OSS紹介

JBoss

JBoss最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するJBoss最新情報

JBossの保守サポートサービスの内容はこちら JBossの導入については、こちらのフォームからお問い合わせ下さい JBossの事例紹介はこちら

JBossバージョンアップ情報

■2019-11-22
[VerUP]JBoss Enterprise BRMS Platform 7.5(リリース日:2019/10/31)
■2019-11-22
[VerUP]Jboss EWS (RedHat) 5.2(リリース日:2019/11/20)
■2019-07-19
[VerUP]JBoss Enterprise BRMS Platform 7.4(リリース日:-)
■2019-05-11
[VerUP]Jboss EWS (RedHat) 5.1(リリース日:2019/05/08)
■2019-03-30
[VerUP]JBoss Enterprise BRMS Platform 7.3(リリース日:2019/03/27)
■2019-01-25
[VerUP]JBossEAP (RedHat) 7.2.0(リリース日:2019/01/22)
■2018-12-07
[VerUP]JBossEAP (RedHat) 7.1.5(リリース日:2018/12/09)
■2018-10-12
[VerUP]JBoss Enterprise BRMS Platform 7.1(リリース日:2018/10/12)
■2018-07-24
[VerUP]Jboss EWS (RedHat) 5.0.0(リリース日:2018/07/12)
■2018-02-20
[VerUP]JBoss Enterprise BRMS Platform 7.0(リリース日:2018/02/15)

すべてを見る

更新日:2019-09-04

JBoss EAPの概要

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform (JBoss EAP) は、Java Enterprise Edition (Java EE ) のフルプラットフォームおよび Web プロファイル仕様の認定実装です。

JBoss EAP のメジャーバージョンはWildFlyコミュニティプロジェクトの機能の完全性が一定のレベルに達した時点で、コミュニティプロジェクトからフォークされます。
最新(2019/8時点)のJBoss EAPは7.2です。

JBoss EAP はフォーク後に安定化、認定、及び改良が行われるため、WildFlyに比べ、エンタープライズに特化した製品と言えます。

同様の機能を提供する製品としては以下のようなものがあります。

TOPに戻る

特徴

JBoss EAP は、高可用性クラスタリング、メッセージング、分散キャッシュなどのオプション機能を提供します。ユーザーは JBoss EAP が提供するさまざまな API やサービスを使用して、アプリケーションをデプロイ、実行することができます。

以下に、JBoss EAPの主要機能を示します。

Java EE 準拠

Java Enterprise Edition 7 の フルプラットフォームおよび Web プロファイルは認定されています。

管理対象ドメイン

複数のサーバーインスタンスと物理ホストを一元管理することができます。設定、デプロイメント、ソケットバインディング、モジュール、拡張、およびシステムプロパティーをサーバーグループごとに管理します。アプリケーションセキュリティー (セキュリティードメインを含む) を一元的および簡単に管理します。

管理コンソール及び管理 CLI

管理インターフェースです。管理 CLI には、管理タスクをスクリプト化および自動化できるバッチモードも含まれています。

簡素化されたディレクトリーのレイアウト

モジュールディレクトリーにはすべてのアプリケーションサーバーモジュールが含まれています。ドメインディレクトリーにはドメインデプロイメントのアーティファクトが含まれ、スタンドアロンディレクトリーにはスタンドアロンデプロイメントの設定ファイルが含まれています。

モジュラークラスローディングの仕組み

モジュールは要求に応じてロード・アンロードされます。不要なモジュールのアンロードによりパフォーマンスの向上およびセキュリティーの強化が実現され、起動および再起動時間が短縮されます。

データソース管理の合理化

データベースドライバーは他のサービスと同様にデプロイされます。データソースは管理コンソールと管理 CLI を使用して作成・管理できます。

TOPに戻る

JBoss EAP を利用したシステムの実装例

この例では、JBoss EAP に2つのアプリケーションをデプロイし、 認証サーバとデータベースへ接続することを想定しています。
ユーザからのリクエストは undetow サブシステムによって処理され、 適切なアプリケーションに振り分けられます。
認証サーバとの接続は security 又は elytron サブシステムを利用することで実装でき、 データベースとの接続は datasource サブシステムを利用して容易に実装できます。

TOPに戻る

システム要件

Java仮想マシン バージョン
Open JDK 8.11
Oracle JDK 8.11
IBM JDK 1.8
Azul Zulu 1.8.11
Azul Zing JDK 1.8.11
OS アーキテクチャ
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート) x86_64
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート) x86_64
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86・x86_64
Microsoft Windows Server 2016 x86_64
Microsoft Windows Server 2012 R2 x86_64
Oracle Solaris 11 SPARC64・x86_64

詳細は公式サイトをご参照ください

TOPに戻る

関連OSS

TOPに戻る

JBossのダウンロード

JBossAS ダウンロードページ

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO
<--!-->