ActiveMQ とは?

ActiveMQ

ActiveMQ

NRIのOpenStandiaが提供するActiveMQ最新情報

ActiveMQの保守サポートサービスの内容はこちら ActiveMQの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

ActiveMQバージョンアップ情報

すべてを見る

更新日:2021-12-24

ActiveMQの概要

ActiveMQはオープンソースのJavaベースのメッセージブローカーです。複数の標準規格プロトコル(AMQP、STOMP、MQTT 等)をサポートしており、幅広い言語(Java、C、C++、Ruby、Perl、Python、PHP等)とプラットフォームの中からクライアントを選択することができます。

現在、ActiveMQは2つの種類のサーバが提供されています。1つは、ActiveMQ "Classic"と呼ばれている従来のメッセージブローカーであり、もう1つは2014年にApache Foundationに寄贈された「HornetQ」のコードをベースとしているActiveMQ Artemisと呼ばれる次世代のメッセージブローカーです。ActiveMQ "Classic"は、AWSのAmazonMQというマネージド型サービスでも提供されている人気のあるプロダクトです。一方、ActiveMQ Artemisは、将来的に"Classic"とコードレベルで同等の機能レベルに到達すると、次期メジャーバージョンのActiveMQとなるプロダクトとして開発が行われています。

TOPに戻る

ActiveMQの特徴

クロスランゲージクライアントをサポート
  • Java
  • C
  • C++
  • C#
  • Ruby
  • Perl
  • Python
  • PHP
等の複数言語のクライアントライブラリが提供されています。
多数のプロトコルをサポート
  • OpenWire
  • STOMP
  • AMQP v1.0
  • MQTT v3.1
等の複数のプロトコルをサポートします。
Enterprise Integration Patterns(EIP)のサポート Apache Camelライブラリを経由したEnterprise Integration Patterns(EIP)をフルサポートします。
JMS1.1およびJ2EE1.4をフルサポート 一時的、永続的、トランザクション、XAメッセージングをサポートします。
先進的な機能のサポート Message Groups、Virtual Destinations、Wildcards、Composite Destinationといった先進的な機能をサポートします。
複数のJ2EEサーバに対応 Javaコネクタアーキテクチャ(JCA) 1.5に対応したリソースアダプターが含まれており、
  • TomEE
  • Geronimo
  • JBoss
  • WebLogic
などのJ2EE1.4準拠のJ2EEサーバで動作します。
多数のトランスポートプロトコルに対応 in-VM、TCP、SSL、NIO、UDP、マルチキャスト、JGroups、JXTAトランスポートといった多数のトランスポートプロトコルをプラグインできます。
高速な永続化 高性能なジャーナル機能とJDBCにより、非常に高速な永続化をサポートします。
高性能な設計 クラスタリング、クライアントサーバ、ピアツーピアなどの通信で高い性能を発揮できるように設計されています。
Webストリーミングのサポート JMS over Ajaxを有効化することで、WebアプリケーションからAjaxを利用したActiveMQのメッセージ送受信をサポートします。
Web Serviceのサポート ActiveMQはApache AxisとApache CXFの双方をサポートします。ただし、Axisのサポートは非推奨となったため、ActiveMQ 5.8からは削除されました。
JMSの単体テストに最適 インメモリJMSプロバイダーとして利用が可能です。
(参考URL:https://activemq.apache.org/components/classic/

TOPに戻る

ActiveMQの動作環境

  • ハードウェア(空きディスク容量)
    • 60MB(ActiveMQ 5.xのバイナリ版)(※)
    • 300MB(ActiveMQ 5.xのソース版)(※)
    ※ メッセージをディスクに永続化する場合は別途空きスペースが必要
  • OS
    • Windows
      • Windows XP SP2
      • Windows 2000
      • Windows Vista
      • Windows 7
    • Unix
      • Ubuntu Linux
      • Powerdog Linux
      • macOS
      • AIX
      • HP-UX
      • Solaris
      • その他JavaをサポートするUnix
  • 環境
    • JRE 1.8 以降(ソースコードからリビルドする場合はJDKが必要)
    • Maven 3.0.0(ソースコードからビルドする場合のみ)
    • Jarファイル群をクラスパスへ追加(ソースコードからビルドする場合のみ)
(参考URL:https://activemq.apache.org/getting-started#pre-installation-requirements

TOPに戻る

類似の機能をもつOSS

類似機能をもつオープンソースのメッセージブローカーとしては以下のものがあります。

TOPに戻る

ActiveMQのライセンス

ActiveMQのライセンスは、「Apache License version2(Apacheライセンスバージョン2)」というライセンスに基づいて公開され、営利、非営利を問わず、誰でも自由かつ無償で利用・改変・再配布できるようになっています。

TOPに戻る

ActiveMQの公式サイト

https://activemq.apache.org/

TOPに戻る

ActiveMQのダウンロードサイト

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • MongoDB
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Apache Kafka
  • Apache Hadoop
  • Apache Spark
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Dovecot
  • Pentaho
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO