NRI OSSソリューションマガジン(メールマガジン)

                       2008.02.14発行    Vol.7
───────────────────────────────────
◆◇ NRI OSSソリューションマガジン
───────────────────────────────────
株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター(OSSC)の
私市(きさいち)です。今回は、企業ITを支える根幹「電子メールシステム」の
安全な移行ソリューションをご紹介します。

※本メールは、NRI OSSCが主催・共催するセミナーに参加いただいお客様や、
 NRI OSSCメンバーと名刺交換をさせていただいたお客様、過去にNRI-OSSCに
 お問い合わせいただいたお客様、OSSユーザコミュニティサイトの会員様に
 配信しています。注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html

■目次
1.ニュースリリース
 電子メールサーバソフト「sendmail」から「postfix」への移行サービス
2.コラム 「Asterisk(アスタリスク)って知ってますか?」
3.コラム 「SIerにとってのオープンソース」
4.今月注目の「バグ&セキュリティ情報」
5.最新イベント情報!


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ニュースリリース
 電子メールサーバソフト「sendmail」から「postfix」への移行サービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 NRIでは、2月7日に電子メールサーバソフト「sendmail」から「postfix」
への移行支援サービス開始のニュースリリース発表いたしました。
「sendmail」はオープンソースのメールサーバソフトウェアで、全世界で最も
よく利用されています。しかし、歴史が古いこともあって、近年ではセキュリ
ティやパフォーマンスなどの課題が指摘されています。内部統制の強化を進め
る中で問題となり、対策が必要になるケースも多いようです。

 お客様の抱える課題と、NRIがご提案する解決策とは…

詳細は、以下のWebサイトでご覧ください。
http://openstandia.jp/solution/mailserver/index.html

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.コラム 「Asterisk(アスタリスク)って知ってますか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
                                        日本Asteriskユーザ会 高橋隆雄

 皆さん初めまして。日本Asteriskユーザ会の高橋です。皆さんはAsterisk
をご存知でしょうか?いま注目を集めているオープンソースのひとつです。

オープンソースの波はテレフォニーにも

 オープンソースといえばLinuxを代表とするOSやApacheのようなWebサーバ、
MySQLのようなデータベースなどがよく知られています。このためか人によって
はオープンソースといえばサーバと思っている場合もあるようです。
 しかしながら今やオープンソースは例えばOpenOffice.orgのようなオフィス
アプリケーションもありますし、ほとんどのソフトウェアのジャンルを網羅し
ていると言えるでしょう。
 ところが空白地帯とも言える分野がありました。それがテレフォニー分野で
す。テレフォニー分野というと一般のユーザにも企業ユーザにもあまり馴染み
がなく、手を出しにくい分野と思われていますが、実際にはそうではありませ
ん。
 このテレフォニー分野のオープンソース化に先鞭を付けたのがAsteriskです。

テレフォニーって何だ?

 では、そもそもテレフォニーとは何でしょうか?企業ユーザの皆さんにもっ
とも馴染みが深いのはPBX(Private Branche eXchange:構内交換機)ではないで
しょうか。PBXと言うとわかりにくいかもしれませんが、皆さんが会社で使っ
ている電話のことです。内線番号を回せば(回すという表現はもう古いですが)
内線通話ができますし、外線通話で一般の電話や携帯電話とも通話できますね。
この処理を行っているのがPBXです。
 PBXのような処理は一般的には電話交換と呼ばれます。ですから「交換機」
というわけですね。昔はこれは人手で行っていた作業で、会社には「電話交換
手」と呼ばれる人が居ました。
 テレフォニーの範疇にはこの電話交換作業だけではなく、例えばコールセン
ターや音声メニュー(IVR:Interactive Voice Response)も含まれます。 音声
メールや通話録音もこのテレフォニー分野に含まれます。

Asteriskで何ができるの?

 ではAsteriskでカバーできるテレフォニーの分野とは何でしょうか?実は上
に挙げた全ての処理が実現できます。電話交換はもちろんコールセンターの構
築から通話録音もできます。そしてAsteriskはオープンソース(GPL2)です。
 そんな都合の良いオープンソースのソフトウェアが本当にあるのかと勘ぐり
たくなるかもしれませんが、それがAsteriskなのです。
 Asteriskは"Asterisk: An Open Source PBX"と呼ばれているために、どちら
かといえば電話交換機のイメージが先行してしまい、一般のユーザには関係の
ないものと捉えられがちなのですが、実はAsteriskは家庭から企業まで幅広く
応用することのできるオープンソースのひとつです。極端なことを言えば、家
庭の電話システムをAsterisk化することで超高機能な留守番電話にすることも
できますし、今話題のモバイルセントレックス化することもできます。

どこを見ればわかるの?

 日本国内ではAsteriskの情報はまだそれほど多くありません。高橋のやって
いるVoIP-Info.jp Wikiが事実上の情報源となっています。コミュニティ活動を
まとめようということで、昨年の5月に日本Asteriskユーザ会が発足しましたが
現在のところは単なるユーザ会です。

・VoIP-Info.jp Wiki
 http://voip-info.jp/
・日本Asteriskユーザ会
 http://asterisk.gr.jp/

 Asteriskの魅力や何ができるのかについては、本コラムでまたご紹介したいと
思います。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.コラム 「SIerにとってのオープンソース」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
         NRI オープンソースソリューションセンター長 寺田雄一

 SIerにとって、オープンソースはどのようなインパクトがあるだろうか?

 様々なプロダクトを組み合わせて、システムを構築し、お客様に提供すると
いう「システムインテグレーター」のビジネスの中で、「プロダクトのライセ
ンスを販売する」というビジネスが締める割合は決して小さなものではない。
(各社で事情は異なるだろうが)オープンソースが普及し、「ライセンス費」
のビジネスが無くなると、売上が小さくなってしまう、という危惧はあるだろ
う。この点で、オープンソースの活用にあまり積極的ではないSIerも少なくな
い。

 しかし、オープンソースの流れは止まらない。

 ある統計によると、75%の企業でなんらかのオープンソースを既に導入して
いる。その1年前の統計では50%であったので、年に25%というスピードで普及
が進んだことになる。(もちろん、「なんらかの」という部分で、Linuxのみ
利用しているケースも多いと思われるが。 それでもオープンソース普及の、
大きな流れは表している。)

 また、最近のオラクル社によるLinuxビジネスへの参入や、サン・マイクロ
システムズ社によるMySQLの買収など、大手ITベンダーもオープンソースビジ
ネスに参入し、 エンタープライズ分野においても、ますますオープンソース
が使われるようになるのは間違いない。

 SIerは今、「オープンソースが普及するかどうか」ではなく、「オープン
ソースが普及するのは間違いない。 では、SIerとしてどう行動するのか?」
が問われている。

 デメリットばかりではない。

 SIerであれば、商用プロダクトの不具合について、「コールセンターに問い
合わせたが、日本にはエンジニアがおらず、米国に質問がまわされ、解決まで
に数週間かかった。」といった対応に悩まされた経験は誰しもあるだろう。
オープンソースは、これまでブラックボックスで手が付けられなかったOSや、
ミドルウェアについて、自社に「コントロールを取り戻す」チャンスだ。また
オープンソースを上手に活用すれば、自社ソリューションを短期、かつ低コス
トで開発することも可能だ。

 ただ、オープンソースを利用するスキルは、商用プロダクトのそれとさほど
変わらないが、ソースコードレベルで対応するスキルは難易度が高く、また
「より上流へ」というSIerの今後の方向性とも相反するところがある。

 このような部分で、弊社のオープンソースサポートサービス「OpenStandia」
が、多くのSIerのお役に立つことを願っている。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.今月注目の「バグ&セキュリティ情報」
 ~Sun JRE/JDK に
  Java アプレット/アプリケーションに権限を昇格される複数の脆弱性~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

※「バグ&セキュリティ情報」はメールマガジンでは概要のみ掲載します。
 詳細およびサポートサービスのご相談は、以下からお問い合わせください。
http://openstandia.jp/site/contact.html


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.最新イベント情報!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
┌──────────────────────────────────
│OSS導入をご検討のIT 管理者様、必見!デル、インテル、NRI、OSSTech主催
│
│「今からはじめるオープンソース ~ OSS事例&実践セミナー」 
│        2008/03/11(火)開催
└──────────────────────────────────
本セミナーでは、製造業やECサイト、金融機関や大学などへの導入成功事例、
OSS導入のキーポイントなど、これから本格的にOSS導入を検討されている企業
のIT 管理者様のお役に立つOSSソリューションをご紹介します。

日時:2008年3月11日(火)13:30~17:00(受付開始 13:30~)
場所:野村総合研究所 丸の内総合センター 9F
定員:50名
費用:無料(完全事前登録制)

セミナー詳細、お申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20080124_2.html

┌──────────────────────────────────
│~ 次世代ネットビジネスを勝ち抜くマーケティング戦略 特別無料セミナー
│        2008/03/11(火) 福岡にて開催決定!
└──────────────────────────────────
セミナーの詳細は、近日中にホームページに掲載いたします。
もうしばらくお待ちください。
http://openstandia.jp/event/ommerce.html


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。
先月末、中国の論語ブームの火付け役でもある北京師範大学の于丹教授が来日
されたそうです。ちょうど本屋で「論語力」という新書を見つけて読み始めた
時期でした。中国の論語ブームは、「目覚しい発展でモノがあふれる中、精神
的な喪失感を抱く中国人の心の核となった」ためと言われています。私も現在
の年齢になって、以前とは違った認識を持って読み直しています。2000年以上
経った現代社会でも共通する、精神的なヒントがたくさんあるものですね。
次回もどうぞよろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html

商品・サービスに関するお問い合わせ:ossc@nri.co.jp
OSSソリューションマガジンに関するお問い合わせ:magazine-ossc-ext@nri.co.jp
発信元:株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
http://openstandia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO