Logback とは?

Logback

Logback

NRIのOpenStandiaが提供するLogback最新情報

Logbackの保守サポートサービスの内容はこちら Logbackの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

Logbackバージョンアップ情報

すべてを見る

更新日:2022-07-27

Logbackの概要

Logbackは、log4jの後継プロジェクトとなることを目的としており、log4jの創設者であるCeki Gülcüによって設計されました。

Logbackは強固なロギングシステムの設計で得られた10年の経験に基づいており、既存のロギングシステムよりも高速で、使用するリソースも小さくなっています。

また、Logbackは他のロギングシステムにはない独自の便利な機能を提供しています。

現在、Logbackはlogback-core、logback-classic、logback-accessの3つのモジュールに分かれており、logback-coreモジュールは、 他の2つのモジュールのベースとなり、logback-classicモジュールは、大幅に改善されたバージョンのlog4j1.xの内容を吸収できます。

logback-accessモジュールは、TomcatやJettyなどのサーブレットコンテナと統合して、HTTPアクセスログ機能を提供します。

TOPに戻る

Logbackの主な特徴

主な特徴は以下のとおりです。

高速&メモリ削減 log4j 1.xに基づいて特定の重要な実行パスを約10倍高速に実行するように書き直され、メモリ使用量も小さくされている。
汎用性 logback-classic はSLF4J APIをネイティブ実装しているため、Logbackとlog4j 1.xやjava.util.logging(JUL)などの他のロギングフレームワークを簡単に切り替えることができる。
柔軟性 Logback の設定は、プログラム、XMLまたはGroovy形式で表現されたスクリプトを使用して構成することもでき、 既存のlog4jユーザーはWebアプリケーションを使用して、log4j.propertiesファイルをlogback.xmlに変換することもできる。
また、構成ファイルの条件付き処理をサポートしているため、単一の構成ファイルで開発、テスト、本番などのさまざまな環境を適切にターゲットにできる。
幅広い
フィルタリング機能
log4j 1.xが提供するものよりも幅広いフィルタリング機能が付属している (たとえば、問題の特定を担当するユーザーのみデバッグレベルとし、それ以外のユーザーは警告レベルでログを保持することができる)。

TOPに戻る

Logback、Log4j、Log4j2のパフォーマンス比較

単位:ops/ms

スレッド log4j
同期
log4j
非同期
log4j2
同期
log4j2
非同期
Logback
1.3.0
同期
Logback
1.3.0
非同期
1 987.08 745.34 884.33 844.67 2,139.83 1,760.30
2 542.27 716.09 1,220.76 819.40 2,276.77 1,821.36
4 639.86 676.35 1,406.60 770.27 1,836.99 1,799.39
8 633.13 726.21 1,257.63 733.25 1,787.62 1,774.99
16 585.13 693.74 1,211.31 722.34 1,813.09 1,815.10
32 643.85 657.08 1,203.27 704.08 1,782.81 1,751.21
64 576.67 696.21 1,236.37 726.15 1,740.27 1,644.81

TOPに戻る

Logbackの主な機能

主な機能は以下のとおりです。

  • ログ出力方法指定機能(Logger)
  • ログ出力先指定機能(Appender)
  • ログ出力フォーマット指定機能(Layout)
  • ログフィルタリング機能(Filter)

TOPに戻る

Logbackと類似の機能を提供する製品

  • Apache Log4j
  • java.util.logging (JUL)

TOPに戻る

Logbackのログレベル

Logbackは、5つのログレベルを標準提供します。

レベルは下表のように順序付けられていることを前提としています。

(TRACE < DEBUG < INFO < WARN < ERROR)

TRACE 重要度が非常に低い情報イベント
DEBUG 重要度の低い情報イベント
INFO 全体的な進行状況を示すイベント
WARN 潜在的に有害な状況を示すイベント
ERRROR エラーイベント(致命的であるかどうかに係わらない)

TOPに戻る

Logbackの動作環境

前提となる動作環境は、以下のとおりです。

  • サーバOS

      Java Runtime Environment(JRE)の動作環境に準ずる

  • その他動作環境

      Logbackのバージョン1.3.x以降はビルドにJava 9が必要です。

      (但し、Java8以降で実行は可能です。)

      Logbackのバージョン1.2.xの場合はJava 6.xが必要です。

TOPに戻る

Logbackのライセンス

Logbackは Eclipse Public License v1.0、もしくはLesser General Public License version 2.1 に従って再配布することができます。

TOPに戻る

参考情報

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • MongoDB
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Apache Kafka
  • Apache Hadoop
  • Apache Spark
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Dovecot
  • Pentaho
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO