/download

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • MongoDB
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Apache Kafka
  • Apache Hadoop
  • Apache Spark
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Dovecot
  • Pentaho
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO