OSS紹介

Apache Log4j

Apache Log4j最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するApache Log4j最新情報

Apache Log4jの保守サポートサービスの内容はこちら Apache Log4jの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Apache Log4jバージョンアップ情報

■2021-03-29
[VerUP]Apache Log4j 2.14.1(リリース日:2021/03/06)
■2021-02-02
[VerUP]Apache Log4j 2.14.0(リリース日:2020/11/06)
■2020-05-07
[VerUP]Apache Log4j 2.13.2(リリース日:2020/04/23)
■2020-03-16
[VerUP]Apache Log4j 2.13.1(リリース日:2020/02/25)
■2019-12-20
[VerUP]Apache Log4j 2.13.0(リリース日:2019/12/11)
■2019-08-18
[VerUP]Apache Log4j 2.12.1(リリース日:2019/08/06)
■2019-07-05
[VerUP]Apache Log4j 2.12.0(リリース日:2019/06/23)
■2019-02-15
[VerUP]Apache Log4j 2.11.2(リリース日:2019/02/03)
■2018-07-30
[VerUP]Apache Log4j 2.11.1(リリース日:2018/07/22)
■2018-03-29
[VerUP]Apache Log4j 2.11.0(リリース日:2018/03/11)

すべてを見る

更新日:2021-01-18

Apache Log4jの概要

Apache Log4j(アパッチ ログフォージェイ)は、 オープンソースのJava プログラム用のロギングユーティリティ(API)です。
Apache Log4jは、2001年1月8日にバージョン1.0がリリースされて以来、Javaアプリケーションの標準的なロギングユーティリティとして長く利用されおり、単にLog4jと呼ばれることが多いです。
Apache Log4jは、設定ファイルでの設定により、デバッグ情報やエラー情報などをプログラム内からコンソール、ファイル、その他ログサーバ等に出力することができます。
また、Apache Log4jは、パフォーマンスにも十分配慮して設計されており、実際のログ出力はとても速く、柔軟性のあるロギングAPIとして世界中で広く利用されています。

TOPに戻る

Apache Log4jのライセンス

Apache Log4jは、Apache2.0ライセンスです。 Apache License(アパッチ・ライセンス)のコードが使用されていることの明記を条件に、ソースコードの自由な改変と公開が認められています。
Apache Log4jのライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る

Apache Log4jの動作環境

前提となる動作環境は、以下のとおりです。

  • サーバOS
    Java Runtime Environment(JRE)の動作環境に準ずる
  • その他動作環境
    • Log4j 2.3: Java 6以降
    • Log4j 2.4 ~ 2.12.1 まで:Java 7以降
    • Log4j 2.13.0 以降: Java 8以降

※バージョンによって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

TOPに戻る

Apache Log4jの主な機能

主な機能は以下のとおりです。

  • ログ出力方法指定機能(Logger)
  • ログ出力先指定機能(Appender)
  • ログ出力フォーマット指定機能(Layout)
  • ログフィルタリング機能(Filter)

TOPに戻る

Apache Log4jの特徴

主な特徴は以下のとおりです。

多彩なログ出力先 ファイル、OutputStream、java.io.Writer、 リモートLog4jサーバ、リモートUnix Syslogデーモン、NTイベントログといったさまざまなログ出力先を設定ファイルで指定可能
高速 ログ出力が非常に高速であるため、アプリケーションの実行速度を低下させにくい
柔軟性 ファイルにより設定を行うため、Log4jを使用しているアプリケーションを変更することなく各種設定変更が可能
また、設定ファイルによって、ログの出力先ごとにログ出力レベルやレイアウトを変更でき、ログ出力内容の細かなコントロールが可能

TOPに戻る

Apache Log4jのログレベル

Log4jは、6つのログレベルを標準提供します。この他に利用者が任意のログレベルを追加することも可能です。デフォルトのログレベルを高い(情報量が少ない)ものから低い(情報量が多い)ものへと順に並べると下表の通りとなります。

FATAL 致命的なエラー。プログラムの異常終了を伴うようなもの。コンソール等に即時出力することを想定
ERROR エラー。予期しないその他の実行時エラー。コンソール等に即時出力することを想定
WARN 警告。廃要素となったAPIの使用、APIの不適切な使用、エラーに近い事象など、実行時に生じた異常とは言い切れないが正常とも異なる何らかの予期しない問題。コンソール等に即時出力することを想定
INFO 情報。実行時の何らかの注目すべき事象(開始や終了など)。コンソール等に即時出力することを想定。従ってメッセージ内容は簡潔に止めるべき
DEBUG デバック用の情報。システムの動作状況に関する詳細な情報。コンソールではなくログ上にだけ出力することを想定
TRACE トレース情報。更に詳細な情報。コンソールではなくログ上にだけ出力することを想定

なお、すべてのレベルのログを出力する場合は「ALL」を、ログ出力を停止する場合は「OFF」を指定します。

TOPに戻る

Apache Log4jのダウンロード

Apache Log4j ダウンロードページ

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • MongoDB
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Apache Kafka
  • Apache Hadoop
  • Apache Spark
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Dovecot
  • Pentaho
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO