トップ ニュース Next.js/Nuxt.jsサポートの追加のお知らせ

Next.js/Nuxt.js サポートの追加のお知らせ

平素よりOpenStandiaサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
この度、フロントエンドフレームワークである「Next.js」「Nuxt.js」、JavaScript実行環境である「Node.js」のサポートを開始しましたのでお知らせいたします。

サポート追加の背景

昨今、アプリケーション開発においてSPAフレームワーク(React、Vue、Angular等)が採用されることは一般的になっています。
SPAはCSR(クライアントサイドレンダリング)[※1]を行う手法ですが、他にもSSR(サーバーサイドレンダリング)[※2]やSSG(静的サイトジェネレーター)[※3]を実現するフレームワークが出てきています。

SSR/SSG機能を持つ主要なフレームワークであるNext.js/Nuxt.jsは以下のようなメリットがあり注目度の高い技術です。

  1. SPAに比べて初回レンダリングが速い、SEOに強い等ユーザ体験を向上できる
  2. 1つのフレームワーク、1つの言語(JavaScript/TypeScript)でフロントエンドとバックエンドを開発できる[※4]
  3. 通常のSPAフレームワークより高機能(ディレクトリベースルーティングや画像/フォント最適化等)

このような背景からOpenStandiaでのサポート対応を求める声を多くいただき、Next.jsとNuxt.jsをサポートラインナップに追加いたしました。
また、Next.js/Nuxt.jsをSSRやバックエンドとして利用する際に前提となるNode.js(JavaScript実行環境)もサポートラインナップへ追加いたしました。

※1 CSR(クライアントサイドレンダリング):クライアント(ブラウザ)側でレンダリングを行う方式。SPAと同義で使われることが多い。

※2 SSR(サーバーサイドレンダリング):リクエスト時にサーバ側でレンダリングを行い、出来上がったページをブラウザ側に返却する方式。代表的なフレームワークはNext.js/Nuxt.js

※3 SSG(静的サイトジェネレーター):ビルド時にレンダリングを行い、出来上がった静的コンテンツをホストする方式。リクエスト時は静的コンテンツをブラウザ側に返却する。代表的なフレームワークはNext.js/Nuxt.js。

※4 Next.js/Nuxt.jsではバックエンドを開発できる機能が提供されている。このようなフロントエンド/バックエンドを開発できるフレームワークはUniversal JavaScriptフレームワークとも呼ばれる。

サポート対象となるOSS

以下のOSSをサポートラインナップへ追加いたしました。

  • Next.js

    ReactベースのSSR/SSGフレームワーク

  • Nuxt.js

    Vue.jsベースのSSR/SSGフレームワーク

  • Node.js

    JavaScriptの実行環境 [※Next.js、Nuxt.jsの実行基盤として利用する場合のみサポート可能]

OpenStandiaサポートサービスについて

本サポートサービスでは、OSSに関する問い合わせ対応(障害の原因調査、解決方法のご提案など)や週次の脆弱性情報提供を行っております。
詳細は以下をご参照ください。

OpenStandiaは高い技術力でのサポートが可能です
OpenStandiaではmidPointをはじめ、OS、ミドルウェア、開発フレームワーク、業務アプリケーションなど 各分野におけるOSSをサポートしています。 お客様に合わせた最適なご提案をさせていただきますので、気軽にお問い合わせください。
OSSをそのままお届けするのではなく、システムに必要な最適な機能を提供するのがOpenStandiaソリューションです。
下記コンテンツも
あわせてご確認ください。