ClamAV とは?

ClamAV

ClamAV

NRIのOpenStandiaが提供するClamAV最新情報

ClamAVの保守サポートサービスの内容はこちら ClamAVの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい OSS全般の事例紹介はこちら

ClamAVバージョンアップ情報

すべてを見る

更新日:2022-06-21

ClamAVの概要

ClamAV(Clam Antivirus)は、Tomaz Kojmらによって開発され、Cisco Systems, Incによって提供されているオープンソースのアンチウイルスソフトです。主にメールゲートウェイでの電子メールスキャンを目的に設計されており、 メール転送エージェントでClamAVを使用するためのツールがClamAVチーム及びClamAVコミュニティによって作成されています。

また、多くのメールファイル形式・アーカイブ形式やドキュメント形式に対応しており、幅広いファイルのスキャンを提供しています。

TOPに戻る

ClamAVの主な特徴

ClamAVはウイルスシグネチャによるパターンマッチングを行うウイルススキャンエンジンを核として、マルチスレッドデーモンやコマンドラインスキャナー、 データベースの自動更新ツールなど多くの機能を提供しています。

対応するファイル形式

  • アーカイブファイル
    • Zip
    • RAR
    • CPIO
    • ARJ
    • Tar

    など

  • 以下でパッキングされたPEファイル
    • Aspack
    • UPX
    • Upack

    など

  • ドキュメントファイル
    • HTML
    • RTF
    • PDF

他にも多くのファイル形式をサポートしています。

TOPに戻る

ClamAVの主な機能

  • デーモン
    • ClamD
      ウイルスシグネチャデータベースをロードして起動されるマルチスレッドデーモンです。 コンフィグファイルを編集することでログ出力やスキャン時の動作について細かく設定することが出来ます。
    • ClamDScan
      ClamDScanはClamDインスタンスを使用して行うウイルススキャンです。 ClamDインスタンスが起動する際にウイルスシグネチャデータベースを読み込んでいるため、スキャン時にデータベースをロードする必要がありません。
    • On-Access Scanning
      On-Access Scanning はカーネルAPIを使用したLinuxシステム限定の機能です。 この機能は監視場所にファイルが配置された段階でClamDScanを実施し、プロセスが悪意のあるファイルにアクセスするのを防ぐリアルタイム保護を行います。 この機能による保護はカーネルスペースによって行われるため、ユーザスペースによって行われるものより強力です。
    • ClamDTop
      ClamDTopはClamDインスタンスを監視する機能です。専用のインタフェースが用意されており、 メモリ使用量やジョブキューについて確認することが出来ます。
  • ワンタイムスキャン
    • ClamScan
      ウイルススキャンデーモンを必要とせず、ファイルやディレクトリをスキャンしてウイルスを検出するコマンドラインツールです。 その性質からスキャン時のみリソースを消費するのが特徴で、常駐するClamDインスタンスを使用する場合と比較してスキャン時以外の負荷を下げることが出来ます。
  • ツール
    • FreshClam
      ClamAVのウイルスシグネチャデータベースを更新するツールです。差分更新を行うため全体更新を行うものと比較して高速であり、 CLIからの手動更新とバックグラウンドからの更新に対応しています。
    • Sigtool
      ウイルスシグネチャの作成と操作を行うツールです。手動で追加・除外したいウイルスシグネチャを登録することが出来ます。

TOPに戻る

ClamAVと類似の機能を提供する商用製品

  • Symantec Endpoint Protection for Linux
  • ServerProtect for Linux
  • ESET Server Security for Linux
  • など

TOPに戻る

ClamAVの動作環境

ClamAVは以下のプラットフォームのLTSバージョンを定期的にテストしています。

  • GNU/Linux
    • Alpine, Ubuntu, Debian, CentOS, Fedora, openSUSE
  • UNIX
    • FreeBSD, macOS
  • Windows
    • Windows7, Windows10

TOPに戻る

ClamAVのライセンス

ClamAVはGeneral Public License v2.0に基づいてリリースされているソフトウェアで、 ソフトウェアの二次配布やソースコード公開を原則としたソースコードの改変が認められています。

TOPに戻る

参考情報

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • MongoDB
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Apache Kafka
  • Apache Hadoop
  • Apache Spark
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Dovecot
  • Pentaho
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO