OSS紹介

Ruby on Rails

Ruby on Rails最新情報

NRIのOpenStandiaが提供するRuby on Rails最新情報

Ruby on Railsの保守サポートサービスの内容はこちら Ruby on Railsの導入についてはこちら OSS全般の事例紹介はこちら

Ruby on Railsバージョンアップ情報

■2021-05-12
[VerUP]Ruby on Rails 6.1.3.2(リリース日:2021/05/05)
■2021-05-12
[VerUP]Ruby on Rails 6.0.3.7(リリース日:2021/05/05)
■2021-05-12
[VerUP]Ruby on Rails 5.2.6(リリース日:2021/05/05)
■2021-05-12
[VerUP]Ruby on Rails 5.2.4.6(リリース日:2021/05/05)
■2021-04-08
[VerUP]Ruby on Rails 6.1.3.1(リリース日:2021/03/26)
■2021-04-08
[VerUP]Ruby on Rails 6.0.3.6(リリース日:2021/03/26)
■2021-04-08
[VerUP]Ruby on Rails 5.2.5(リリース日:2021/03/26)
■2021-02-22
[VerUP]Ruby on Rails 6.1.3(リリース日:2021/02/17)
■2021-02-16
[VerUP]Ruby on Rails 6.1.2(リリース日:2021/02/09)
■2021-02-09
[VerUP]Ruby on Rails 6.1.1(リリース日:2021/01/07)

すべてを見る

更新日:2020-07-20

Ruby on Railsの概要

Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)とは、RoR、Railsとも呼ばれる、オープンソースのウェブアプリケーションフレームワークで、2004年にデンマークのプログラマーであり、カーレーサーであり、Basecamp社のCTOでもある、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン氏(通称DHH)によりリリースされました。名前の由来については、JavaのウェブアプリケーションフレームワークのStruts(支柱)に対してRails(枕木)という名前にしたという話もあるようですが真偽は不明です。 Ruby on Railsは、その名のとおりRuby言語で書かれたフレームワークであり、Rubyの「ストレスの少ない軽量プログラミング」といったモットーを、「同じことを繰り返さない」、「少ないコードで簡単に開発できる」、という特長に継承しています。

PHPやJavaで作成されたデータベースを利用する既存のウェブアプリケーションと比較すると、 Ruby on Railsは、開発時間の短縮と生産性の向上に大きく寄与するため、特に規模の大きな事案での置き換えが進んでおり、既に多くの大規模サイトで導入されています。

Ruby on Railsの現在(2020年7月)の最新バージョンは 5.2.4.3、6.0.2.2、6.0.3.1 です。

TOPに戻る

Ruby on Railsの特長

Ruby on Railsは、次のような特長があります。

  • Rubyの思想を受継いだきれいなフレームワーク
  • Convention over Configuration(CoC) 精密な規約設定による作業の省力化
  • Don't Repeat Yourself(DRY) 同じデータやロジックを重複させることがない
  • オールインワンの開発環境
  • Model View Controller(MVC)アーキテクチャで構成

TOPに戻る

こんなお客さまにRuby on Railsの導入をオススメ

次のようなお客様に、Ruby on Railsの導入をオススメします。

  • 実績のあるウェブアプリケーションフレームワークを導入したい
  • Rubyが好きである
  • 工数の削減による生産性の向上が急務である
  • PHPやJavaでの開発に不満を感じていた
  • ウェブアプリケーションフレームワークを初めて導入する
  • MVCの使用に慣れている、またはMVCの導入を検討していた

TOPに戻る

Ruby on Railsのライセンス

LICENCERuby on Railsは、MITライセンスです。
ソースコード公開の有無に関わらず、自由な再利用が認められています。
Ruby on Railsのライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る

関連OSS

TOPに戻る

Ruby on Railsのダウンロード

Getting Started with Rails

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • MongoDB
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Apache Kafka
  • Apache Hadoop
  • Apache Spark
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Dovecot
  • Pentaho
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO