BudgetRunner とは?

OpenStandia BudgetRunner最新情報

更新日:2013-10-31

BudgetRunnerの概要

BudgetRunner(バジェットランナー)は、中堅・中小企業における経営管理を実現するためのソリューション群です。
第一弾として、経費予算管理が提供されており、今後、売上予算・見込み管理などのソリューションが追加されていきます。

現状の予算編成作業では、Excelでデータを集めて、手作業で集計しているため多大な時間と工数を要しています。
BudgetRunner経費予算管理を導入すると、入力された予算データが、自動的にデータベースで一元管理されるため、データの収集・集計を行う必要がなくなります。
Excelベースで行われる予算管理では、実績データとの統合ができていないため、タイムリーで正確な予算・実績比較が行えません。
BudgetRunner経費予算管理を導入すると、予算データが格納されたデータベースに実績データを取り込むことで、予実比較レポートを簡単に作成できるようになります。

また、BudgetRunnerは、データベースやアプリケーション・サーバーといった基盤となるソフトウエアに全てOSSを使用して開発されているため、利用にあたってソフトウエアのライセンス費用が発生せず、低コストでのシステム構築が可能です。

BudgetRunnerの現在の最新バージョン(GA)は、BudgetRunner 1.00 です。(2013年11月現在)

TOPに戻る

BudgetRunnerのライセンス

BudgetRunner(バジェットランナー)のライセンスは、BSD2-Clause License (aka FreeBSD License)です。
BudgetRunnerのライセンスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る

BudgetRunnerの動作環境

前提となる動作環境は、以下のとおりです。(バージョン1.00の場合)

OS Red Hat Enterprise Linux 5.5
JasperServer JasperServer 4.5.0
JasperETL JasperETL 4.1.2
DB PostgreSQL 9.0.4
JDK jdk-6u31-linux-x64
PHP PHP 5.1.6
Apache HTTP Server Apache HTTP Server 2.2.3
Apache Tomcat Apache Tomcat 6.0.26

※詳細はお問い合わせください。

TOPに戻る

BudgetRunnerの主な機能

主な機能は以下のとおりです。

機能 詳細
予算編成機能 BudgetRunnerでは、3種類の予算入力方法をサポートしています。これにより、予算科目ごとに異なる入力要件に柔軟に対応することができます。
予実管理機能 BudgetRunnerでは、Jaspersoftで作成された5つの予実比較レポートがサンプルとして公開されており、予算と実績の比較をさまざまな角度から行うことができます。


予算編成機能

BudgetRunner予算編成機能

  • 申請科目予算

申請科目予算は、各部門(一般ユーザー)が入力・申請を行います。
BudgetRunnerでは、予算科目よりもさらに詳細な細目レベルでの入力が可能です。
また、細目には、細目名と備考(コメント)がテキストデータとして入力することができますので、予算管理を行う上で必要な、申請金額の根拠などもデータとして保存・参照することができるようになります。

BudgetRunner申請科目予算 入力・申請

各部門の申請状況は、予算管理部門(管理者ユーザー)からリアルタイムに確認することができます。

BudgetRunner申請科目予算 申請状況

各部門から申請された予算は、予算管理部門で承認または却下の処理を行うことができます。却下された予算科目については、申請部門で修正入力を行い再申請することができます。

BudgetRunner申請科目予算 ステータス遷移

  • 配賦科目予算

BudgetRunnerでは、全社共通の経費を、各部門に配賦することができます。
経費の総額を入力した後、別途登録される配賦マスターデータで定義された配賦率に沿って、部門への配賦が実行されます。

BudgetRunner配賦科目予算

  • 入力科目予算

給与、通勤手当など人事部門で管理される経費は、部門・科目ごとに合計金額を直接入力することができます。

BudgetRunner入力科目予算

予実管理機能

BudgetRunnerでは、Jaspersoftで作成された5つの予実比較レポートがサンプルとして公開されており、予算と実績の比較をさまざまな角度から行うことができます。

BudgetRunner5つの予実比較レポートとその遷移

BudgetRunner予実比(全社)レポート

BudgetRunner予実比(部門別)レポート

BudgetRunner予実比(半期-部門別)レポート

BudgetRunner予実比(科目別)レポート

BudgetRunner予実明細レポート

TOPに戻る

BudgetRunnerの主な特徴

主な特徴は以下のとおりです。

細目レベルの入力が可能 予算入力において、細目レベルの入力が可能です。さらに、入力の際には、「細目名」と「備考」をテキストデータとして入力することができます。
細目レベルでの予実突合 入力された予算は細目ごとに管理番号が付与されます。この管理番号を利用することで、予実比較の際に細目レベルでの突合を行うことができます。
オープンソース BudgetRunnerはデータベースやアプリケーション・サーバーといった基盤となるソフトウエアに全てOSSを使用して開発されています。
コスト効果 BudgetRunnerはライセンス費用がかからないため、商用製品に比べコストを削減することができます。

TOPに戻る

関連OSS

TOPに戻る

BudgetRunnerのダウンロード

BudgetRunner ダウンロードページ

セットアップ手順書などのBudgetRunner関連ドキュメント一式は、上記ページのDocument.zipをダウンロードしてください。

TOPに戻る

OpenStandiaに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

  • 資料請求
  • お問い合わせ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気midPoint
  • 人気Keycloak
  • 注目MongoDB
  • ForgeRock AM(OpenAM)
  • ForgeRock IDM(OpenIDM)
  • MongoDB
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • PostgreSQL
  • Apache Struts
  • Apache Kafka
  • Apache Hadoop
  • Apache Spark
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • BIND
  • Dovecot
  • Pentaho
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • ForgeRock DS(OpenDJ)
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO