NRI OSSソリューションマガジン(メールマガジン)

                       2012.05.24発行    Vol.57
───────────────────────────────────
◆◇ NRI OSSソリューションマガジン
───────────────────────────────────
こんにちは。株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
(OSSC)の私市(きさいち)です。
5/21の金環日食、皆様はご覧になりましたか?灰色の厚い雲の隙間から太陽の
環が見えた時には本当に感動しました!天体がぐるぐると回っている、宇宙の
大きな流れの中に自分たちがいるんだなぁとも感じました。
今月号から新コンテンツ「横浜ガイド」を掲載します。こちらもご覧ください。


※本メールは、NRI OSSCが主催・共催するセミナーに参加いただいたお客様や
 NRI OSSCメンバーと名刺交換をさせていただいたお客様、過去にNRI OSSC
 にお問い合わせいただいたお客様、OSSユーザコミュニティサイトの会員様に
 配信しています。注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html


■目次
1.What's New
◆プレスリリース(2012.5.9)
 オープンソースソフトウェア50種のバージョンアップ情報を無償公開
 ~ソーシャルメディアなどを活用してエンジニアの情報収集を支援~

◆OpenStandia史上 最高の動員数達成!クラウド コンピューティングEXPO 春

2.コラム これならわかるOSSライセンス その3

3.オープンソースまるごとコンサルティング 第22回
 ~グループネットワーク内にいない海外拠点との情報共有~

4.横浜ガイド 第1回

5.今月注目の「バグ&セキュリティ情報」

6.最新イベント情報!
(1)6/7 OSS BI(Jaspersoft)のご紹介とJasperReportの導入&実践解説セミナー
(2)6/14 オープンソースムーブメントが創りだす新たなビジネスモデルセミナー


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.What's New
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
───────────────────────────────────
◆プレスリリース(2012.5.9)
───────────────────────────────────
株式会社野村総合研究所は、約50種類のオープンソースソフトウェアに関する
バージョンアップ情報を独自に収集し、WebサイトやTwitter、Facebookなどを
活用して無償公開し、脆弱性対策や新機能の導入についての情報共有を推進す
ることで、OSSを活用しているエンジニアを支援します。

オープンソースのバージョンアップ情報は、以下の4つのサイトで公開します。
OSS紹介では、各OSSの概要や機能、特徴、導入事例などもご紹介しています。
こちらもご覧ください。

■Web(OSS紹介):http://openstandia.jp/oss_info/
■RSS:http://openstandia.jp/oss_info/atom.xml
■Facebook:http://www.facebook.com/ossinfo
■Twitter:http://twitter.com/oss_info(@oss_info)

▽プレスリリースの詳細はこちらをご覧ください。
 http://www.nri.com/jp/news/2012/120509_1.html


───────────────────────────────────
◆OpenStandia史上 最高の動員数達成!クラウド コンピューティングEXPO 春
───────────────────────────────────
先日開催されたクラウド コンピューティングEXPO 春では、NRI展示ブースでの
来場者動員数、配布した資料数ともに、OpenStandia史上 最高となりました!
ご来場くださった皆様、誠にありがとうございました。

講演の資料はこちらからダウンロードいただけます。


▽講演資料 オープンソースで実現する統合認証基盤.pdf
 http://openstandia.jp/pdf/2012exposeminar_sso&idm.pdf?mm=57_1
▽講演資料 オープンソース最新動向.pdf
 http://openstandia.jp/pdf/2012exposeminar_oss.pdf?mm=57_2

▽講演資料 「広がるビジネスシーンでのタブレット利用」
 タブレットBIの可能性.pdf
 http://openstandia.jp/pdf/2012exposeminar_bi.pdf?mm=57_3


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.コラム これならわかるOSSライセンス その3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
                           行政書士/管理本部長
                                      ワークブレイン・ジャパン株式会社
  (IPA国際標準化センター主査リーガルワーキンググループ 主査)江端 俊昭


OSSを利用する際に、許諾の対象となる主だった支分権について個々に触れて
いきましょう。

まずは、「複製」とはどういうことでしょうか?

あなたが、OSSを入手しようとしてWebサイトからダウンロードしたり、それを
他人に配布するためにCDやDVDに書き込んだりする行為は、「複製」にあたり
ます。「複製」とは、著作物を新たな有体物、つまり一般的にメディアといわ
れるHD、CD、DVD、ROMやマイクロチップ等に固定することをいいます。

次に、あなたが入手したOSSを実行するために、ソースコードをコンパイル・
リンクして実行イメージを生成したとします。この場合、生成されたイメージ
はコンパイラやリンカーによってソースコードとは異なる形態になりますが、
法的には同一のものと解されており、かつ生成されたイメージもメディアに固
定されていますので、複製物にあたるとされています。

では、固定されるとはどういうことでしょうか?たとえば、メモリー上にロー
ドされるOSSの実行イメージあるいはOSSをクラウド環境のWebアプリケーション
として利用する場合などは、厳密言えばメディアに固定されているとはいえま
せん。

こうした利用は「一時的蓄積」と定義づけられていますが、欧米先進国では、
一時的に蓄積されることも「複製」に該当するとした上で、複製権を制限すべ
きという解釈がなされています。

複製権の制限とは、著作権者の許諾を得ずとも複製行為ができるということで、
EUでは、権利制限規定として、契約において特段の定めがない、プログラムの
利用に必要であること、プログラムの適法な取得者によること、プログラムの
意図された使用目的(プログラムの利用許諾契約において規定されることが考
えられる種々の条件)に合致していることが要件として明文化されています。

一方、我が国では一次的蓄積に関する明文規定がないこと、「複製」の概念と
するには、蓄積行為が発生する都度、著作権者の許諾を要する可能性もあるこ
とから解釈が分かれ、欧米と同様の見解に立つことに慎重でしたが、平成21
年の著作権法の改正で、電子計算機における著作物の利用に伴う複製(法47
条の8)として、例えばOSSの実行(メモリー上の一次的蓄積)やクラウド環境
におけるOSSのブラウザ上での利用(ユーザー端末上の一次的蓄積)行為そのも
のは、その行為の対象となるOSSの利用について著作権を侵害していなければ、
著作権侵害とならないことが明文化されました。

従って今後は、「複製」の範囲や権利制限のおよぶ範囲についても欧米と差異
のない扱いがなされるものと考えられます。

【ご参考URL】
http://moe3.co.jp/2012/05/ebata/


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.オープンソースまるごとコンサルティング 第22回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃22┃ ~グループネットワーク内にいない海外拠点との情報共有~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.弊社海外子会社のIT部門との情報共有・ノウハウ共有を実現するシステム
  をOSSで構築することを検討しています。グループネットワークに繋がった
  会社もありますが、そのネットワーク内にいない、まだ何もつながってい
  ない会社に対しても情報共有を実現する必要があります。セキュリティ面
  で考慮すべきことを教えていただけますか?

A. 「インターネット経由の社内システムへのアクセス時に、セキュリティを
  どうやって担保するか」が大きな課題になると思います。
  セキュリティを担保する方法として、ID・パスワードでの認証のほかに
  以下の認証を行うのがお勧めです。

  ・PKI(クライアント証明書)
  ・ワンタイムパスワード
  ・マトリックス認証

  また、さらに強固なセキュリティを確保するために、以下のようなことも
  検討されるとよいと思います。

  ・IPアドレスによる制限
  ・時間帯による制限
  ・ブラウザ種別による制限
  ・リスクベース認証

★まとめ:
  ここ数年、会社利用のPCのほか、モバイルPC、スマートフォン、タブレット
  といった端末からのインターネット接続が増えてきました。
  多様な接続環境でのセキュアなアクセスを実現しながら、OpenAMとの連携
  によるシングルサインオンを行う方法をご紹介します。お気軽にNRI OSSC
  にご相談ください。
           OpenStandia営業マネージャー まるコン担当 谷川

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.横浜ガイド 第1回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

横浜は、個人的にいろいろな繋がりがあって好きな街です。その横浜を、普通
の観光案内とは違った観点でご紹介するコンテンツにしたいと思います。

NRI OSSCのオフィス 横浜ビジネスパークにいらっしゃる機会がある方、横浜
近辺に来たけど時間が空いてしまったという方、ここで紹介するスポットを
訪ねてみてはいかがでしょうか?

==================================================
コワーキング&シェアオフィススペース「タネマキ」
==================================================
コワーキングスペースは、「下北沢オープンソースCafe」が2012年OSS貢献者
賞 団体部門を受賞したこともあり、OSSエンジニアにはよく知られていますね。
ここでは、OSS関連以外の職種の方と出会えるチャンスも多いんですよ。

・横浜駅から徒歩7分
・テーブル、椅子、ソファ、電源、無線LAN完備
・打ち合わせや勉強会、ワークショップの開催にも利用可能
・さまざまな交流イベントも企画されている
・料金は2時間まで500円、それ以降は1日1,000円(ワンドリンク付き)

横浜でノートPCの電源や無線LANが必要になったら、いろいろな人脈を作り
たくなったら、「タネマキ」へ行ってみてください!

http://tane-maki.net/
http://www.facebook.com/tanemaki


(おまけ)
タネマキに行く前に、私市お気に入りのおいしいイタリアンレストランでの
ランチもいかがでしょうか?ディナーに比べて、ランチはお得感があります。
タネマキに行く道の途中とまではいきませんが、割と近くにあるんです。

「オ・プレチェネッラ (O Pulecenella)」
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140101/14000055/


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.今月注目の「バグ&セキュリティ情報」
 ~CGI 版 PHP のクエリ文字列の処理に任意のコードを実行される問題~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


※「バグ&セキュリティ情報」はメールマガジンでは概要のみ掲載します。
 詳細およびサポートサービスのご相談は、以下からお問い合わせください。
https://openstandia.jp/site/contact.html?mm=57_4


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.最新イベント情報!
(1)6/7 OSS BI(Jaspersoft)のご紹介とJasperReportの導入&実践解説セミナー
(2)6/14 オープンソースムーブメントが創りだす新たなビジネスモデルセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
┌──────────────────────────────────
│ 6/7 Jaspersoft最新バージョンの機能をチェック!
│ OSS BI(Jaspersoft)のご紹介とJasperReportの導入&実践解説セミナー
└──────────────────────────────────
企業内のさまざまなシステムにおいて、オープンソースソフトウェア (OSS)
の利用は一般的になりつつあります。さらに、クラウドサービスのツールと
しても多くのサービス企業がOSSを利用しています。一方、Commercial OSS
と従来の商用サービスソフトとの違いやサポート体制などについても不安を
お持ちの企業も多いのではないかと考えております。

また企業にとって、変化が激しく、かつ競合が激しい時代において、ますます
企業分析のニーズが高まっています。それも以前のように過去データを分析し
て、現在に当てはめるのではなく、生のデータをあらゆる角度から分析して、
早いディシジョンを、現場レベルで行う・・といった新しいニーズが発生して
います。

この機会に、今後のIT戦略立案やCommercial OSS導入の手順などについて、
参考にしていただければと考えております。是非、ご参加ください。


【開催概要】
日時:2012年6月7日(木) 16:00~18:00(受付開始 15:30~)
場所:野村総合研究所 丸の内総合センター 9F 会議室11
費用:無料
定員:20名 (事前登録制) ※定員に達した時点で申込みは終了といたします。

講演内容:
・「広がるBIツールの活用シーン」
 株式会社野村総合研究所
 オープンソースソリューションセンター長 寺田 雄一

・「効果抜群、Web時代のレポーティング環境、JasperReportの実践」
 ワークブレイン・ジャパン株式会社 Jaspersoft設立準備室
 営業開発 シニアマネジャー 吉村 忠氏

▼イベントの詳細やお申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20120607.html?mm=57_5


┌──────────────────────────────────
│ 6/14 新セミナー開催決定、人気ソリューションを一挙紹介!
│ オープンソースムーブメントが創りだす新たなビジネスモデルセミナー
└──────────────────────────────────
NRIオープンソースソリューションセンターの「オープンソース・ワンストップ
サービスOpenStandia」は、これまでに数多くのオープンソースを活用したシス
テムの導入・保守サポートを提供し、おかげさまで2006年のサービス開始から
2011年までの5年間で契約数累計が社内・社外ですでに1,000件を超えました。

そこで、
・企業の内部統制強化のために、ますます必要性が高まっている
 シングルサインオン(SSO)やID管理(IDM)
・クラウド環境でも提供可能な、オープンソースで実現するビジネスインテリ
 ジェンス(BI)
・グループ全体や、グローバル規模での情報共有、文書管理
など、OpenStandiaのソリューションの中でも特に引き合いが多い上記テーマ
についての最新事例とともに、オープンソースの最新動向についてご紹介させ
て頂きます。

さらに、今回はLPI-Japanから理事長の成井氏をお招きし、
「オープンソースムーブメントが創りだす新たなビジネスモデル」というタイ
トルで、アップル社の事例や、アンドロイド端末の開発に於いて圧倒的な強み
を発揮する韓国企業の事例などを交えてご紹介いただきます。


【開催概要】
日時:2012年6月14日(木) 16:00~18:00(受付開始 15:30~)
会場:野村総合研究所 丸の内総合センター 8F 中会議室83
費用:無料
定員:26名 (事前登録制) ※定員に達した時点で申込みは終了といたします。

講演内容:
・「オープンソースムーブメントが創りだす新たなビジネスモデル
 ~差別化のみが生きる道~」
 特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)理事長 成井 弦 氏

・「オープンソース最新動向&最新事例のご紹介」
 株式会社野村総合研究所
 オープンソースソリューションセンター長 寺田 雄一

▼イベントの詳細やお申し込みはホームページをご覧ください。
http://openstandia.jp/event/event20120614.html?mm=57_6


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。
5月から、全10回 初心者向けお試しレッスンの「バレエ」を始めてみました。
日常生活での姿勢を良くしたくて気軽な気持ちで参加したのですが、かなり難
しいです。「足だけで体を動かしたり支えようとすると、ふくらはぎがたくま
しくなるよ!体全体を使って!」と注意されながら、必死にポーズを取ってい
ます(笑)バレエでは、常に体の軸を意識して、後ろ太ももとお尻に力を入れ
ることが大事だそうですよ。緊張感と筋力がない私の太ももとお尻でどこまで
ついていけるのか不安はありますが…あと7回、頑張りたいと思います。
そういえば一昨日、世界一の電波塔スカイツリーがオープンしました。スリム
なイメージですが、やはり間近で見ると大きいですね!先日のレディー・ガガ
さんのスカイツリー訪問が世界に向けた大きなアピールになりましたし、墨田
区の試算 年間約1746億円超を上回る経済効果があるといいですね。
http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics08_000083.html
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※注意事項・配信停止方法は以下のURLをご確認ください。
 http://openstandia.jp/site/mailmagazine.html

商品・サービスに関するお問い合わせ:ossc@nri.co.jp
OSSソリューションマガジンに関するお問い合わせ:magazine-ossc-ext@nri.co.jp
発信元:株式会社野村総合研究所オープンソースソリューションセンター
http://openstandia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • OpenStandiaサポート対象オープンソース|50種類以上のOSSのサポートをご提供します。
  • 人気OpenAM
  • 注目MongoDB
  • OpenIDM
  • Corosync
  • Postfix
  • Apache HTTP Server
  • ZABBIX
  • BIND
  • Apache Struts
  • PostgreSQL
  • Pentaho
  • Spring Framework
  • Apache Tomcat
  • Solr
  • Dovecot
  • iBATIS
  • DRBD
  • MySQL
  • JBoss
  • Liferay
  • Ruby on Rails
  • Jaspersoft
  • OpenLDAP
  • Apache log4j
  • Apache Subversion
  • BIND
  • OpenDJ
  • Pacemaker
  • Samba
  • Red Hat Enterprise Linux
  • Nginx
  • sendmail
  • Courier-IMAP
  • Heartbeat
  • Hibernate
  • Hinemos
  • MyBatis
  • MySQL Cluster
  • Apache Axis2
  • Squid
  • OpenSSO