トップ OSS紹介 Aurelia

バージョンアップ情報

Aurelia情報

Aureliaとは

Aurelia Framework(アウレリアフレームワーク)はデスクトップおよびモバイル向けJavaScriptクラアントフレームワークです。
次世代JavaScriptフレームワークとして現在利用されているデスクトップ、モバイル向けブラウザで動作することを目標としています。
Aureliaには、Aurelia Frameworkの他、多数の拡張モジュールが存在しています。
Aurelia Framework 1.0は、Angular2のコア開発メンバーで、DurandalやCaliburn.Microの開発者でもあるRob Eisenberg氏らによって2016年7月27日にリリースされました。Rob Eisenberg氏は9歳の時に出会ったコモドール64でプログラミングの魅力に引かれ、現在はJavaScriptとC#のエキスパート、.NETアーキテクトとして活躍しています。Aureliaリリース直後にMicrosoft社に入社したため、一部のコミュニティメンバーからAureliaの開発の継続を危ぶまれる声も聞こえましたが、その後も継続して開発されています。
Aureliaはシンプルなモジュールで構成されてカスタマイズが容易になっています。また設定より規約」の設計理念が導入されており、より間単にアプリケーションの構築が可能になっています。

主な機能

  • ES 2015+およびTypeScriptでアプリケーションを実装できます。
  • 以下のような各種コンポーネントを簡単に作成できます。
     ・カスタム要素
     ・動的に構成されるUI(データ駆動型のコンポーネント構成)
     ・ルーティング/ナビゲーション
     ・モーダルダイアログ
     ・Webコンポーネント
     ・プログレッシブエンハンスメント
     ・ビューコンポーネントエンジンへの低レベルアクセスによるカスタムシナリオ
  • 拡張可能なビューコンパイラ、ビューエンジン、およびビューリソースパイプライン。
  • 柔軟で拡張可能なデータバインディングエンジン。
  • 強力なDI(依存性の注入)。
  • 任意のまたは全てのアプリケーションリソースのEager/Lazy/Hybridロード。
  • カプセル化されたチルドルータをサポートする強力なアプリケーションルータにより、多人数による開発が可能です。
  • オプションを使用して標準に準拠したWebコンポーネントを作成できます。
  • 標準に準拠したWebコンポーネントと連携できます。
  • パブリッシュ、サブスクライブによるコンポーネント間の緩やかな通信。
  • カスタマイズ可能なアプリケーションスタートアップとプラグインモデル。
  • メンテナンスや拡張、テストがしやすいコードが書けます。
  • 開発者にフレームワークの存在を意識させず、アプリの開発に集中させることができます。
  • 主要なアプリケーション、パッケージビルドシステムと互換性があります。
  • 最新のWebブラウザ向けに設計されていますが、IE9などの古いブラウザは追加のポリフィル※1でサポートします。
  • PhoneGap、Cordova、Crosswalkを使用してモバイルアプリケーションを開発できます。
  • ElectronやNWJSを使用してデスクトップアプリケーションを開発できます。

※1:最近の機能をサポートしていない古いブラウザーで、その機能を使えるようにするためのコード。

主な特徴

双方向データバインディング

あらゆるオブジェクトと双方向に同期させることが可能です。

UIとルーティング

UIに合わせて高度に処理をルーティングできます。

言語の広範囲なサポート

ES5、ES 2015、ES 2016、TypeScriptが利用可能です。

最新のアーキテクチャ

小さな多数のモジュールで構成することによりカスタマイズが容易です。

拡張可能なHTML

拡張可能なコンパイラによりHTMLをカスタマイズすることができます。

設定より規約

設定より規約という理念の下、MV*(MVC、MVVMなど)モデルのアプリケーションの作成が容易にできるように設計されています。

テストが容易

ES 2005モジュールと強力なDIコンテナを組み合わせることによりテストを容易にします。

類似プロダクト

AureliaのようなJavaScriptフレームワークは、他にもAngularJS、React、Vue.jsなどがあります。

Aureliaのライセンス

Aureliaのライセンスは、MITライセンスです。ソースコード公開の有無に関わらず、自由な再利用が認められています。

オープンソース年間サポートサービス

OpenStandiaではOSSを安心してご利用いただけるように、オープンソース年間サポートサービスをご提供しております。
サポートしているOSSは下記ページをご参照ください。

お気軽にお問い合わせください

関連OSS

  • Vue.js
    サポート対象

    Vue.js

    ヴュー・ジェイエス。SPA(シングルページアプリケーション)に向いたJavaScriptフレームワークです。

  • React
    サポート対象

    React

    リアクト。Facebookが作成したMVCモデルのView領域を担当するJavascriptのUIライブラリです。

  • Angular
    サポート対象

    Angular

    アンギュラー。Googleが開発を行っているMV*モデルのJavaScriptのアプリケーションフレームワークです。

OSSをそのままお届けするのではなく、システムに必要な最適な機能を提供するのがOpenStandiaソリューションです。
下記コンテンツも
あわせてご確認ください。