Mattermost とは?

Mattermost

Mattermost最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するMattermost最新情報

MattermostはNRI「aslead」によりサービスを提供しております。サービス詳細はこちら

Mattermostバージョンアップ情報

■2022-10-26
[VerUP]Mattermost v7.1.4(リリース日:2022/10/14)
■2022-08-02
[VerUP]Mattermost v7.1.2(リリース日:2022/07/21)
■2022-07-28
[VerUP]Mattermost v7.1.1(リリース日:2022/07/15)
■2022-07-28
[VerUP]Mattermost v6.6.2(リリース日:2022/06/13)
■2022-07-28
[VerUP]Mattermost v6.3.9(リリース日:2022/06/13)
■2022-06-22
[VerUP]Mattermost v7.0.0(リリース日:2022/06/15)
■2022-06-22
[VerUP]Mattermost v6.7.2(リリース日:2022/06/15)
■2022-05-17
[VerUP]Mattermost v6.6.1(リリース日:2022/04/28)
■2022-05-17
[VerUP]Mattermost v6.5.1(リリース日:2022/04/28)
■2022-05-17
[VerUP]Mattermost v6.4.3(リリース日:2022/04/28)

すべてを見る

更新日:2022-01-21

Mattermostの概要

Mattermost(マターモースト)とは、オープンソースのセルフホスティング式のチャットツールです。
SaaSのチャットツールであるSlackの代替プロダクトとして利用することができ、特にセキュリティ要件としてSaaSが利用できないようなケースに適しています。

Mattermostはゲーム開発スタジオとして活動しているSpinPunchという企業の内部チャットとして2013年より構想が練られはじめました。その後、2015年にGo言語とReact.jsを用いて再構成され、オープンソースとして公開されました。

グループチャット、プライベートチャット、履歴の保持と検索などのチームコミュニケーションに必要な機能が揃っています。SlashコマンドやWebフック機能を使った他サービスとの連携による拡張性の高さも特徴の一つです。

TOPに戻る

Mattermostの特徴

Mattermostには次のような特徴があります。

  • パブリックチャットやグループチャット、プライベートチャット、リプライ、メンションなど一般的なチャットツールとしての機能を揃えている。
  • オンプレミス環境やIaaS環境などの独自に所有している環境に構築ができ、セキュリティ的に安全性が高い。
  • サーバにインストールして利用するので、類似サービスを展開するSaaSと異なり容量やユーザ数に制限を自由に設定できる。
  • Webフック機能やSlashコマンド、カスタム絵文字などカスタマイズが可能。
  • マークダウン記法を利用することができる。
  • クライアントアプリがデスクトップPC向け、スマートフォン向けに用意されている。
  • LDAP認証に対応している。

TOPに戻る

Mattermostの動作環境

前提となる動作環境として公式サポートされているものは、以下のOSです。

サーバ・ソフトウエア

  • Ubuntu 18.04
  • Debian Buster
  • CentOS 6以上
  • CentOS 7以上
  • RedHat Enterprise Linux 7以上
  • Oracle Linux 6以上
  • Oracle Linux 7以上

上記の他、Dockerイメージもあります。また、Windowsサーバ向けバイナリも非公式ながらMattermostの開発チームが自ら公開しています。

データストアとして利用することができるDBとして公式ドキュメントに明記されているのは、以下のプロダクトです。

  • MySQL 5.7.12, 8.0.12以上
  • PostgreSQL 10.0以上
  • 上記に相当するAmazon Aurora MySQL,PostgrSQLエディション

デスクトップアプリ

  • Windows 8.1,10
  • MacOS 10.14以上
  • Linux Ubuntu LTS releases 18.04 以上

公式サポートはされておりませんが、以下OSでも動作することが 公式ドキュメントに記載されております。

  • CentOS 7以上
  • RedHat Enterprise Linux 7以上

モバイルアプリ

  • iOS 12.1以上のiPhone 5s以降のデバイス
  • Android 7以上

PC Webブラウザ

  • Chrome v89以上
  • Firefox v78以上
  • Safari v12以上
  • Edge v44以上

TOPに戻る

Mattermostのライセンス

Mattermostのライセンスは、サーバサイドについてはMITライセンスが採用されていますが、クライアントサイドについてはApacheライセンスv2.0が採用されています。

Mattermostのライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る

Mattermostと同様の機能を提供する製品

商用ソフトウェア製品では、Microsoft TeamsなどがMattermostと同様の機能を提供しています。また、クラウド型サービスとしてはSlack、Chatworks、DiscordなどがMattermostと同様の機能を提供しています。
OSS製品としては、Rocket.Chat等がMattermostと同様の機能を提供しています。

TOPに戻る

Mattermostのサポート

Mattermostはシステム開発およびオフィス業務の生産性向上のためのトータルサービス「aslead」により提供しています。
「aslead」はMattermostをより効果的にご利用いただくために、NRIならではの付加価値を持たせたサービスです。詳細はこちらをご確認ください。 

Mattermostに関してはお気軽にこちらからお問い合わせください。

TOPに戻る

参考情報

Mattermostの公式ページ

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • MongoDB
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Apache Kafka
  • Apache Hadoop
  • Apache Spark
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Dovecot
  • Pentaho
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO