トップ OSS紹介 Courier-IMAP

Courier-IMAP

サポート対象

NRIのOpenStandiaが提供するCourier-IMAP最新情報

Courier-IMAP情報

Courier-IMAPとは

Courier-IMAP(クーリエアイマップ)とは、Double Precision, Inc.が開発したオープンソースのIMAPサーバソフトウェアです。
Courier-IMAPは、Maildirを採用した高速で高可用なIMAPサーバであり、数多くのeメールサービスプロバイダが数十万ものメールアカウントを容易に管理するために採用しています。

Courier-IMAPは、Courier-MTA(※)に同梱されているIMAPサーバと同一のものですが、スタンドアロンのIMAPサーバとして動作できるように設定されています。このため、Courier-MTA以外の、qmailや PostfixなどといったどMailbox 形式をサポートするSMTP サーバーと一緒に動作させることもできます。

Courier-IMAPの現在の最新バージョン(GA)は、Courier-IMAP 4.15.1、4.16.2、4.17.3、4.18.2、5.0.11です。(2020年9月現在)

※Courier-MTAは、オープンソースのメール転送エージェント (MTA)であるqmailの派生プロジェクトで、SMTP/POP3/IMAP4などを軸とし、メールサーバを構築する際に必要な機能を各種取りそろえたオープンソースの統合メール環境をさす。これらのプログラム群は単体での利用も可能であり、IMAP4を司るCourier-IMAPのみが使われている場合が多い。「Courier Mail Server」という呼称が一般的である。

主な機能

主な機能は以下のとおりです。

  • メール受信機能(POP3/IMAP)
  • メール保存機能
  • アカウント管理機能(個別ユーザー/グループ)
  • 容量確認機能

主な特徴

主な特徴は以下のとおりです。

Mkdir形式(mbox形式は非対応)

メールボックスとなるディレクトリーの下に、メール毎にファイルが作成されるため、なんらかの不具合で書き込み不良が生じても他のメールには影響がありません
また、ファイルロックなどを考慮することなしに、複数のアプリケーションが同時に同一のメールボックスに対してアクセスすることが可能です

POP3/IMAP に対応

電子メールで使われる標準プロトコルに対応しています

SSL/TLS に対応

暗号化通信であるSSLおよびTLSに対応しています

バーチャルドメインをサポート

複数のホストやドメインで提供していたサービスを1台に集約することで導入コストを削減できます

高速

UNIX mboxと比べて、より速く、より効率よくメールを格納することが可能です

多彩な認証

OS の認証機能以外に、RDBMSやLDAP、独自ファイルなどの多彩な認証が利用できます

コスト効果

Courier-IMAPはライセンス費用がかからないため、商用製品に比べコストを削減することができます

導入事例

Courier-IMAPは、世界中のさまざまな業種のメールサーバで数多くの導入事例があります。

NRIでも、Courier-IMAPのほか、オープンソースを採用したメール関連ソリューションの実績が豊富です。

世界中で実績のあるメールサーバをオープンソースで構築できます。

類似プロダクト

商用ソフトウェア製品では、Microsoft Exchange Server(IMAPサーバを含む統合グループウェア/電子メール製品)、Oracle Communications Messaging Exchange Server、NEC ExpressMail、Sendmail Advanced Server、株式会社エアー AIR MAIL IMAP Serverが、Courier-IMAPと同様の機能を提供しています。

オープンソースソフトウェア製品では、UW(University of Washington) IMAP Server、Cyrus IMAP server、Dovecotが、Courier-IMAPと同様の機能を提供しています。

商用製品との機能比較

同様の機能を提供する商用製品は以下のとおりです。

機能

Courier-IMAP

商用製品A

メールスプール形式

Maildir

独自形式 (1メッセージ = 1ファイル)

プロトコル

POP3、IMAP

POP3、IMAP

認証方法

PAM、LDAP、Unix Shadowパスワード、CRAM-MD5、Kerberos

SASL DB、PAM、LDAP、Unix Shadowパスワード、Kerberos5

SASL認証機構

PLAIN/LOGIN/CRAM-MD5/CRAM-SHA1/CRAM-SHA256

PLAIN/LOGIN/CRAM-MD5/DIGEST-MD5

バーチャルドメイン対応

管理画面

×

サーバサイドフィルタリング機能(Sieve)

DB認証

MySQL、PostgreSQL

MySQL、PostgreSQL

IPv6

共有メールボックス

個人名前空間

IMAP専用ユーザー作成

SSL/TLS対応

Quota警告

動作環境

前提となる動作環境は、以下のとおりです。(バージョン4.10.0の場合)

  • UNIX
  • Debian GNU/Linux
  • mswin32, x64-mswin64, mingw32
  • Mac OS X
  • FreeBSD
  • Solaris 10
  • Symbian OS
  • その他のLinuxディストリビューション

※バージョンによって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

Courier-IMAPのライセンス

Courier-IMAPは、「GPLライセンス(GNU General Public License)」を採用しています。ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則とし、ソースコードを改変も認められています。

製品ダウンロード

オープンソース年間サポートサービス

OpenStandiaではOSSを安心してご利用いただけるように、オープンソース年間サポートサービスをご提供しております。
サポートしているOSSは下記ページをご参照ください。

お気軽にお問い合わせください

関連OSS

  • Kubernetes
    サポート対象

    Kubernetes

    クーバネティス。Dockerをはじめとするコンテナ化されたアプリケーションの展開、スケーリング、管理を行うオープンソースのプラットフォームです。

  • Docker
    サポート対象

    Docker

    ドッカー。ソフトウェアコンテナを用いたアプリケーションのデプロイメントを自動化する仮想化オープンソースソフトウェアです。

  • cri-o

    cri-o

    cri-oはKubernetes Incubator Projectとして開発された、Kubernetes実装のコンテナランタイムです。

OSSをそのままお届けするのではなく、システムに必要な最適な機能を提供するのがOpenStandiaソリューションです。
下記コンテンツも
あわせてご確認ください。