セミナー・イベント

2010/06/24 【NRI主催】オープンソース・セミナー
~NRI・日立によるオープンソースに関する取り組みとオープンソースのご紹介~ 開催

昨年ご好評をいただいた、日立製作所・野村総合研究所(*1) による「オープンソースセミナー」を、今年も引き続きの開催いたします!
昨今、企業システムにも徐々に導入が進んでいるオープンソースソフトウェア。
今回は、野村総合研究所・日立製作所より、オープンソースソフトウェアの企業システム向けへの適用の取り組み事例や適用時のポイントをご紹介します。
是非、ご参加ください。

(*1) 野村総合研究所・日立製作所は、2007年1月よりオープンソースソフトウェア(OSS)の分野で協業を展開しています。

※セミナー会場が変更になりました。最新情報はこちらのページでご確認ください。

開催概要

日時
2010年6月24日(木) 14:00~16:10(受付開始 13:30~)
場所
野村総合研究所 木場総合センターN棟2階 会議室2
(地下鉄東西線木場駅4番出口より深川ギャザリア方面へ徒歩5分)
〒135-0042
東京都江東区木場1-5-15 タワーN棟
参加費
無料
定員
24名 (事前登録制) 定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※お申し込み数が多い場合には、締切日の前に受付を終了させていただくことがあります。
お早めにお申し込みください。
プログラム
13:30~14:00 開場
14:00~14:10 開催のご挨拶
14:10~15:00
「OSS 最新事例紹介『企業情報ポータル、シングルサインオン』」

株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューションセンター
センター長 寺田 雄一
--------------------------------------------------------------------------------------
野村総合研究所のOpenStandiaチームが手がけた、200超のプロジェクトの中から、『コスト削減』を可能にする
エンタープライズ事例を、分りやすく解説します。
今回は、最近特に注目されている「企業情報ポータル」、「シングルサインオン」、「統合ID管理」についての
事例を紹介します。

15:00~15:10 休憩
15:10~16:00
P2V(Physical to Virtual)の今、
PostgreSQLやMySQLの仮想化環境への適合性を考える

株式会社日立製作所 情報・通信システム社 ソフトウェア事業部
井野木 雅彦
--------------------------------------------------------------------------------------
仮想化も第2章へ突入した今、P2V(Physical to Virtual)で仮想化を導入するに際し、多くの方が悩む点と
仮想化機能を有効利用するポイントについて、OSSデータベース(MySQLやPostgreSQL)を題材に紹介します。

16:00~16:10 質疑応答

主催
株式会社野村総合研究所
お申し込み
お申し込みは終了しました。
  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO