NRI OSSソリューションマガジン(メールマガジン)

                       2010.01.05発行    Vol.30
───────────────────────────────────
◆◇ NRI OSSソリューションマガジン
───────────────────────────────────
※本メールは、NRI OSSCが主催・共催するセミナーに参加いただいたお客様や
 NRI OSSCメンバーと名刺交換をさせていただいたお客様、過去にNRI-OSSCに
 お問い合わせいただいたお客様、OSSユーザコミュニティサイトの会員様に
 配信しています。注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新年のご挨拶
                                                        寺田 雄一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
明けましておめでとうございます。

昨年も、大変多くのお客様にサービスを提供させて頂くことができました。
メンバー一同感謝しております。
また、パートナー企業や各オープンソースコミュニティ、関係者の方々にも
大変お世話になり、ありがとうございました。

皆様に、OpenStandiaについてもっと知って頂きたいと思い、ご挨拶の代わり
として少しお話しをさせて頂ければと思います。


■OpenStandiaの誕生ストーリー

OpenStandiaの前身は、私が2003年にオープンソースの専門組織の必要性を訴
え、企画・設立した、「オープンソースソリューションセンター」です。
(組織としては現在もあります)
2003年から2006年までの3年間は、NRIがお客様に対してシステムの開発や運用
を行う際に、NRIの事業部門に対してオープンソースに関する技術支援を行う、
バックエンドサポートを行っていました。

その3年の間に、幸運にも大規模システムにおける導入実績をいくつか積むこ
とができたのですが、その間に社外のお客様やインテグレーター様から、

『システム開発は自社で行うので、
 オープンソースに関する技術サポートをしてほしい。』

というご要望を多数頂きました。

当時は、社外のお客様やインテグレーター様に対するサポートを行うことは
組織のミッションとしてできなかったので、やむを得ずお断りするしかなかっ
たのですが、

『高額なライセンス費で困っている、
 お客様やインテグレーター様のお役に立ちたい。』

『オープンソースのメリットを、
 もっと多くの企業が享受できるようにしたい。』

という気持ちから、「オープンソース・ワンストップサービス OpenStandia」
を、社内ベンチャーとして立ち上げました。2006年のことです。

当時は社内にも「なんで競合にあたるインテグレーターを支援するんだ」と
いった反対の声も多く、大変な苦労もありましたが、「オープンソースの普及
こそが日本の情報サービス産業全体の発展につながるのだ」と周囲を説得して
きました。

おかげさまで、これまで200を超える企業やプロジェクトに対して、サービス
を提供することができました。
(最近はカウントできていないので、実際にはもっと多いと思います。)


■情報システム部門様やインテグレーター様のために

元々、我々自身がインテグレーターだった(今でも会社としてはインテグレー
ターですが)ので、情報システム部門様やインテグレーター様の悩みはよく
理解しているつもりです。

オープンソースを活用しようとした場合、やはりそのサポートに不安があること
と思います。
お客様企業(事業部門)に対して、「これはオープンソースなので、不具合が
あっても仕方がありません」とは言えません。
OpenStandiaがきちんとオープンソースのサポートを提供することで、お客様
企業(事業部門)にも安心してオープンソースをご利用頂ければと思います。

また、情報システム部門様やインテグレーター様は、お客様企業(事業部門)
に対して、「システムの完全な稼動」という重い責任を負っています。
一方、それを支えるべきソフトウェアベンダーは、ほとんど責任を負ってくれ
ません(対応もしてくれません)。
お客様企業の情報システム部門やインテグレーター様は、これらの間でご苦労
をされていると思います。
私自身、以前はソフトウェアベンダーのサポートに、ずいぶん泣かされました。
(”それは仕様です”、とか)

OpenStandiaでは、今度は我々がソフトウェアベンダーに代わって、サポート
サービスを提供する側になります。
我々は、「ソフトウェアが稼動するかどうか」という視点では対応しません。
常に、「お客様のシステムが稼動するかどうか」という視点で対応します。
具体的には、サポート対象のソフトウェアに問題があるかどうかわからなくて
も、システム全体としての障害切り分けを行います。
場合によっては、サポート対象外の商用製品の問題点を指摘することもありま
す。
これは、我々自身がインテグレーターであるからこそ、持つことができる視点
だと考えています。


■高額なライセンス費用と決別するために

2009年は、シングルサインオン、統合ID管理、企業情報ポータル、Notesエク
ステンションといったサービスが特に人気がありました。

・シングルサインオン
 http://openstandia.jp/solution/sso/index.html?mm=30_1
・統合ID管理
 http://openstandia.jp/solution/id_management/index.html?mm=30_2
・企業情報ポータル
 http://openstandia.jp/solution/eip/index.html?mm=30_3
・Notesエクステンション
 http://openstandia.jp/solution/notes/index.html?mm=30_4

不況を反映してか、ほとんどのお客様、インテグレーター様が、

『当初は商用製品を検討していたが、あまりに高額なため、
 オープンソースの活用を検討したい。』

という理由で、弊社のサービス「OpenStandia」をご利用頂きました。
このような不況下であっても、セキュリティ対策やコンプライアンスへの対応
は不可欠です。
オープンソースを活用して、それらを実現可能にするといったところで、
OpenStandiaが情報システム部門様、インテグレーター様のお役に立てたので
はないかと自負しております。

今年も、引き続き不況だと言われています。
高額なライセンス費のために、ITを導入できないとお困りのお客様がいらっ
しゃるかもしれません。
また、高額なライセンス費のために、お客様にソリューションを提案できない
インテグレーター様がいらっしゃるかもしれません。

しかし、このような時こそ、ITの力が必要なはずです。
また、前述のとおり、セキュリティ対策やコンプライアンス対応は不可避で
す。

OpenStandiaは、今年も、オープンソースを活用することで大幅に導入費用を
削減しながら、企業のITを強化する、そんなお手伝いをしていきたいと思い
ます。

2010年も、オープンソースの普及と発展のため、そしてオープンソースの活用
による企業の発展に貢献するために、OpenStandiaは活動してまいります。

本年も宜しくお願い致します。

                             2010年1月5日
                 株式会社 野村総合研究所 情報技術本部
           オープンソースソリューションセンター長 寺田 雄一
                        http://openstandia.jp/


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 最新イベント情報!
 1/22 新春 OpenStandiaソリューションセミナー
      企業情報ポータル Liferay と MySQL
    ~効率的な情報活用を支援するオープンソースEIPソリューション~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
┌──────────────────────────────────
│ 2010/1/22 新春 OpenStandiaソリューションセミナー
│       企業情報ポータル Liferay と MySQL
│   ~効率的な情報活用を支援するオープンソースEIPソリューション~
└──────────────────────────────────

企業内外に溢れる莫大な量の情報をいかにして効率的に活用するかは、情報化
が進んだ今日の大きな課題といえます。今回のセミナーでは、そのような課題
のソリューションとして、オープンソースの企業情報ポータル Liferayをご紹
介します。
Liferay は企業情報システムとの連携が容易であることに加え、MySQLとの親和
性も高く、柔軟なアクセスコントロールほか豊富な機能を備え、総合的に高い
評価を得ています。情報共有・伝達の向上や業務の効率化を、対費用効果の高い
オープンソースソリューションで実現してみませんか?また、ITガバナンスの
強化を検討されている方にもおすすめのセミナーです。
また、今回はサン・マイクロシステムズ株式会社 MySQLシニアエバンジェリスト
梶山 隆輔氏をお迎えし、『MySQLの高可用性ソリューション』について解説して
いただきます。是非ご来場ください。

日時:2010年1月22日(金) 15:00~16:30(受付開始 14:30)
会場:野村総合研究所 木場総合センターN棟1階大会議室
定員:50名
費用:無料(事前登録制)

講演内容:
・「コスト削減を実現する、オープンソース活用事例のご紹介」
・「MySQLの高可用性ソリューション」

イベントの詳細やお申し込みはホームページをご覧ください。

http://openstandia.jp/event/event20100122.html?mm=30_5


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html

商品・サービスに関するお問い合わせ:ossc@nri.co.jp
OSSソリューションマガジンに関するお問い合わせ:magazine-ossc-ext@nri.co.jp
発信元:株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
http://openstandia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO