トップ OSS紹介 Rocky Linux

Rocky Linux

NRIのOpenStandiaが提供するRocky Linux最新情報

バージョンアップ情報

Rocky Linux情報

Rocky Linuxとは

Rocky Linux(ロッキーリナックス)は、CentOSの代替として、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)と100%互換性を保つような設計を目指し、コミュニティ主導で現在開発が進められている新たなLinuxディストリビューションです。
2020年12月にレッドハット社はそれまでRHELのダウンストリームとして開発されていたCentOSの開発中止を突如発表し、今後はRHELのアッ プストリーム(RHELの開発ブランチで、先行して新パッケージやパッチが適用される)となる「CentOS Stream」に注力するとの発表を行いました。「CentOS Stream」はRHELのアップストリームとなっているため、CentOSを今までのように利用したいユーザーにとっては、代替OSになりえませんでし た。また、CentOS 8のサポート期間が2029年5月31日から大幅に短縮され、2021年12月31となった点も問題視されました。そのため、CentOS利用者には早急 にOSの移行を促す事態となり、コミュニティから大きな反発が起きました。そのため、現在はCentOSの代替となりえるいくつかのOSの開発が進められ ている状況になっています。
CentOS代替のOSとして、いち早く名乗りを上げたのが、このRocky Linuxとなります。CentOSプロジェクトの創設者であるGregory Kurtzer(グレゴリー・クルツァー)氏が率いているというのも特徴で、コミュニティからの期待も大きいです。現在は Rocky 8(RHEL v8互換)、Rocky 9(RHEL v9互換)という正式安定版がリリースされています。Rocky 8の一般サポートは2024年5月1日まで、セキュリティサポートは、2029年5月1日まで行われます。Rocky 9の一般サポートは2027年5月31日まで、セキュリティサポートは2032年5月31日まで行われます。

主な機能

Rock Linuxには以下のような機能があります。

自動化

anacron、cron、cronieなどを使ってコマンドの自動化を行うことが可能です。

バックアップ・同期

ファイルシステムのミラーリング、バックアップ、同期などを行うことが可能です。

コンテンツ管理

NextcloudやDocuWikiといったCSMを利用することが可能です。

通信サービス

Asteriskなどを使うことで、IP PBX システム、VoIP ゲートウェイ、会議サーバー、その他のカスタム ソリューションを提供することが可能です。

コンテナー

LXDサーバーや、Podmanを使ったコンテナ環境を利用することが可能です。

データベース

MariaDBデータベースサーバーなどを利用できます。

デスクトップ

KDE、MATE Desktop、XFCE Desktop といった複数のデスクトップ環境を利用することが可能です。

DNS

BindによるプライベートDNSサーバーを利用することが可能です。

エディター

microやviといったシンプルエディタから、NvChadのようなIDEまで利用することが可能です。

Email

MTAとしてはpostfix、qmail、sendmail、MDAとしては、procmail、maildrop、MRAとしては、dovecotなどを組み合わせて、メールシステムを構築可能です。

ファイル共有サービス

高可用な分散ファイルシステムであるGlusterFSや、NFS、SFTPサーバーなどを利用することが可能です。

ネットワーク

ネットワーク構成はNetworkManagerによって管理されます。このツールはサービスとして動作ており、様々なネットワーク設定や状態確認を行うことが可能です。また、LibreNMSを利用することにより帯域幅の使用量やサービスのステータス管理などのモニタリングを行うことができます。

パッケージ管理

独自のパッケージビルドを行うことも可能です。

プロキシ

HAProxyやPoundといったプロキシ(ロードバランサ)を利用できます。

仮想化

VirtualBoxなどをインストールして、Rocky Linux上で、仮想化環境を利用できます。

Web

Apache Httpd Serverや、Nginxにより、複数のサイトを構成することができます。PHPと連携することで動的ページを生成することも可能です。

主な特徴

Rocky Linuxは次のような特徴があります。

  • RHELから直接ソースを再ビルドしているため、ユースケースに依存せず、非常に安定したOSとして利用することができます
  • 定期的なアップデートと10年間のサポートライフサイクルによる確かな安定性をすべて無償で提供しており、エンタープライズ用途にも対応します
  • コミュニティ、スポンサー、パートナーは、プロジェクトがコミュニティとともにあることを保証するために、長期的な取り組みと投資が行われています
  • 他のLinux(CentOS Stream、CentOS、Alma Linux、RHEL、Oracle Linux)などから簡単に移行できるような移行スクリプトを無料で提供します

類似プロダクト

RHEL代替OS(ほぼ互換性がある)としては、以下のものがあります。

コミュニティ

  • AlmaLinux OS(旧Project Lenix)
  • CentOS Stream

商用製品

  • Asianux
  • Oracle Linux
  • Amazon Linux

動作環境

Rocky 9 では、

  • x86_64
  • ARM64(aarch64)
  • ppc64le
  • s390x

の4つのアーキテクチャ用のOSイメージが提供されています。

Rocky 8 では、

  • x86_64
  • ARM64(aarch64)

の2つのアーキテクチャ用のOSイメージだけが提供されています。

それぞれ、以下の3つの異なるISOイメージが提供されます。

Boot

ネットワーク経由でRocky LinuxをインストールするためのブータブルISOイメージです。レスキューモードとして利用することもできます。

Minimal

Base Environmentという最小のパッケージ構成だけを含むISOイメージです。

DVD

BaseOSとAppStreamレポジトリを含む完全なISOイメージで、レポジトリの追加なく、インストールを完了できます。DVD ISOイメージからRocky Linuxをインストールするのは最も簡単で一般的な方法です。

Rocky Linuxのライセンス

Rocky Linuxのライセンスは、GPLライセンスです。

GPLライセンスの正式名称は「GNU General Public License」です。ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則とし、ソースコードを改変も認められています。

製品ダウンロード

オープンソース年間サポートサービス

OpenStandiaではOSSを安心してご利用いただけるように、オープンソース年間サポートサービスをご提供しております。
サポートしているOSSは下記ページをご参照ください。

お気軽にお問い合わせください

関連OSS

  • Red Hat Enterprise Linux
    サポート対象

    Red Hat Enterprise Linux

    レッド ハット エンタープライズ リナックス。Red Hat社によって開発、販売が行われている製品版Linuxディストリビューション

  • Debian GNU/Linux

    Debian GNU/Linux

    デビアン グニュー リナックス。パッケージ管理システムにdebを採用しているLinuxディストリビューションです。

  • CentOS

    CentOS

    セント オーエス。Red Hat Enterprise Linuxをベースにして作成されたLinuxディストリビューションです。

OSSをそのままお届けするのではなく、システムに必要な最適な機能を提供するのがOpenStandiaソリューションです。
下記コンテンツも
あわせてご確認ください。