セミナー・イベント

2009/01/22 ITマネージャ必聴!IT活用セミナー 勝ち残りの法則~管理・統合化スペシャル~

 仮想化のスペシャリスト 日本HP、OSSサポートシェアNo.1のNRIの共同セミナー!
OpenStandia™(オープンスタンディア) ロゴ

経済環境の先行き不安により、企業には一層の業務改善とコスト削減が求められる厳しい状況が続いています。しかし、このような景気後退の時期においても、企業の勝ち残っていくためにはこれから企業の競争力を向上させる分野、売上増大への寄与が見込まれる分野への積極的なIT投資、すなわち「攻めのIT投資」を継続的に行っていくことが重要です。

さらに、そのプロセスの中で、これまでITでコストがかかっていた部分を再点検し、「攻めのIT投資」を実現するためにITコストを適切に配分し、資産効率の向上に努めていくことが急務といえるでしょう。

日本では、企業のITコストの約6~7割が保守・運用コストに割り当てられているといいます。本セミナーでは、「管理・統合化スペシャル」として、この保守・運用コストを見直し、管理・運用効率をも改善する「Blade+仮想化技術 ~仮想化の活用の勘所~」、「企業情報ポータル」という2つの管理・統合化の側面からの事例を中心に、日本ヒューレット・パッカード株式会社、株式会社野村総合研究所の手がけたIT活用成功事例をご紹介いたします。

★★ご参加者に大人気のHP MiniNoteが抽選で当たります!!★★

HP 2133mini-note

開催概要

日時
2009年1月22日(木)13:30~17:30(受付開始 13:00~)
場所
日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)本社
(JR総武線 市ヶ谷駅 徒歩3分、東京メトロ有楽町線、南北線(出口2番/3番) 徒歩3分、都営地下鉄新宿線(出口A2番) 徒歩3分)
〒102-0076
東京都千代田区五番町7番地
対象
ITマネージャ、IT企画担当者の方
参加費
無料
定員
50名 (事前登録制)
内容
本セミナーでは、保守・運用コストを見直し、管理・運用効率をも改善する、管理・統合化に関するIT活用事例をご紹介します。
「Blade+仮想化技術 ~仮想化の活用の勘所~」では、お客様の管理コストを大幅に削減し、サーバ環境、仮想化ソフトウェア、ゲストOSを効率的に管理・統合する仮想化に関してさまざまなノウハウやメリット、リスク回避方法、さらに仮想化のメリットを最大限に引き出す管理・運用ノウハウを分かりやすくご説明いたします。
また、「フル・オープンソースで実現する企業情報ポータル」では、企業(従業員)の情報共有や、コミュニケーション/コラボレーションを支え、今や企業にとって欠かせないツールとなっている『企業情報ポータル』において、オープンソースをフル活用することで、ソフトウェアコストを大幅に削減できる、「OpenStandia/Portal」についてご紹介します。
最新IT技術と豊富な導入実績に裏付けられた現実味のあるアドバイスを融合した、ノウハウ満載のセミナーです。
セミナーの後には個別相談会(予約制)もございます。
皆様、是非ご来場くださいませ。
 
プログラム
13:00~13:30 開場
13:30~14:20 不況を乗り切る効果的なOSSを活用したソリューションのご紹介

株式会社 野村総合研究所オープンソースソリューションセンター センター長 寺田 雄一
--------------------------------------------------------------------------------------
企業の競争力を向上させる分野に積極的に投資し、「攻めのIT投資」を継続させるための
「打つべき最初の一手」として、オープンソースを活用したソリューションをご紹介します。

14:20~15:10 Blade+仮想化技術 ~仮想化の活用の勘所~

日本ヒューレット・パッカード株式会社 ESSプリセールス統括本部
ISSソリューション本部ISS技術部 伊藤 康史
--------------------------------------------------------------------------------------
これからのIT活用の要としての「仮想化」とそれをささえる管理・監視技術、リスク回避など、
どうすればより「有効なITインフラ活用」を実現できるかご説明いたします。

15:10~15:20 休憩
15:20~15:50 仮想化とオープンソースを交えたITインフラの実現

日本ヒューレット・パッカード株式会社 ESSプリセールス統括本部
ISSソリューション本部ISS技術部 伊藤 康史
--------------------------------------------------------------------------------------
「仮想化」、「オープンソース」を交えた「実現できる高バリューなITインフラ」の事例を通して、
今後のITインフラのあり方をご紹介します。

15:50~16:20 フル・オープンソースで実現する企業情報ポータル

株式会社 野村総合研究所オープンソースソリューションセンター センター長 寺田 雄一
--------------------------------------------------------------------------------------
企業(従業員)の情報共有や、コミュニケーション/コラボレーションを支える『企業情報ポータル』は、
今や企業にとって欠かせないツールとなっています。オープンソースをフル活用することで、
ソフトウェアコストを大幅に削減できる、「OpenStandia/Portal」についてご紹介します。

16:20~16:30 質疑応答・アンケート
16:30~17:30 個別相談会(要予約)

主催
日本ヒューレット・パッカード株式会社、株式会社 野村総合研究所
お申し込み
お申し込みは終了しました。
  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO